ジャパンカップ2018予想公開!!

今回は、ジャパンカップ2018の予想について書いていきたいと思います。

今回も上位人気の馬には外国人Jばかりで、ただ1人川田Jがそこに名を連ねているような格好になっていますね。

近年の川田Jは本当に信頼のおける騎手なので当然と言えば当然かもしれません。今回キセキが人気を集めているのは、前走の好走があったからですし、その前走は川田Jが絶妙なレースラップを踏んだからこそ。

このジャパンカップも展開を握るのは川田Jになりそうで、どんな展開を作ってくれるのでしょうか。

それでは早速本題に入りたいと思います。

ジャパンカップ2018予想!

馬場の確認から。

今週の東京芝の状態について、今日のレースを振り返りながら確認していきます。

今日の競馬で上位入線した馬は、内枠の馬か、前目につけて内を通れた馬がかなり目立つ結果になりました。

まずは、ジャパンカップと同舞台で行われた7R-500万下を確認したいと思います。

勝ったパルクデラモールは、2枠2番から3番手につけて、そのまま上がり3位タイの脚を使って勝利。内目前目からですね。

上がり1位だったのは10着のローズクランスでしたが、この馬は最後方から足を使って33.7。

3番手の馬としんがり追走の馬で上がりが0.3しか変わらないような芝なら、そりゃあ前目内目が有利ですし、外を回していては間に合わない。

また、メインのキャピタルステークス(1600m.オープン)では、勝ったグァンチャーレが4番手追走から上がり32秒台を繰り出しての勝利。

競争馬の瞬発力にも限界がありますから、前目から32秒台なんて使われたら後ろの馬がどんだけキレた脚を持っていても後方から勝ち切ることは難しいです。

もう1頭、2着に来たタワーオブロンドンについて触れたいと思います。
以前ルメールJがコメントしていたことからも分かるように、この馬にとって「1600は少々長い」はずなんです。

ベストは1400だと思っていますが、中団から32.4秒という鬼脚を繰り出してクビ差の2着に好走。この馬がこれだけの脚を使って好走する訳ですから、1600以上の適性が問われるようなタフな馬場ではなく、マイル以下の馬が好走できる軽い馬場だったと見て間違いないでしょう。

馬場の結論は内側、前目有利。

ジャパンカップについても、今日のこの傾向が続くものとして話を進めたいと思います。

展開はどうなる?

各陣営のコメントやこれまでの戦略を踏まえると、おそらく逃げるのはウィンテンダネスでしょうか。

前走は道中13秒台が2ハロン続く流れを作ってしまったせいで、勝ち馬にラスト3ハロン32.6を出されてしまい4着敗退。

これを踏まえて陣営は上がり勝負にはしたくないと思っているはずで、大外枠からでも無理やり出していってハナを奪い、ペースを落とさずに逃げる作戦でくると思います。

その逃げを見て進めるのがキセキか。中枠ですがこの馬より内に主張する馬はいなそうですし、2番手を取れるとみていいと思います。もしかしたら、ウィンテンダネスの出足が遅ければハナを取り切るかもしれませんね。

どちらにしてもペースラップのカギを握るのはこのキセキです。

仮にウィンテンダネスが大きく離した逃げを狙ってきても、多分無理についていくことはしないと思います。

人気薄の大逃げは相手にされないケースが多いですからね。あくまでキセキ自身が勝つ可能性を出せるラップで川田Jは騎乗してくると思います。

人気どころの位置取りについてですが、まず前に出していくのはシュヴァルグランでしょうか。長丁場の天皇賞・春で先行して結果を残していますから、2400で先行する不安はありません。キセキに続く3番手も十分考えられます。

サトノダイヤモンドは中団から、スワーブリチャードは後方と予想します。

スワーブリチャードについては、外枠によるコーナーロスを無くすためにスタートは出していかずに、1コーナーを回してから向正面で徐々に進出するいつものミルコJのやり方でくると思います。

今日の馬場をみて、先行を狙ってくる可能性はありますが。

そして肝心のアーモンドアイですが、ある程度前目につけると予想しています。オークスでもそうでしたからね。

4〜6番手になると想定しています。

それでは、印を発表したいと思います。

本命!!

◎アーモンドアイ

どんなに人気でも仕方ないです。この馬からいきたいと思います。

どう考えても能力はNo.1です。この馬の考察については、別の記事で書いていますので良かったら確認してみてください。

アーモンドアイに関するさんたろーの個人的見解。
https://santaro-blog.com/003-23/

ここには、その記事で書けなかった内容について触れたいと思います。

このオッズでの本命に踏み切ったのは、主に2点理由があります。

それは、枠順と今日の馬場状態です。

まず枠順についてですが、ジャパンカップで神枠と呼ばれる1枠1番に入りましたよね。3歳牝馬には2400は多少厳しい条件ではありますが、これでロスなく回ってくる事が可能になりました。左回りでモタれる可能性のある当馬にとっては最高の配置です。

そして何より気になったのは並び順です。

(※ここからかなり邪推が入ります。ご了承下さい。)

今回、ノーザンFが1番勝たせたいのは、アーモンドアイです。
そのアーモンドアイが神枠に入った上に、5番までは下手に邪魔してこない馬がズラリ。

どういうことかと言いますと、実は5番までに入っている馬が所属する厩舎は、厩舎全体の所属馬の50%以上が社台系(ノーザン系)なんです。

つまり、ノーザンFに逆らうことは、今後の馬の供給に影響するということと意味合いは近いです。さらにいえば、ハッピーグリン以外(3.4.5番)はそもそもノーザンFの生産馬です。

少なくとも、スタートはアーモンドアイの邪魔はしないでしょうし、直線も抜け出す隙間が必ず出来ると邪推しています。

騎手としても、ノーザンF生産馬でグリグリの1人気の邪魔などしようものなら乗鞍が激減するかもしれません(妄想)。

そういう観点から、この枠順については全く不安に思っていません。

そして馬場状態。上で説明した通り、私は明日も軽い馬場だと想定しています。ということは、アーモンドアイが末脚を繰り出せる馬場だということです。

ここまで条件が揃ったらもうしょうがないです。

アーモンドアイの記事でも宣言した通り、ここは本命でいきたいと思います!!

