朝日杯フューチュリティステークス2018予想公開!!

今回は、朝日杯FS2018の予想について書いていきたいと思います。

今回の注目ポイントはやはり牝馬で参戦するグランアレグリアでしょうか。

ここまで、スピード能力の違いで他馬を圧倒するレースっぷりを披露しており、その内容はここでも通用するのではと期待してしまうほど。

実際のところ、圧倒的な1番人気に支持されており、ファンの注目度が高い事が伺えます。

近年で参戦した牝馬は活躍できていませんが、この馬はどうでしょうか。

ではさっそく本題に入りたいと思います。

朝日杯FS2018予想!

馬場の確認

今週の阪神芝の状態について確認していきます。

今週はAコース最終週。各レース確認しましたが、内もまだ伸びてこれそうな感じで、馬場状態はフラットかな?といった印象。

ただ、全体的に先週よりも上がりはかかっており、タフになってきているのは間違いない。

直線長い阪神マイル戦ですし、この馬場と舞台設定を考えると、展開による紛れを期待するよりも、タフなこの状況でも最後まで伸びてこれる地力のある馬をしっかり狙っていった方が良さそうなのかなと。

これは、例年の朝日杯の傾向にもマッチします。上がりが早い年でも、かかる年でも、そのメンバーの中で上がりを出せた馬が活躍する。

今回も上がりは重要なポイントとして予想を組み立てていきたいですね。

展開はどうなる?

このレースはとにかく上がりを出せる馬=地力のある馬を予想のポイント。隊列や展開についてはあまり気にしていませんのでここでは詳しく書きません。

気にしているのは、もしかしたらグランアレグリアは先行するんじゃないかな?と多少思っているくらいでしょうか。まあ、どのような展開になろうと、この大箱の阪神マイルでそこまで展開が勝負に左右するとは思っていません。地力がある馬が純粋に勝つでしょう。

それでは、印を発表したいと思います。

本命!!

◎グランアレグリア

どんなに人気でも仕方ないです。この馬が1番勝つ確率が高いと思います。

能力はこのメンバーの中ではどう見てもNo.1です。仕上げについてもノーザンF天栄。そして鞍上にはルメールJと現代競馬を象徴する、勝ち馬量産体制。もちろんここに向けた調整も万全。文句のない◎です。

ご参考までにこの馬の考察については、長くなったので別の記事で詳しく書いておきました。

グランアレグリアに関するさんたろーの個人的見解。

ほぼこの記事で書いているのことが全てです。舞台設定についてもそうですし、馬の能力についても。

いろんなファクターがあるにしても、先週ダノンファンタジーに本命を打っておいて、ここでこの馬に本命を打たないのは理屈が成り立たない。

この馬が本気で上がりを出してきたらいったいどれほどのスピード性能があるのか。新馬戦では阪神JFの勝ち馬、ダノンファンタジーを子ども扱い。次走サウジアラビアRCでは牡馬を楽に打ち負かしており、どちらもラストの直線は全力で追っていない。
大箱の阪神マイルで、このスピード性能がどれほどのものなのか期待せざるを得ない。

一応、この馬にはかかる可能性がつきまといますが、あまり僕は問題視していません。

それは、鞍上がルメールJだからです。

サウジアラビアRCでの手綱さばきは見事なもので、かかっている当馬を気分に合わせて前までいかせつつ、番手につける頃にはもう落ち着いていた。

もはや神技でしょう。日本の従来の競馬では、かかったら手綱を引っ張るというのが普通。その根底を打ち破り、馬の能力を発揮させるのだから、かかる馬でも信頼しやすいですよね。

内枠で包まれるかも、というのも気にしません。これも騎手の腕次第。ルメールJはジャパンカップであのアーモンドアイですら前につける競馬をした男。詰まるような競馬になることはないと思います。

能力の絶対値、鞍上の手腕、舞台設定、どれをとってもこの馬を本命にする以外僕には考えられない。素直に本命でいきます!

この大箱マイルG1の舞台でディープ産駒の出走が1頭のみっていうのもなんか怪しいっすよね。使い分け感がすごい。陣営からしてもここは確勝級の評価なのでは。

対抗!!

