NO IMAGE

マイルCS2018予想公開!!

今回は、マイルチャンピオンシップ 2018の予想について書いていきたいと思います。

上位人気馬が軒並み外国人Jばかりで、生産もノーザンFの馬がずらり。

時代を象徴するかのようなレースになりそうですが、1番人気のモズアスコットは非サンデー系の非ノーザンF。実力は確かなものだが果たしてどうなるでしょうか。

それではさっそく予想に入りたいと思います。

 

マイルCS2018の予想を公開!

展開予想と馬場の確認

今週の京都芝はかなりタフな馬場になっていて、高速決着でスピードを活かした走りを得意とする馬は微妙かもしれない。

土曜日の芝レースの結果を見ても、ディープ産駒が馬券に絡んだのはセンテリュオただ1頭のみ。しかも1人気だったが勝ちきれずの結果だった。

しかも、メインレースは1.2着がハービンジャー産駒だったのはさることながら、3着に来たのがなんとアメリカズカップ。

この馬、良馬場は明らかに足りない馬で、重〜不良馬場専用機だったはず。

明日も良の発表にはなるだろうが、馬場が重たいことだけは頭に入れておきたい。

展開ですが、逃げ馬はアルアイン、レーヌミノル、アエロリットのどれかがいくとは思いますが、枠の並びが微妙です。

アエロリットが出来れば行きたいはずですが、レーヌミノルのスタートセンスは抜群で、すぐ内にいるのは結構邪魔だと思う。

そこでやりあってる間にスムーズにアルアインがハナを奪ってる可能性もあるかなと思っています。

そこに続いていくのがロジクライ、ウィンブライト、ジュールポレール、エアスピネルといったところでしょうか。

まぁまぁ前に行く馬が揃った印象はありますが、それでもハイペースにはならないと思います。

ノーザンの有力馬が先行馬ですから、自分たちが消耗するようなレース展開にはしないかと。スロ〜平均でしょうか。

ただ、だからといって前だけで決まるとはあまり思えません。

むしろタフな馬場で伸びて来れる馬を中心に考えて、前を行く高速馬場向きの高時計決着が得意な馬は割引して考えたいと思います。

では、印を発表していきます。

本命!!

◎ペルシアンナイト

昨年の覇者のこの馬からいきたいと思います。

前年は大外枠という厳しい条件から、うまくポジション取りして内から突いてくるというミルコJの神騎乗が光ったが、このマイルCSは3歳馬の斤量差は1kgしかなく、データからしたら3歳馬はほとんど活躍していなかった中での1着なので当然評価は高い。

今年も去年と同じく富士ステークスを適度に負けての参戦はミルコJの得意パターン。しかも今回は内枠なのですんなりロスなく回ってこれそうですし、鞍上の実力があれば詰まることはないでしょう。

そして何より、今年の京都芝は去年と同じくハービンジャー祭り。今日だけで見ても活躍馬はわんさかいますし、血統的に向いているというのは大きなプラス要素。

あとは、ミルコJのスランプと腰痛の具合がどうかというくらいでしょうか。

ミルコJの腰痛についてはあまり状態が良くないと聞きます。土曜日の乗り鞍の数を見ても実際そうなんでしょうね。

ただ、G1は何としても勝ちたい男。痛みを我慢してでも全力を出し切ってくれると信じて本命を打ちたいと思います。

対抗!!

○ステルヴィオ

3歳馬のマイルCSは斤量差が少なく好走が難しいと書きましたが、この馬はそれを乗り越えられるだけの逸材だと思います。

前走毎日王冠では、前に行った馬が1.3.4着を占める中1頭だけぶっさしてきての2着。

かなりの実力を示してくれたと見ていて、このメンバーに入っても強く狙いたいという魅力はある馬。

エンジンのかかりが悪く、距離短縮は追走に苦労してそのまま終了という可能性ももちろんありますが、今の京都のタフ馬場ならそんなに時計が出ませんし、追走も問題なくスムーズに回ってくることができるでしょう。

エンジンのかかりが悪い当馬にとってはこの上ない馬場状態だと見ていて、高速馬場の前を行く馬のスピード決着ではさし届かずの多い当馬ですが、今回は末脚が爆発すると期待しています。

仕上がりについてはノーザンF天栄仕上げで申し分ありません。

あとはビュイック騎手が最内を捌けるかにかかっていますが、今日の東スポ杯2歳ステークスでは穴馬を持ってきていますしそんなに悲観することはないでしょう。

近年ではデータが通用しないレースが多いですが、この馬も去年のペルシアンナイトと同じくデータを打ち破ってくれると信じて対抗評価にしたいと思います。

単穴!!