対抗!!

○キセキ

今回の最大の惑星はこの馬です。といっても人気しているのですが。
唯一、アーモンドアイの末脚を封印出来る可能性があるのはこの馬だけだと思っています。

前走天皇賞・秋ではたんたんとしたレースラップを刻み上がり勝負ではなく底力勝負に持ち込んだ。

これって、あの馬が活躍してきたやり方に似てませんか?

そうです、キタサンブラックです。

この馬がここで勝つには、キタサンブラック x 武豊Jを模写出来るかどうか。それにつきると思っています。

そして、今の川田Jならそれが出来る。前走は本当に見事なレースラップでしたし、距離延長となるここでもビビることなくたんたんと進めて欲しいです。

これで馬場がタフだったら、この馬が本命だったのですが。ここまでの馬場バイアスがあると、キセキが最高の競馬をしても勝つのはアーモンドアイなのかなと思っていますので、対抗評価にしたいと思います。

ちなみに、非社台系の馬で過去5年間馬券になったのは、ヤナガワ牧場のキタサンブラックの2回(1着、3着)だけです。

そういった意味でも、キタサンブラックになれるのかどうかがこの馬のキーポイントだと思っています。

単穴!!

▲ミッキースワロー

少し穴ですが、この馬を3番手評価に推します。

理由はまず血統面。父トーセンホマレボシはこの舞台で穴をあけたトーセンジョーダンの近親ですし、母父ジャングルポケットは、この舞台でやたらと好走するトニービン系。血統面で見ていくと、今回1番魅力がある馬です。

そして、もう一つ。今回はジャパンカップに向けて、調整先をノーザンF天栄に変更してきました。

今や最高の施設だと言われるノーザンF天栄で調整してくるってことは、ここがメイチであることは明白でしょう。枠の並びも良いですし、馬場バイアスを味方につけて人気以上に好走してくれる可能性が高いとみています。

ノーザンF天栄などの外厩と呼ばれる施設については、ガクちゃんさんが執筆するブログ「ガクちゃんの競馬予想ブログ」で勉強することができますので、良かったら覗いてみてくださいね。

ガクちゃんの競馬予想ブログ
https://conditionkeiba.com/

特注!!

☆サトノダイヤモンド

この馬の前走を復活とは思っていないですし、今の実力ではG1では足りないのではと思っているところが本音なのですが、これだけ強烈な馬場バイアスがあると、内枠を引いたこの馬の評価を上げざるを得ません。

そしてもうひとつ、なんで今更この馬にモレイラJが騎乗するのかが疑問に思ってしまいます。

空いていたといえばそれまでですが、回避したミッキーロケットやマカヒキ、さらにはここを使わなかったノーザンF有力馬は他にもいたはずです。

(レイデオロにモレイラJ乗せて出てきてもよかったのでは?)

それらを出走馬させずにこの馬にモレイラJを乗せるということは、「今後の種牡馬生活に向けて、ここで箔を付けたい」のではないでしょうか。種牡馬生活の方が長いですしお金になりますからね。

正直追い切りを見てもフォームが悪くなり、以前の状態にはないと思いますが、それでも凱旋門賞以降の追い切りの中では時計も出ていますし上々の仕上がりだと思います。早めに追ってくれるモレイラJなら、多少鈍くなった当馬も長い直線ではじけてくれる可能性はあると思っています。

最後に、連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下!!

△スワーブリチャード

能力は牡馬の中で最上位級の評価をしている馬。

状態もメイチ感が漂いますし、ここはこの馬にとって最高の舞台。文句なく実力を発揮してくるでしょう。

ただ、キセキがキタサンブラックのようなレースラップを生み出したら、道中好位に取り付くのは至難の技。それでミルコJはキタサンブラック x 武豊Jに何度もやられてきましたからね。

スローならこの馬が勝ちきるところまで見えるのですが、そうもいかなそうな展開と馬場バイアスからしても、今回は連下までの評価にしたいと思います。

(ミルコJすごく好きで頑張って欲しいんですけどね。)

以上の5頭で勝負したいと思います!

補足:消し馬考察

外国馬2頭は消しです。こんな軽い馬場でもし来られたら諦めます笑

シュヴァルグランについては、追い切りが悪すぎる。スワーブのように折り合いに専念して時計が遅いのではなく、割と追ってるのに4ハロン54.0では期待しずらい。G1で走れるレベルの追い切りではなかったと思いますし、スタミナ、底力が魅力の当馬が軽い馬場に合うかも微妙。さらにデータ上6歳もマイナスなのでここは消します。

買い目公開!!

3連単
◎-○▲☆△ 12点

これを強弱つけて買いたいと思います。アーモンドアイが頭でも、ミッキースワローが絡めば万馬券以上です。

当てたいとは思っていますが、アーモンドアイから買う以上馬券種はより難しいものを、そして点数は少なくしないと回収率が上がりません。

ここは裏目縦目をカバーする馬券は一切買わず、アーモンドアイ1着固定でいきたいと思います!!

最後までご愛読いただきありがとうございました。

さんたろー

最新情報をチェックしよう!