ローズステークス2018回顧!!

スポンサーリンク

 

今回の記事は、ローズステークス2018の回顧記事になります。

今回のレース、まじで悔しい!!!!

馬の推奨根拠とか、展開とかかなり合っていたのにも関わらず馬券が無い、、、、

まあ一番致命的なところが間違っていたので仕方ありませんが。

 

でも、ここまで推論がばちっと決まったのに馬券が無いということは、印を回すのが下手か、馬券の選び方が下手、もしくはどちらとも下手ということでしょうね笑

ほんと、だれか私に馬券の組み方を教えてくださいww

 

 

それでは、回顧をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ローズステークス2018回顧!

まずは結果から。

結果確認!予想馬の着順は?

結果はご覧の通りとなりました。

  1着 ○  カンタービレ            

 2着 △  サラキア

 3着 無印 ラテュロス

 4着 ▲  ゴージャスランチ

 5着 ☆  ウラヌスチャーム

 6着 ◎  サトノワルキューレ        

見て頂ければわかる通り、◎が飛んでいて無印が馬券圏内に来ているので、どこが惜しいの?と思われる方が大半でしょうか。実際、私もこれだけ見たらそう思いますよ笑

惜しかったのは中身。考え方です。

では、1着から順番に見ていきたいと思います。

1着 ○ カンタービレ

これは完全に予想が的中。

むしろなぜ本命にしなかったのかと自分を責めたくなるくらい予想はドはまりした。

以下、予想の時に書いた内容を簡単に書いておきますね。

この馬は賞金を持っているから、本番に向けてここを取る必要がない。それなのに、本番で当馬には100%騎乗しないルメールJに騎乗を依頼。

ルメールJサイドからすると、本番はアーモンドアイに乗ることが決まっているから、ここを本気で勝ちにいける馬に乗りたい。馬の今後の事はあまり考えていない。という感じだと思います。

それの考え方は陣営も分かっているでしょう。ここが本番に向けての叩き台であるならば、ルメールJではなく日本人の若手Jに騎乗依頼した方がよほど調整しやすいだろうし。

それでもルメールJに依頼をするということはそういうことです。

つまり推察としては、

ここを勝ちたい陣営が勝てる騎手に騎乗を依頼した。
この馬のメイチはここ。

という結論に至るということで、予想記事では○で推奨しておりました。

勝ちきった時は胸アツでしたね。この馬については、予想は概ねあっていたと思う。馬券的には、単勝もかなりついていたので、単複で良かったと反省しております。

2着 △ サラキア

この馬については、強いから抑えはするけど出遅れる馬に2列目以上の印はつけられない、ということで△にしていました。

実際、やっぱ強いですね。まあ今回は鞍上がすごくうまかったとは思います。

この馬の性質通り、今回もばっちり出遅れた。それを押しに押して鞍上がポジションをカバーし、しかも、道中徐々に外に出していき進路をしっかり確保した。

そこまでくれば、最後の脚はある馬ですから当然伸びてくる。

私の予想では、出遅れて後方から、ラスト直線でどれだけ追い上げるかという感じでしたが、まさか序盤からあそこまでポジションをカバーするとは。

とても良い騎乗だったように思います。この結果を受けても、出遅れる馬ですし本番で印を上げる予定はありませんが、もしかしたらすごい末脚を見せてくれるかもしれませんね。

3着 無印 ラテュロス

この馬についてはほんとにびっくりした。

逃げずに先行策を取るとは全く思っていませんでした。

しかも、ハナをとりに行って早い馬がいれば譲るという形ではなく、最初っから逃げる気はなったようなスタートでした。

それが功を奏して3着に入るのですから、鞍上もしくは陣営の戦略勝ちといったところでしょうか。

まあ、この騎乗はあくまで着狙いだった思いますね。勝ちにいくなら追い出すのが遅すぎますからね。

見事3着に入り本番への出走を決めたことは素直に賞賛したいですが、本番で印を回すことはありません。馬自体の能力をなめすぎていたのは確かにありますが、強いとは思いませんでした。

4着 ▲ ゴージャスランチ

これは悶絶しました。

予想記事では以下のようにとりあげました。

もしかしたら逃げるかも。戦術が逃げメインではない馬で逃げた時の鞍上はほんとに上手いから注意が必要です。

と書いたら、見事にそうなった

ただ、出て行ったらラテュロスがいなくてびっくりしたでしょうね。ほとんど競ることなくすんなりハナを奪い、これは馬券ある!!とかなり興奮したのですが、結果的には衝撃の結末が。。。

