阪神ジュベナイルフィリーズ2018に関するさんたろーの個人的回顧。

今回は、阪神JF2018に関する回顧記事を書きたいと思います。

いつも通り1~3着に入った馬に絞ってお話していく中で、レース全体のことについても触れていけたらと思います。

なるべく短く書きますので、最後までお付き合い頂ければ嬉しいです。

阪神JF2018 回顧

1着 ダノンファンタジー

先に少しだけ展開について触れます。

人気の有力馬が差し馬ということもあり、前半は各馬がこぞって前を狙う展開になりましたね。

2F目が最速の10.7を刻んだことからも、有力馬よりも前に行く意識が強かったかと。

その後も大きくは緩まず、47-47.1と息をいれずらいタフな流れになり、最後はラップを落としながらの入線となりました。

走破時計もまぁまぁ優秀で、1分34秒1というのは古馬混合のオープンを勝ててしまう計算。(古馬混合の阪神マイルオープン戦の1着馬平均タイムは1分34秒2)

展開がきつく時計も優秀となると、本当に強い馬しか最後まで伸びてこれませんから、地力勝負になったとみていいでしょう。

予想記事で書いた隊列については余裕で見当違いでしたが、ややハイペースで地力が問われる一戦になるのではという見方はちょっと惜しかったかな?笑

少なくとも地力勝負になるという予想はあってたように思います。結果を見ても4着までは人気の有力馬でしたからね。

さて、これを踏まえてダノンファンタジーについてのお話に入ります。

私はレースの質をこんな風に捉えているわけですから、今回1着になったダノンファンタジーについては「めちゃ強い馬」という認識でいいと思います。春も期待していいかと思いますね。

ゲートはすんなり出ましたし、リラックスして自分の競馬をしっかりと出来たイメージ。まあクリスチャンJはペース読めますし、レース後も少し早かったと言っていましたから自然とあの位置になったんだと思います。

直線向いてからの伸び脚はさすがの一言で、特に減点をする内容が無いかなと思えるほどに完成度の高い競馬でした。当然春も期待したいと思いますが、完成されすぎていて、成長力あるのかな?と少し疑う気持ちもあります。クラシックでは2着のクロノジェネシスに逆転されるシーンがあっても驚けません。というかこのレースだけで見てもクロノジェネシスの方が強かったと思います。

2着 クロノジェネシス

私の妄想が正しいのではないかという事をしっかり力で示してくれましたね。今回は2着に敗れはしたものの、どう考えても阪神JFを取れる実力の馬でした。予想ではダノンファンタジーを上位にとりましたが、馬の能力は正直こちらの方が上な気もしています。ノーザンFの目利きの力って恐ろしいですね。ラッキーライラックもクロノジェネシスも、デビュー時点で阪神JFまで見てたわけですから。(私の妄想が正しければの話です笑)

初めて私のブログに訪れてくれた方の為に、参考までにその妄想がどんな内容だったのかリンクを貼っておきますね。

↓クロノジェネシスに関するさんたろーの個人的見解。

では当馬のレースの内容について触れていきたいのですが、結構大味なものになりましたね。大きく出遅れて最後方からになった上に手ごたえが抑えられず結構引っ張りながらの追走。その後ポジションをリカバーするのに多少脚を使い、さらに4角ではダノンより早めのスパート。当然こちらの方がロスの大きい競馬になっているのに、上がり3ハロンはダノンより早い。これで弱い訳はありません。

たらればですが、スタートすんなり出ていればまあ勝てたのかなと。それにこの出遅れであっても、レース後に北村友一Jがコメントしているように、4角でダノンに蓋をしてれば勝てていたと思う。逆に無理に蓋をしにいこうとせずに、追い出しを待って直線外から一気にスパートしても勝てた気もする。

とまあこんな感じで、勝てるイメージがたくさん思いつくあたりもこの馬の素質が高いと思わせる要因でもあります。

ただまあ騎手目線で1つお話をしたいのですが。

北村友一Jにとっては、この展開なら今回は勝てなくて良かったんじゃないかなと思う部分もあります。

クロノジェネシスの所見記事の中で、北村友一JはノーザンFお抱えの若手騎手だという内容をお届けしましたが、これから下に書く内容を実行して勝っていたら今後の乗鞍が減ってたかもしれない。

注目したいのは北村友一Jのレース後のコメント。まあさっきも軽く触れたんですが、「(早めに動いて)勝ち馬に蓋をしに行ったけど、うまく進路を取られてしまいました」と言っているんです。

