ジャパンカップ2018に関するさんたろーの個人的回顧。

今回は、ジャパンカップ2018に関する回顧記事を書きたいと思います。
アツくなって長い事書いてしまいそうなので、1~3着に入った馬に絞ってお話していく中で、レースの展開についても触れていけたらと思います。

なるべく短くしたつもりなので、最後までお付き合い頂ければ嬉しいです。

ジャパンカップ2018回顧

1着 アーモンドアイ

スタートはすんなり出て、馬場状態をしっかり読めていたルメールJがそこそこおっつけて番手を確保。厳しいレースラップにはなったものの、圧倒的な強さで2番手から抜け出してあっさり勝利をものにした。勝ち時計はなんと世界レコードを更新するほどで、この馬の能力が怪物級だということを証明してみせましたね。

後続が強味を発揮できないラップ推移だったので、このラップを生み出したキセキと川田Jは見事ですし、それを見越してなのかしっかり番手につけていたアーモンドアイとルメールJも見事。

しかもそれで折り合いに問題ないというのだから文句のつけようがないですね。番手につけた時点で、不利を受ける可能性もほぼなくなりましたし、勝ったなと確信しました。

仮にスローになっていても切れる脚がありますし、ハイペースになったらルメールJのレベルでは無理についていかないでしょうし。
最序盤に前に行けてしまったらもはや手のつけようがないと思います。

この馬の見解記事でも書いていた通りで、馬券的に逆らうならここしかないと見ていた訳ですが、馬場との相性もあり逆らう余地などみじんも感じさせない強い勝ち方でした。
僕の中では、今後国内でこの馬が出走してきたら◎を打つのはほぼ確定した感じです笑。

ジャパンカップ終了後の発表で、馬主さんが海外への挑戦を表明しましたね。日本の競馬会全体の大目標である凱旋門賞が狙いでしょうね。ドバイもあるかもしれませんが。

海外のブックメーカーでは、すでに凱旋門賞の長期前売り販売をしているところがあり、現在4人気で20倍程ついているんだとか(1人気はエネイブル)。

無事に出走できるかどうかというところからの賭けになってしまいますが、私はもうベットしようかと検討しています笑。ウィリアムヒルには登録してるので。

日本初の凱旋門賞馬を約20倍もつく賭けで勝利を収めて祝杯をあげるなんて、今から想像するだけで最高の瞬間になりそうです笑。諭吉様を2人程出航させてもいいのかなーなんて思っています笑。

ひとまずはしっかりと休養を取って次走に備えてもらいたいですね。

2着 キセキ

スタートしっかり出て、二の足もまずまずの速さでしっかりと狙っていたポジションを確保。川田Jの頭の中では、ウィンテンダネスが来ても来なくても、アーモンドアイの前に出るという強い意志があったように思えますね。明らかにアーモンドアイを意識しながら前に出ていきましたからね。

ウィンテンダネスが来なかったことで逃げる形にはなりましたが、来ていたとしてもやることは変わらなかったでしょう。むしろウィンテンダネスが道中ペースを緩めてしまう危険を考えたら、いなくて良かったのかもしれませんね。

川田Jが作った展開についてですが、ハナを奪ってから前半3ハロン~4ハロン地点は12秒台で進めて、その後向正面からラスト2ハロンまでは全て11秒台をキープして淡々とした流れを作り上げた。

はっきり言ってこれ以上の競馬はないです。馬場の影響もありますが、ものの見事に後続の脚を完封してみせましたからね。ただ、1頭怪物がいたというだけの話です。

川田Jは本当に信頼のおける騎手ですね。武豊Jと同じレベルかそれ以上のところまでもしかしたら来ているかもしれない。海外の一流騎手と遜色ない実力だと思っていて問題ないと思います。

そして川田Jの好騎乗はもちろんなんですが、ドロドロ馬場の菊花賞を圧勝したかと思えば、高速馬場の2400を逃げてアーモンドアイの2着になるこの馬の実力って…
この馬もある意味怪物かも笑。

引退までにどこかでまたG1取れるんじゃないでしょうか。川田Jと引退までコンビを継続して頑張ってもらいたいところです。

3着 スワーブリチャード

キセキと川田Jによって、一番悩まされたのはこの馬でしょうね。

“道中緩んだところで取りついて、早めにまくってロンスパを打つ”

