fbpx

阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想公開!!

スポンサーリンク

今回は、阪神ジュベナイルフィリーズ2018の予想について書いていきたいと思います。(以下、阪神JFと表記します。)

いよいよ2歳牝馬最強決定戦がやってきましたね。まあ、最強といってもグランアレグリアが来週にまわってしまったんで、暫定王者を決める戦いという感じですが。

注目はもちろん1番人気のサトノファンタジー。前走ファンタジーステークスでは、余裕の完勝。騎乗後の川田Jのコメントで、「マイルを意識した乗り方をした」という主旨のコメントをしており、関係者の目から見て相当な器だということが分かる。

そんなコメントが出るということは自信の表れでしょう。ここでの賞金加算は当たり前に出来るから、阪神JFに合わせた騎乗をしてみました。と言っているようなものですからね。G1を狙える馬ということは間違いないでしょう。

ただ、個人的には他にも注目している馬がいます。果たして人気通り突き抜けることはできるのでしょうか。

それでは本題に入っていきましょう。最後までお付き合い頂けますと嬉しいです。

阪神JF2018予想!

まずは馬場の確認。前後有利なのはどっち?

今週の阪神芝コースの馬場状態について確認していきます。

どうやらかなり馬場状態は良好なようで、内もまだ荒れておらず伸びてこれる状態。

メインレースの3着に入ったキョウヘイは内をすくって伸びてきました。

ただ2着のアサクサゲンキも少し外を追っていましたが良く伸びていましたし、あまり有利不利はなさそう。

今の馬場の状態は良好で内外フラットと考えて良さそうです。

阪神JFについても、この傾向を前提として話を進めていきたいと思います。

展開はどうなる?

各陣営のコメントを確認すると、結構前に行く馬が多くて流れそうですよね。

ハナを奪いたいのはジョディー。番手にレッドアネモスが続く形でしょうか。この2頭は特にスタート上手いです。

続いてメイショウショウブ、ベルスール、プールヴィル、クロノジェネシスやその他人気薄も前々での競馬をするようなコメントが多い。

人気のダノンファンタジー、ビーチサンバが中団よりやや後ろ、シェーングランツが最後方という感じでしょうか。

結構ペースは流れそうな印象で、スローのよーいドンにはならなそう。

ややハイペースで厳しい流れになりそうな今回は、展開利どうこうというより地力が問われる実力勝負の一戦になると思います。

それでは、印を発表したいと思います。

本命!!

◎ダノンファンタジー

血統面では早熟のディープ産駒なのでこの舞台は全く問題ありません。

ツイッターで書いた所見と同じになりますが、クリスチャンJはこの秋の重賞戦績が悲惨な状況になっており、昨日のギベオンでやっと1つ重賞を取れた状態。

社台グループから見たクリスチャンJは4.5番手の騎手という見方のようで、勝ち切る馬が回ってこないというのが実情でしょう。

ただ今日は別です。他の馬の所見でアツく語ったので下でリンクを貼らせて頂きますが、今日だけは社台グループイチオシの馬に乗れていると考えて間違いない。

なぜなら上位一流騎手がこぞって香港だからです。従って、社台グループから見てこの馬が4.5番手の能力だと考える必要はないわけです。

それは追い切りを見ても分かりますが、1週前では、併せ馬で一杯に追う古馬1000万クラスを0.9秒追走してクビ差先着しました。

3歳春のクラシック戦線で、古馬1000万クラスの実力を越えれば足りると言われていますが、この馬は現時点でそのボーダーを超えていることになります。

春のクラシックで活躍出来る資格があるということは、当然ここは有力な1頭で絶対に軽視は出来ない馬。

前走1400を使われたというところに大きな不安はありますが、ここは素直に本命でいきたいと思います。

対抗!!

○クロノジェネシス

この馬については、以下のリンクを参照して頂けると嬉しいです。

↓クロノジェネシスに対するさんたろーの個人的見解。

 

北村友一Jということでそんなに人気もせず、でも僕的にはこの騎手だからこそ今回のレースで強く狙いたいと思っていた馬。

はっきり言って本命まで考えていた馬なんですが、想定以上に人気しており、まさかの単勝3倍台。

このオッズまでくるとちょっと見合ってない部分も出てきてしまいますね。

スローしか経験していないということや、バゴ産駒が阪神マイルでディープ産駒に本当に勝ちきれるかとか。

陣営の思惑的には最高に狙いたい1頭ですが、馬の能力とオッズを加味して対抗にしたいと思います。

単穴!!

