チャンピオンズカップ2018予想公開!!

 

今回は、チャンピオンズカップ2018の予想について書いていきたいと思います。

現在ぶっちぎりの1人気になりそうなのが3歳馬のルヴァンスレーブ。前走では古馬の中でもトップに君臨するゴールドドリームをあっさり撃破。そのゴールドドリームの回避によって、俄然人気を集めているような印象です。

まあ、前走の南部盃でゴールドドリームがメイチだったかは微妙なところですが、それでも3歳秋の時点で古馬に勝ててしまうというのはあまり見るものではありませんから、この人気も納得ですよね。

アーモンドアイやステルヴィオに続きルヴァンスレーブもここで勝つことになれば、ゴールデンエイジと呼ばれる世代になるかもしれません。

ただ、前走に比べて今回のチャンピオンズカップはさらに過酷な舞台。3歳馬の台頭はデータ的には厳しいですし、総合力を問われるタフな舞台であることは間違いない。ここでも活躍できるかどうか注目したいと思います。

それでは本題に入っていきましょう。最後までお付き合い頂けると嬉しいです!

チャンピオンズカップ2018予想!

まずは馬場の確認。前後有利なのはどっち?

今週の中京ダートの馬場状態について、今日のレースを振り返りながら確認していきます。

もうね、結論から言ってもいいのかもしれない。

だって、顕著すぎるから!!!

どう考えてもイン先行が有利や!!

ご参考までに、本日の中京ダート戦の逃げ馬の成績はこちら。

1R   15人気3着(2枠3番)
2R   10人気1着(2枠4番)
3R   6人気1着(7枠13番)
4R   4人気1着(7枠13番)
7R   3人気11着(5枠9番)
8R   2人気1着(2枠2番)
12R   1人気2着(6枠12番)
本日の逃げ馬の成績
(4.1.1.1)wwww
さらに1800以上のみに絞ると
(3.0.1.0)笑

えーっと、サンライズソア狙えって事でいいですね?笑

逃げ馬だけでなく、前につけた馬は軒並み良いレースができている状態。予想をどうするかの結論は後で書くとして、チャンピオンズカップについても、この傾向を前提として話を進めていきたいと思います。

展開はどうなる?

さて、上でちょっと冗談交じりに書いてしまいましたが、逃げるのはサンライズソアでいいんじゃないでしょうか。もしかしたらアンジュデジールとヒラボクタージュもあるかもしれないが、まぁ確率高そうに見えるのはサンライズソアですかね。

それに続くのが上記の2頭で、ケイティブレイブ、アスカノロマンがその後ろを狙う。

続く中団にインカンテーション、センチュリオン、パヴェル、そしてルヴァンスルレーブあたりが続いて残りの馬は後方から末脚勝負という感じでしょうか。

ケイティブレイブはもしかしたら番手につけるかもしれないですが、福永Jの事ですから、出たなりで好位を狙う感じでしょうね。

そして大注目のルヴァンスレーブ。一応中団と書きましたが、もしかしたらこの馬もある程度前に出すかもしれないと思っています。

いつもなら中団で進めて、多少早めにまくって直線半ばには先頭に立つような競馬になるかと思うのですが、まくれない上に前が止まらず差し届かないというのが一番怖いパターンです。

中央G1勝ちが欲しくてたまらないミルコJがそんなリスクのある競馬を取ってくるとは思えないんですよね。

あのスワーブリチャードでさえ展開と馬場を読んで前につけてくる男です。スタートの動きは個人的に大注目しています。

ペースについてですが、差し馬の多いこのメンバー構成でペースが上がることは考えずらいです。

この馬場を見て前につける作戦で来る馬が数頭いるでしょうが、ハイペースになるほどの影響があるとは思えない。スロー~平均くらいの想定で良いのではないでしょうか。

それでは、印を発表したいと思います。

本命!!

◎ケイティブレイブ

競馬が上手すぎる優等生という感じで、スタートはすんなり出て好位につけられるし、そこで脚を溜めることもできる。最後まで一生懸命走る馬で、まじで欠点が無い。

特に今年に入ってからは、溜める競馬で結果を出せるようになってきたことから、いよいよ隙がなくなってきた印象です。

不安があるとすれば鞍上。自分の脚を溜めることに集中して、去年同様前を甘やかしすぎると2.3着に甘んじる可能性はありますが、それでもこの馬の前に3頭もいるイメージが全然出来ない。馬券内は硬いとみて本命を打ちます。

 

対抗!!