○アドマイヤマーズ

ここで勝てるイメージは正直あまりないが、馬券内には手堅く食い込んでくるイメージか。この馬の持ち味は、早めに前につけてのしぶとさ。並ばれるとなお勝負根性を発揮して粘るというタイプで、切れ味では他馬に劣る面もあるのだが、末脚の持続力と鞍上の手腕込みで当馬に期待したい。

新馬戦では、ケイデンスコールと対戦。スローペースの中、上り最速を繰り出すケイデンスコールを早め抜け出しで凌いでおり、今回僕がイメージしているのはそういう競馬。ケイデンスコールに展開が向いた勝負でしのぎ切るのですから、やはり地力高い証拠。

中京2歳Sでは逆にこの馬に向く展開。ペースが流れて上がりのかかる競馬になったが、そういう展開だと本当に強く、他馬をよせつけない完勝劇。

今回のメンバーを見渡すと、グランアレグリアを除いては展開向いたケイデンスコールに勝てそうな馬が見当たらないという印象ですし、ここは順当に2番手評価で良いと思います。

単穴!!

▲ケイデンスコール

もともとは軽視する方向でいきたかったのですが、馬場を見て評価を上げた1頭。

twitterで述べた通り新潟2歳Sで倒した相手がたいしたレベルではなく、マイル適正が高いとは言えないと考えていることに変わりはありません。ただ、Aコース最終週で馬場は比較的タフになってきており、上がりもかかるようになってきた。

そう考えると、血統的には短距離血統より長距離血統の方が向く可能性はありますよね?

そこでこの馬。母のインダクティの適正距離は2000前後で、全兄のフェイムゲームはステイヤーという血統。それでいてここまでの戦績が全てマイルでしかも上り最速な訳ですから、タフな舞台になる今回でも上がりは間違いなく使ってこれるはず。

今週のG1でクリスチャンJが乗るということは、やはりノーザンから見てこの馬が1番手ではないのかなとは思っていますが、馬券内に飛んでくるイメージは十分にできる。ここは単穴というより単純に3番手というイメージでいきます。

特注!!

☆エメラルファイト

まず、戦ってきた相手がつよい。前走アイビーステークスでは、1着、2着、4着が次走軒並み活躍しており、当馬はそのレースで3着。

そして前々走の札幌2歳Sでは、1着、3着、5着が次走勝利しており、当馬は4着。これだけのハイレベルなメンバーの中で上位入線をはたしてきているあたり、この馬の地力も相当なもの。

先週も活躍していたクロフネの血統であることからも、この舞台設定に合った血統だろうというところも見逃せないところ。そして今回鞍上はビュイック騎手を確保。鞍上強化でここでの好走にはかなり期待できる1頭と見ます。

 

連下

△マイネルサーパス

今回の舞台に合った、上がりの出せる馬。前走は高速馬場だったとは言え、レコード決着ですからね。それを後方からぶっ飛んでくるわけですから脚をもっていることは間違いない。素質がどうかというのはあるが、ここでも期待していい1頭ではないでしょうか。

以上の5頭で勝負したいと思います!

補足:消し馬考察

・ファンタジスト

ケイデンスコールと逆に考えたいのがこの馬。今の阪神マイルをタフだと考えるのであればこの馬は軽視する必要があります。そもそもデビューはスプリント戦。陣営がマイルに適正があると考えているとは思えず、勝ち上れたからG1に出走してくるという印象でしかない。

能力はもちろんありますが、この舞台で考えると血統的に能力を発揮できるとは思えない。しかも痛恨の外枠です。グランアレグリアを◎にした以上、印は増やしたくないですし、ここはこの馬を消しでいきたいと思います。

買い目公開!!

3連単

◎-〇▲-〇▲☆△(6点)厚め
◎-☆△-〇▲(4点)
◎-☆△-☆△(2点)

点数的には◎-流しと同じなのですが、馬券の強弱をつけるために分けてかきました。今回は馬券的には本当に難しいです。これ、均等買いしてしまったら、まだ単勝の方がマシなオッズになる可能性もありますからね。

当てたいとは思っていますが、グランアレグリアから買う以上馬券種は難しくして、その上点数はこの辺が限度なのかなと。

ここは裏目縦目をカバーする馬券は一切買わず、◎1着固定でいきたいと思います!!

最後までご愛読いただきありがとうございました。

さんたろー

最新情報をチェックしよう!