fbpx

天皇賞・秋2018予想公開!!

スポンサーリンク

今回は、天皇賞・秋2018の予想について書いていきたいと思います。

今年の東京芝コースは、去年のように雨の影響を受けることがほとんどなく、馬場状態は良好。

エアレーションの影響があるからか、先週時点では内外の差はそこまで気にならず、あくまでフラットな高速馬場というイメージ。

実際先週のレースをみていくと、スローの競馬ではあったものの、上がり32秒台のレースが発生しており、今の東京競馬場の馬場状況ではキレる脚が必要となってくるのは間違いなさそう。

もしくは、スローで動かせる騎手が乗っている馬が優位に立つと思います。

今週からはBコース代わりで余計に高速化している感じで、フラットな馬場状態からイン有利に変わっている印象。

先週時点では通用した外をぶん回した切れ味勝負の馬が台頭してくるのはかなり厳しくなった印象で、タイトに回ってこれてさらに末脚を引き出せる馬が勝つイメージでいきたいと思います。

[ad]

天皇賞・秋2018の予想を公開!

本命!!

◎スワーブリチャード

ここは現役No.1と思っているこの馬を本命に。

条件としても勝てる要素が全て揃った感じで、特にマイナスする要素が見当たらない。

上がりを繰り出せる馬が勝つやくするこのレースにあってますし、33秒台の脚がないレイデオロやミッキーロケットが早めに仕掛けてきて切れ味をそいできたとしても、対応力のあるこの馬と鞍上が馬券内から外れるイメージは湧かない。

追い切りはデムーロJがつきっきりで調教しており、ここへ向けての本気度がめちゃくちゃ高いのも好感。

さらに、騎乗依頼なら毎レースでもありそうなこの騎手が、今日に限ってはなんと天皇賞・秋を含め3鞍しか乗らないという徹底振りで、8Rの芝2000と10Rの芝1600のみ。

要は、天皇賞の参考にならないダートは乗らないし、芝のレースも参考になるもののみ乗るということでしょう。

8Rで同距離を1度乗っておいて、直前の10Rで馬場の最終確認をしておくといったところでしょうか。

このレースに向けての準備は万全を期しており、不安要素がまったくないこの馬には逆らう理由がない。

レイデオロとは日本ダービー以来の対戦となりますが、当時とは決定的に違うところがある。

それは鞍上です。

ダービーでは超スローでレイデオロが前につけた分、いくらいい脚を使っても位置どりの差で届かないレースになってしまったが、今回はそうはいかない。

この鞍上が勝ちきれない位置どりまで差をつけられることはありませんし、むしろ自分から動いていくタイプ。

とにかく不安がなく、ここは本命でいきたいと思います。

対抗!!

○レイデオロ

ここも人気順になってしまいますが、評価を落とすのが難しい一頭。

先に述べましたが、デムーロJもルメールJも展開がどうであれ、この馬に合う位置に調整しながら競馬を進めてくれるというのはやはり強み。

ただ、やはり上がりが重要なこのレースで33秒台の脚がないという点がスワーブに対して劣っているかなと。

ここでスワーブに勝つには、早めにまくっていって、スパートも3ハロンではなく4ハロンの競馬にして持続力で勝負するか、ラップがきつい中でのバテ差しの展開になるかの2つしかないと思っています。

ダービーでは楽に前につけての勝利だったが今回はミルコがそれを簡単にさせるとは思えないし、むしろミルコもまくっちゃうから位置どり差で優位に立つことはほぼ不可能。

バテ差しについては、JCの2着がそれにあてはまるイメージだったが、今回想定するレースラップからその展開になるとは思えない。

しかも、そういう展開に仮になっても舞台は2000。スワーブがラスト落とすとは思えない。

とするとやはりロンスパに勝機を見出すしかないけど、スワーブも早めに前目につけれちゃうから効果薄いんだよなぁ。

やっぱり、この舞台でレイデオロをスワーブの上に取るというのは難しい。

ここは対抗評価とします。

単穴!!

▲ヴィヴロス

この馬はこの秋3戦で引退が決まっていて、鞍上に福永Jというところを見てもここがメイチであるとは思わないのですが、スローになると予想している以上、切れ味で上位の存在となるこの馬の評価は上げる必要があるかなとみています。

左回りコースでは(2.2.0.0)と強さを見せていますし、どのレースでも素晴らしい末脚を繰り出している。

今回はいい枠が引けましたし、いいポジションをとって、ロスなく回ってきて最後末脚を爆発させたら、ここがメイチではないとはいえ馬券内には普通に入ってくると思い3番手評価とします。

特注!!

☆アルアイン

前走は余力残しのレイデオロにあっさりと負けてしまったが、それでもこのメンバーの中では能力上位の存在。

今回の展開的にもこの馬に向く流れになりそうですし、2着3着は普通にあり得るのかなと。

ただ、北村Jを乗せてきているという時点でやはり陣営からのメイチ度は低そうに思いますし、いくら展開向くとはいえ頭はないのかなと思っています。

連下!!

△キセキ

前走では若干の復調気配を見せたが、前有利の展開で雪崩れ込んだだけでそこまで評価はしていない。

ただ今回も同様の競馬ができるのであれば馬券内のチャンスはあるかも。

△ミッキーロケット

瞬発力勝負はあまり向いていないが、レイデオロと一緒に動いてこれたら面白い。

同じキンカメ産駒らしく、33秒の脚が求められる位置どりは避けたいところ。

△ステファノス

天皇賞秋は4回目の出走。さすがに7歳で三度の好走は難しいとは思っていますが、この馬にとってはこの後に適鞍がなく、ここがメイチなのはもう明白。

こういう先を考えない馬にが時に穴をあけるので抑えておいて損はない。

それでは買い目にいきたいと思います。

スポンサーリンク

買い目公開!!

単勝  ◎ 1点x38
3連複 ◎-○▲☆-○▲☆△△△ 1点x12

以上、50点で勝負したいと思います!

あなたの参考にして頂ければ嬉しいです。

さんたろー


コメント