まさにコメントの通りで、蓋をする為に前にいた馬とのスペースを詰めて回ってこようとしたのですが、クリスチャンJが上手く進路をこじ開けにきた。それで直線はあの並びになり、結果2着に敗退する決定的な要因になったと思います。(出遅れは別として)

でもこれ、蓋出来なくて良かったと思いませんか?そもそも北村友一Jはそれをやって良い立場にあるでしょうか。

僕はこのコメント自体がどこまで本心なのか疑いたいぐらいですが、コメントの通りガチで蓋をしにいったのならちょっと心配になります。

そう思うのは、相手がノーザンFの馬だったからです。自分がここ最近かなりお世話になっているノーザンFの馬で、しかも一番人気の最有力馬ですよ?こちらが進路を先にとっているので妨害にはならないはずですが、そんなあからさまな行為はやらない方がいい。

たとえそれを実行して今回勝ったとしても、ノーザンFから見てどうでしょうか。ノーザンFとしてはトータルで考えたい訳で、ベストは当然上位独占。北村友一Jの騎乗ひとつでダノンファンタジーが沈むようなことがあっては良くは思わないですし、そんな騎乗続けられたら起用したくもなくなります。

とまあ、こういった見方から北村友一Jにとっては、蓋をすることに失敗して2着に敗れたのは、今後の騎乗機会という面で見るならば不幸中の幸いだったのかなと思います。(クリスチャンJとの実力差が目に見えて分かってしまいましたが,,,)

このままノーザンFとの関係を続けていればいずれG1を取れるチャンスはまた巡ってきます。もちろん今回が空前絶後の大チャンスだったのは言うまでもないですが、当馬はクラシックに駒を進めるでしょうから、北村友一Jの継続騎乗で出てきてほしいですね。

あと最後に。騎手のせいとは言えないですが、出遅れだけは癖にならないように何とか修正して欲しいですけどね。出遅れる馬を強いと言うのはちょっと違うのかなとも思うところもあるので。

3着 ビーチサンバ

かなり注目していた馬。オッズの絡みもありますが、三番手評価(▲)なのに唯一単勝馬券を買っていました。シェーングランツに先着を果たして、アルテミスSの雪辱を晴らすことは出来ましたが、それ以上に強い馬がいましたね。

内の方もまだまだ伸びてこれる馬場状態だっただけに、外を回して来た馬にねじ伏せられるということは、上位2頭とはここで勝負付けが済んでしまったかなという感じ。この馬自身スムーズに回ってこれていましたからね。

予想でも書きましたが、この馬は血統的に早熟の疑いがある馬。ここで力の差が見えてくるようだと、3歳のクラシック戦線は正直厳しい戦いになるかもしれませんね。

成長力の違いで、今回負かした馬にも逆転を許すかもしれません。今後強く狙うかどうかは、もう一度冷静になって考え直したい1頭です。

あとがき

いつも通りあとがきの見出しを使って、書きたい馬の回顧をしていきたいと思います笑。

今回は1頭だけ書きます。4着のシェーングランツ。

人気馬の中で唯一切るかどうか迷った馬。結局△を打つことにしたのですが、これは良い判断だったのかなと。4着で着外だから無印の方が正解だったのでは?と思う方もいるかと思いますが、乗り方が少し違っていればビーチサンバに先着する可能性は十分にありましたよね。

やはりエンジンのかかりが遅く、勝負が済んでから伸びてきたような感じ。これ、武豊Jは前走で分かってたはずですが、馬群内から進路を確保するまで手応えを抑えながらの騎乗ではそりゃあこの馬の特性的に届かない。もっと序盤から外々に出せるようにして、コーナーでロスがあろうとのびのび走らせた方が良かったと思う。

引き続き、大箱コースでなら狙っていける1頭かなとは思います。外枠ならなおさら。信頼しずらいので僕は◎を打つことはありませんが。

さて、今回はこんな具合で阪神JF2018の回顧を終わりたいと思います。

今週は朝日杯FSがありますので、予想についてはいつも通り、土曜日の夜か日曜日の朝に記事をUPしたいと思います。

また各馬の所見については、話が長くなる馬のみブログに掲載して、他はtwitterで呟いておりますので、フォローして頂けると嬉しいです。

最後までご愛読ありがとうございました。

さんたろー

最新情報をチェックしよう!