▲アルアイン

久しぶりのマイル戦となるこの馬を単穴に指名します。

そもそもデビューはマイルだったものの、好走に好走を重ねて中距離の舞台に引っ張り出されてしまった馬で、今回やっと元の適性距離に戻ってきたという感じでしょうか。

体つきが中距離寄りになってしまっているのは気がかりですが、今回は何度も言いますが時計を求められないはずなのでそんなに苦労もしないと思っています。

であれば、レイデオロやスワーブリチャードといった日本屈指の現役最強クラスと走ってきた経験はここて活きてくるはず。そういった強豪揃いのレースで大きく負けてないですからね。

枠順もよくすんなり自分のポジションに入れそうですし、母ドバイマジェスティの血統背景からか重だった京都記念で2着に来ていますから、ディープ産駒とはいえ今の京都のタフな馬場も問題ないでしょう。

特注!!

☆モズアスコット

この馬をこれより下の評価にはちょっとできなかった。

高速決着の安田記念で真価を発揮した馬にで、Frankel産駒らしくスピード能力に溢れた馬。

アエロリットもそうですが、今回はそういう高速決着にならないのは目に見えているので、安田記念の着順をそのまま今回に当てはめるのは違うと思っています。

そもそもこの馬は取りこぼしが多く信用しずらい馬。確勝級のメンバーだった前走も2着でしたし、安田記念の出走馬を決めるまでのドタバタ劇もすごかったですから。

ルメールがノーザンFの馬を蹴ってこちらを継続騎乗していることからも強いのは間違いないのでしょうが、ここで推したい馬ではありません。今は特にルメール人気もありますし。

単純に能力ただ1点で4番手の評価にはしておきます。

続いて、連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△アエロリット

能力は最上位級の評価をしている馬。

ただこの馬もモズアスコットと同じくスピード能力が抜けている感じで、時計のかかるタフな馬場で伸びてくる勝負となると適性外とみています。

ノーザンF天栄仕上げで状態は抜かりなく、ムーアJを抑えているあたりノーザンFの本気度が伺えるのですが、この枠順からでは自分の理想の競馬をするのは結構難しいでしょうね。

無理して出していって、早めに勝ちに行く競馬をして差し馬に捕まってしまうイメージが1番強かったので連下に留めておきます。

△エアスピネル

熱発で中間の調整が心配されている当馬ですが、最終追い切りはそんなに悪いとは思いませんでした。

去年は同レースで2着とこの舞台の適性の高さを示してくれましたし、今年も去年に近い馬場状態。

であれば、人気もないですし連下で抑えておいてもいいかと思っています。

△ミッキーグローリー

この馬は本当は☆評価くらいまで上げたいところなんですが、なんせ関西G1は守備範囲外の戸崎Jが鞍上。関東での騎乗に寄せすぎているせいか、馬場バイアスがあまり分かっていないレース振りをすることが多く正直信頼はしずらい。

ただ、馬の力はあると思っていて、前走ねじ伏せた馬がその後軒並み重賞で好走しているところをみると本物なのかなと。連下評価にしたいと思います。ちなみに、この馬もノーザンF天栄で仕上げています。

買い目公開!!

単勝 ◎○
馬単 ◎○-◎○▲☆
    ◎○-△△△
3連複 ◎-○▲☆-○▲☆△△△

単勝に金額を寄せて馬単、3連複はちょこちょこと。単勝は2頭買っても十分オッズがついてますから、印に合わせて少し強弱をつけて買ってみたいと思います。

これは個人的な願望ですが、早くミルコJの復活が見たい!!

今度こそ!頑張れーミルコJ!!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!