○サンライズソア

今日のダート戦の結果を見ても、このコースの特性を見ても、やはり逃げ馬が有利なのは間違いなさそうで、そんな中今回は楽にハナを奪える可能性が高い。

どこまで陣営が読めていたのかは分からないが、逃げ先行馬で結果を残すのが抜群に上手いモレイラJをかなり前から確保しており、ここは万全の体制で挑んでくる1戦と見ていいと思います。

ここでちょっと前走の話をします。前走のシリウスステークスは、テイエムジンソクが早めにちょっかいを出してきて厳しい展開となりましたが、それでも3着に好走。

そのテイエムジンソクは自分で上げたペースで撃沈していることからも楽な内容では無く、3着に残ったのはかなり強い内容だったと見ています。

この前走の結果を踏まえて、今回のメンバーを見てください。

だれがちょっかい出しに来ますかね?

ケイティブレイブは、「好位で脚をしっかり溜める」という競馬を福永Jが理想としている様子で、脚を溜めたいのに早めにこの馬を潰しに行くメリットは無さそう。

あるとしたらルヴァンスルレーブのまくりだが、3.4コーナー時点で逃げ馬にちょっかいを出すほどのまくりはしてこないはず。

あくまで番手まで押し上げて直線向いた時に押し切れる形を取りたいからまくる訳で、逃げ馬を潰すほどのロンスパを決めたい訳じゃないですよね。直線短いわけじゃないんだし。

となると、やはり直線向くまでは楽逃げを打てる確率は高い。

このコース適性と今の馬場も味方についていますし、馬券内に残れる可能性は十分にある。ここは対抗で強めに狙っていきたいと思います。

単穴!!

▲ルヴァンスレーブ

圧倒的な1人気の当馬は3番手評価。

強いのは間違い無いのですが、上記の2頭に比べて不安点は多い。

まず、決してスタートが上手い馬ではないということ。

展開予想のところで、もしかしたら前につけるかもと書きましたが、それはスタートが出ればの話。スタートが出なかった場合、展開利は取れませんし、この枠では動きたくても動けない最悪の枠になる可能性すらあります。また、古馬に揉まれた経験が浅いというのも微妙なところ。

そこに不安がある時点で、やっぱり今回のレースで本命に打つのは違うかなと。オッズほど信頼出来ませんが、強いのは間違いないので3番手には挙げておきます。

連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△ヒラボクラターシュ

前につけれれば残れるチャンスあり。一度も砂を被らずレースできる可能性もあり、大穴をあけるチャンスか。近4走は人気と同等かそれ以上に好走しており、凡走がない。今の人気ほどほんとに弱いですかね?あくまで展開利があればの話ですが、相手なりにここも頑張ってくれる可能性は少なからずあるかなと。

△パヴェル

はっきり言って強さが分からないが、ドバイのレースで比べたらホッコータルマエと着順は似た感じ?

そういう測り方で正しいかは微妙だが、仮にホッコータルマエの強さに近いのであれば買うべきかと。ただ日本のダートは経験値がものを言う部分もあり、活躍するのは難しいし、連下評価で。

△ウェスタールンド

差し馬は全部切ろうと思っていたが、この馬だけは抑えておく。
理由は、差し馬の中で唯一、コーナをロスなく回ってきてから直線伸ばす競馬が出来そうだからです。これができなきゃ今回差し馬の台頭は厳しいと思っているので。

△アンジュデジール

不気味。前走がメイチだったと思うし、牝馬が通用しずらいこの舞台での好走は難しいのですが、この枠順で番手まで押し上げて競馬することが出来れば一発穴をあける可能性も。

以上の7頭で勝負したいと思います!

補足:消し馬考察

最後方から進めるであろうオメガパフューム、ノンコノユメ、サンライズノヴァは切ります。

理由は馬場考察で書いた通りで、外をぶん回して直線勝負する馬は圧倒的に不利だから。

これだけの不利を乗り越えてぶっさしてきたら素直に諦めます。

買い目公開!!

単勝 ◎○
馬連ワイド ◎-○
3連複 ◎-○▲-○▲△△△△

買い目のバランスですが、重きを置くのは簡単な馬券から。単勝◎○はどちらもオッズが付いてますから、例えば3000-1500くらいで買っても300%を超えてきます。

それに少額で馬連ワイド3連複を重ねて、回収率を上げる事が出来れば。

以上で終わりたいと思います。最後までご愛読いただきありがとうございました。

さんたろー

最新情報をチェックしよう!