逃げずに着狙いに来たラテュロスに差され、優先出走権を逃すという笑

ラテュロスに逃げ粘られるならまだ分かりますが、まさかこの馬に最後差されるなんて、、、

ラテュロスで馬券あたった人の中で、逃げずに先行ちょい差しで3着というのが予想できた人いますかね?笑

ほんとこの馬については、展開予想が合っていただけに、4着で終わってしまい悔しさが残りました。

5着 ☆ ウラヌスチャーム

直線よく伸びてきましたよね!あと一息というところまで来ていたのですが、前が止まらずに3着までは届かず。

上がりを確認すると、勝ったカンタービレがあの位置から33.6秒の上がりを使っているんですよね。サラキアもこの馬もそうですが、そりゃあすごい脚を使ってもあの位置関係では届きませんよ。

それだけ前残り馬場だったということでしょうね。

私も予想段階では前が残っているのは分かっていたのですが、このレース自体、毎年差しが決まっているというデータから、相殺して今年は前後ろフラットくらいと予想していました。

実際はフラットでは収まらず、前>後ろでしたね。

いい脚を持っているので、次走条件戦ではかなり期待できるでしょう。まあ、人気になるでしょうが。

6着 ◎ サトノワルキューレ

おもいっきり出遅れましたね笑。

ただ、そのあとのミルコJの動きを見て、

「あ、この馬の判断は100%間違えたな」

とすぐに分かりました。

私は予想では、この馬はここでの好走をある程度狙ってくる。と予想したのですが、そんなことは無くいつものミルコJでした。

ということは!

本番この馬は 買い です!

いつものミルコJらしく前哨戦軽く負けて余力残し→本番激走パターン。

どうしてここを取りに行って負けたわけではないと言えるかですが、まず出遅れは仕方ないとして、その後の騎乗内容ですね。

出遅れ直後、ミルコJ少し抑えてません?もともと最後方で良かったような騎乗に見えます。

加えて道中ですが、勝ちに行くときのミルコJは、中山では必ずと言っていいほど動いてポジションを上げてくるの(スローなら)ですが、この馬は最後方でじっとしたまま。外に出して上がって行こうという姿勢が無かった。3~4角になってやっと追い始め、33.1秒の上がり1位を繰り出すも届かずの6着。

これ、完全に試走ですよね。

上がりどのくらい使えるかと、折り合いの確認でしょう。さらにいえば、最後の50Mくらいはもう流してませんでした?

いかにも、キレ味確認できたからもういいや。って感じに見て取れるのは私だけでしょうか。まあどのみち最後まで追っていても着順が上がっていたかは疑問ですが。

これは、ペルシアンナイトやモズカッチャンパターンです。

本番は馬券内まで来ます!多分!

気を付けておかないといけませんね。

まとめ

ということで、展開予想はズバッとはまってゴージャスランチの逃げ。

カンタービレ陣営の思惑もおそらく的中し、結果は見事1着。予想内容としてはそこそこの出来ではあったと思いますが、馬券は不的中という結果に。

反省点としては、カンタービレとサトノワルキューレの印は逆だったかなーというところ。

サトノワルキューレ以上に、明確にカンタービレがメイチだと予想できたいたので。

まあ後から言ってもこの記事を見て頂いているあなたには全く意味のないことですが。来年の自分に向けて考え方のデータを残しておきます笑

▲☆△の印については、私の予想法ではこれでいいと思います。結果は4着、5着、2着でしたが、▲☆は人気以上に好走しているわけですし、狙いが悪いとは思いません。少し展開が違えば当然馬券内の好走も可能性はあったでしょう。

△サラキアの2着も、この結果をうけて2列目の予想にしておけば良かったとは思いませんね。やっぱり、出遅れが分かっている馬を重視するのは違うと思う。

このレースは来たけど、長い目でみたらこういう馬を重視するのはプラスにはなりえないと考えますので、まあこの馬は引き続き△が妥当なところでしょう。

完全に来年の自分の為の回顧になってしまったように思いますが、ここまで読んで頂いたあなたは競馬についてかなり貪欲な方とお見受けします。私と似てますね笑

そんなあなたには、1つの考え方として私の意見を参考にして頂けると嬉しいです。

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました