fbpx

オールカマー2018の予想を公開!!過去データも

スポンサーリンク

今回は、オールカマー2018の予想公開記事になります。

 

時間がなくてデータ分析記事が間に合わなかったので、この記事で一気に確認していきたいと思います。

 

予想だけ確認をしたい方は、目次をクリックしていただければそこまで飛んでいくことができますのでご利用ください。

 

 

 

データ分析簡易版

一応、3項目だけしっかり確認してから、予想に入りたいと思います。

 

 

【血統】種牡馬成績確認

 上位5頭をピックアップします。
 ・サンデーサイレンス産駒(2.1.0.3)                   (連対率50% 複勝率50%)
・ディープインパクト産駒(1.3.1.11)                    (連対率25% 複勝率31.3%)
・ステイゴールド産駒(1.2.1.11)                    (連対率20% 複勝率26.7%)
・マンハッタンカフェ産駒(1.1.0.1)                        (連対率66.7% 複勝率66.7%)
・ジャングルポケット産駒(1.1.0.3)                      (連対率40% 複勝率40%)

このレースはスローのよーいドンにはなりづらく、ディープ産駒の独壇場とはなってませんね。長く足が使えるタイプの馬がいいですね。

上位人気馬だと、ステイゴールドと同系のナカヤマフェスタ産駒のあの馬が一番よさそう。

【人気順】成績一覧

・1人気(3.4.1.2)

・2人気(2.1.2.5)

・3人気(2.1.1.6)

・4人気(0.1.0.9)

・5人気(2.0.0.8)

・6人気(0.2.3.5)

・7人気(0.1.1.8)

・8人気(0.0.1.9)

・9人気(1.0.0.9)

・10人気以下(0.0.1.51)

人気馬が普通に強いですね。1~3人気は安定して好走しています。

狙えるのは、6人気までって感じでしょうか。

【枠順】成績一覧

・1枠(0.2.0.12)

・2枠(1.2.2.11)

・3枠(1.3.2.11)

・5枠(2.1.4.11)

・6枠(2.1.1.14)

・7枠(3.0.0.17)

・8枠(1.0.0.21)

 

勝ち切るという点でみると、圧倒的に外枠が優勢。

オールカマー2018の予想を公開!!

それでは本題に参りましょう!!

データ分析でも少し書きましたが、このレースはスローの瞬発力勝負になりずらいレースで、なんと上がりが遅い馬がバンバン馬券になっているというかなりトリッキーなレース。

今回も、メンバーが変わってもコース形態が変わるわけではないので、そういうレースになりやすいでしょう。

ズバリ狙いは、先行粘りこみ!!!上がりが出せなくてもこのレースならOK!!そんな適正馬を狙っていきたいと思います。

 

本命!!

 ◎ガンコ

この馬は、天皇賞春で大敗してここでは人気を落とすでしょうね。でも、ここでなら好走の可能性は高いと判断しています。

まず、血面では好走種牡馬であるステイゴールドと同系の産駒で、この馬自体も中山は大得意。天皇賞春は怪物シュヴァルグランについていって最後脚をなくした格好で、しかもレース直前はプール調教が多く、どうみても状態は上向きではなかった。

今回はしっかりとコース追いができており、ここは状態を上げてきている印象です。さらに、この馬は上がりがかかるレースがとにかく得意。レースデータとして上がりが必要ないこのレースでの適正は抜群とみて本命に推させて頂きます。

春の国内G1の2戦は、コーナーでの位置取りが響き、直線で包まれて追い切れずの悔いが残る結果に終わりました。また、海外G1は状態面が良くなかったとのことで、走れる態勢になかった。

 ここは期待してもいいのではないでしょうか。

対抗!!

〇ダンビュライト

能力はある馬で、この秋は結果を残していきたいところ。当馬は唯一の重賞勝利が中山となっており、当然このレースも適正は高いでしょう。

先行できる脚質ですし、ここは本命まで悩みましたが、正直頭で来るイメージがガンコより沸いてこなかった。鞍上はかなり無難な優等生競馬をすることが多く、うまくもってきてもロスが大きく2着3着となってしまうイメージが強いため、ここは対抗までとしました。

 

単穴!!

▲エアアンセム

7歳でついに本格化を迎えた当馬を単穴としました。正直、私の理論だと7歳馬は基本買いではないのですが、好感を持てるところがいくつかある。

まずはローテ。函館記念勝利後、十分に休養を取りここに臨んできました。サマー2000シリーズを取りにいくという選択肢があったはずなのに、ここを狙ってくるということは、当レースに適正ありと判断してのことでしょう。

また鞍上も中山は大得意で、このレース好走確率の高い外枠に配置となればここは期待せざるを得ないでしょう。

連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△ゴールドアクター

この馬、もう終わっていると思っている人が大多数なのでは?まあ、私もそう思っていますが、これだけ人気を落とすのであれば、中山大得意なこの馬にもう一度期待してもいいのではと思い抑えることにしました。

△ショウナンバッハ

前走は最低人気で3着入選と高配当を演出しました。脚はいつも繰り出している馬で、それが届くか届かないかというだけ。このレースは前が有利で、有力馬も前。となると、意識が前に集中して、盲点であるこういう差し馬が届くパターンもあり得るかもしれないと思い抑えることにしました。

△レイデオロ

ここは適正もあまりない舞台ですし、別に欲しいタイトルでもない。ここを選択したのは、単に鞍上確保の為の使い訳でしょうね。

それでも、能力だけでここは馬券内に来てしまう可能性が高いので、抑えざるを得ません。

 

買い目を公開!!

今回は、アルアインは抑えません。

買わない理由は鞍上です。ノーザンxサンデーレーシングの中での北村友Jの起用は、陣営としてはほぼ勝つ気がないとみていいでしょう。北村Jの実力が無いと言う気はないですし、むしろ良い騎手だと思っているのですが、陣営がこの騎手に騎乗依頼をする時は、過去の例を見ても勝つ気がないレースばかり。

今回は間違いなく試走でしょう。

買い目は下記の通りです。

 

馬連ーワイド

◎ー〇  1点x5 1点x15

3連複

◎〇ー◎〇▲ー◎〇▲△△△ 10点x1

合計30点で勝負します!!

かなり絞ったんで、いつもより点数も減らしました。

あんま自信はないですが笑。

ここは前哨戦らしく、試走のG1ホースは切って勝負していきます!!

さんたろー


コメント