ハーツクライ産駒等の持続力に特化した馬では、ミルコJはこの戦法がとにかく多いのですが、向上面で11秒台を続けられたら取りつく暇がない。無理して上がっていったら、自身は11秒台前半、もしくは10秒台を使わないといけない訳ですから、それでは最後まで持ちません。

これはキタサンブラックと武豊JにさんざんミルコJがやられてきた戦法です。天皇賞秋のレースラップを見ているわけですからミルコJも分かっていたでしょうね。

僕の勝手な妄想ですが、ここまで理解していたからこその2週続けての折り合い重視の追切だったんだと思う。

いつも通り向正面で取りつく作戦では、キセキが作り出すレースラップ的には厳しい。かといって、直線入るまで中団で構えているにはリスクがある。そんん競馬では、仮にアーモンドアイがオークスのように先行してしまったら、まず勝負にならないポジションになると考えたはず。

それなら最初から前目につけたらいいんじゃないか?と考えたと思うんですよね。

でも、2走前でマイルに出走してしまい、前走はほとんどレースになっていないため、今のスワーブリチャードが中距離で折り合いがつくかわからない。その上先行策なんてなおさらです。

だからこその2週連続の折り合い重視の調教なんです。

あくまで僕の妄想ですが。

陣営の作戦としては、先行してアーモンドアイより前につけて、かつ折り合う。そしてそのままロンスパに持ち込んで持ち味の持続力を出し切ることが理想だったと思います。

実際には、アーモンドアイが予想以上に前にいったことで、すぐ後ろでマークする形になりましたし、向正面での折り合いも微妙でした。そのせいか最後の直線では差を詰めることなく3着に敗退。

ただ、間違いなく言えるのは、キセキが作るレースラップをしのぎ、かつアーモンドアイを負かす為の調整と作戦を練り、今出来る準備を全てやってこの舞台に臨んできた。

そこに僕は陣営とミルコJの熱い思いを感じますし、レースラップも早い中で果敢に攻める競馬をしての3着は立派なものだと思います。

再びキセキと川田Jにやられることはあるかもしれませんが、それでも現役トップクラスの馬であるという評価は変わりないですね。持ち味をフルに発揮できればやはり最強クラスでしょう。

やっぱりちょっと熱くなってしまいました。僕ミルコJ好きなんで許してくださいw

あとがき

一応、長くなってしまうので3着までの回顧としましたが、4着のシュヴァルグランにはびっくりさせられましたね。直前追い切りで、4ハロン54.0という遅い時計にも関わらず、強めに追われて足が上がっている感じだったのでばっさり切りましたが、まさか4着にくるとは,,,,

馬券的はちょっと、いやかなりひやひやしました笑。

クリスチャンJのレース後のコメントを見ると、4コーナーで一度手ごたえが怪しくなったと言っていますし、やはり状態が万全とは言い難いのでしょうが、その後直線で盛り返して頑張っているあたり、地力は確かなのでしょう。

そして5着のミッキースワローは惜しかったですね。この馬が2.3着に入っていれば3連単万馬券以上が確定して、かつ500円程もっていたのでもっと稼げたのですが笑。
これだけの時計勝負の中で、上がり最速を繰り出しての5着なら大健闘だと思います。

そして最後に1頭触れたいのがノーブルマーズ。

正直、かっこよかったっす。

このレベルの馬で本気でアーモンドアイに勝ちきるなら、ああするしかないんですよ。アーモンドアイの前にいないと話にならない。それが一か八かの戦術になろうとも実践したノーブルマーズと高倉Jにはよくやったと賞賛したいですね。結果は13着でしたけど、この13着はまじでかっこいいです。

なんやかんや言って結局1~3着以外の馬についても話してしまいましたね笑。これでジャパンカップの回顧を終わりたいと思います。

今週はダートの頂上決戦チャンピオンズカップですね!もはや3歳馬のルヴァンスレーブが頂点を極めたとの見方も多いのですが、このチャンピオンズカップは3歳馬が実績を残せていないのも事実。果たしてどんな結末が待っているのでしょうか。

予想については土曜日の夜か日曜日の朝に記事をUPしたいと思います。また、各馬の所見は週中にtwitterで掲載していますので、フォローして頂けると嬉しいです。

ブログにもまた遊びにきてくださいね。
最後までご愛読ありがとうございました。

さんたろー

最新情報をチェックしよう!