▲ビーチサンバ

前走アルテミスS2着。レース振りを見る限り、ハマった馬に先着されただけでアルテミスステークスS組の中では1番評価している馬です。

血統背景についてはプラス材料が豊富で、全兄のフサイチリシャールは朝日杯を制覇。その後案外だったが、それはつまり早熟血統を意味しており戦績を見るとこの時期がピーク。

ちなみにこの馬の主戦Jは福永Jだった為、ビーチサンバの特性は掴みやすいかもしれない。追い切りにも跨っていますしね。

その追い切り内容についてですが、1週前2週前と、2週続けて長めの追い切りを消化出来ていることがまず好印象。

直前追いは坂路で馬なりでした。これは友道厩舎としては馬が仕上がっているサインの様なもので、順調と見ていいかなと思う。

単走なのはこの馬の気性に合わせたものかと。他馬も全くいない中での追い切りで、かつ馬なりにしても若干時計を抑えている印象で、気性的に本番での折り合いが気になる馬なのだろう。
折り合い重視する福永Jの騎乗は悪くないんじゃないかな。

なんにせよ、先週やらかした福永Jが上手くエスコート出来るかにかかっていると思います。

特注!!

☆レッドアネモス

この馬、もしかしたら強いかも???

人気はそんなにないんですが、注目したいのは追い切り。

青葉賞3着のスーパーフェザー(古馬1000万下)と併せているだけでも評価は高いのに、圧倒してるように見えるんですが僕だけですかね?圧倒というか、併せてあげてると言うか。

一杯に追っている相手を楽な手応えで先導してあげてる感じでした。こんな追い切り見せられたら能力はあるだろうと思ってしまいます。

ハイペースになりそうな今回は展開は向かなそうなのがネックではありますが、前の中では1番魅力があると思っています。

かかりそうな馬で西の競馬場で戸崎J。これだけでもう来ないイメージありますが笑、少しでも楽な展開になれば、1発あってもいいくらい馬の能力的には評価しています。

連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△シェーングランツ

あまり買いたくないが今回ハイペースになる可能性があるので、再度ハマるかもしれない。エンジンがかかれば一発あっても。

△メイショウショウブ

メイショウのオーナー松本氏は、社台系の馬を買わないことで有名な馬主。だからこそ良績を収めていないのだが、この馬は前走アドマイヤマーズに食い下がっての2着。

アドマイヤマーズとの実力差はあるように思うが、十分評価できる内容。ただ、ダイワメジャー産駒らしいと言えばいいのか、これだけの実力がありながら牝馬限定戦ではコロッと負けていたりする。

タフな競馬でこその馬である可能性が高く、芝状態が良好なこの舞台で牝馬限定戦となると、再度の好走は難しいかも。ここではあまり信頼に値しないが戦績を評価して抑えておく。

△ベルスール

ファンタジーSの2着馬。

この馬、早熟タイプの可能性がある為に抑えておきたい。

姉のベルルミエールとヴゼットジョリーはどちらも早い段階で結果を出してきた馬で、このベルスールはこの2頭よりも完成度が高い印象。

昨日のアブドゥラ騎手は人気薄も持ってきていましたし、激走に期待します。

以上の7頭で勝負したいと思います!

補足事項「消し馬考察」

今回は、上位人気馬でぶった切る馬がいないので割愛します。正直、シェーングランツは切っても良かったです。ただ、ハイペースでの1発の可能性が捨てきれないので抑えてしまいました。

買い目公開!!

単勝▲
3連複◎-○▲☆-○▲☆△△△
3連単◎-○▲☆-○▲☆

ビーチサンバの単勝が多少ついているので買っておいて、あとはダノンファンタジーから流す馬券で勝負したいと思います。◎-〇▲☆までの決着を厚めにして△には少額流すイメージで。

最後までご愛読いただきありがとうございました。

さんたろー


コメント