fbpx

有馬記念2018に関するさんたろーの個人的回顧。

スポンサーリンク

今回は、有馬記念2018に関する回顧記事を書きたいと思います。

ブラストワンピース、ついにやりましたね!!G1を取れる素質は十分にありながら、ダービー、菊花賞と悔しい競馬が続いていた為、これは嬉しい勝利だったでしょう。しかしまぁ今年の3歳勢は本当に層が厚い。ブラストワンピース、ステルヴィオ、アーモンドアイ、ルヴァンスレーブと秋古馬G1を勝ちすぎですよ笑。

ただ一つ言っておきたいのが、今年の3歳が絶対的に強いから来年もG1で活躍するかというところは冷静に考えた方がいいと思います。

この秋のG1で結果を残してきた3歳馬は、ほとんどがノーザンF天栄仕上げの馬。この世代が強いということはもちろん認めますが、天栄の調整があったからこそとも言えますよね。むしろ絶対的に来年も信頼していきたいのは、世代レベルではなく天栄の方だと私は思います。

他の施設が増強増員をしてこない限りは、天栄の信頼度は高い状態が続くでしょうからね。この辺の動きはしっかり掴んでいきたいところです。

では、前置きはこのくらいにして本題に入っていきたいと思います!!

有馬記念2018回顧

レースの質についての見解。

まずは馬場状態から。予想記事では、私は馬場状態についてこんな認識でおりました。

「馬場の見解については軽め=内外良好なんじゃないか」

これはまぁそんなにピントがズレていたとは思わないです。

終始内を通したキセキが5着に健闘。あれだけのロンスパを仕掛けてこの着順に残すのだから、内の馬場がひどいということはない。

雨の影響で全体的に緩くはなっていたものの、芝がそんなはげてる訳でもなかったし。まぁ、内外関係なく濡れ馬場で足下を気にしてしまう馬はちょっと辛かったかな。

そして次にコースの特性について。

「中山2500というコースの特徴から、上がり3ハロンが33秒台になるような切れ味勝負ではなく、ラスト4~5ハロンのロンスパ戦の中で上がりを35秒前後でまとめられる馬が活躍する」

これはほぼ想定した通りになりましたね。

正確には、ラスト5ハロンが最速地点となるロンスパ戦。上がり最速は35.4でした。

このあたりをしっかり予測できたということは個人的に大満足なのですが。

・・・・。

なんでここまで想定できて馬券ないんかな!!?泣

予想(というか想定)上手の馬券下手。

ええ、私の事ですが何か?泣

いやむしろ予想も下手。なんとなく頑張れているのは馬場考察とレース展開・レースの質の予想くらいですわ泣。

いやーほんと悔しい!!
自暴自棄になりそうですが、とりあえず冷静に回顧しますよ泣。

さて次に全体のレースラップに触れていきます。勝ち時計は2分32秒2。近5年の中では最速です。まぁ、土曜日のグレイトフルステークスで2分32秒7が出てましたのでまぁ妥当な時計かなぁと思います。

このレースの前後のバランスですが、前半5F60.8-後半5F60.3。まぁ平均ペースですね。川田Jxキセキは本当に良いラップを踏みますよね。ただ今回は少し言いたいことはあります。これはキセキの回顧欄で述べていきます。

さて全体の流れですが、900m~1300m地点で少し緩みましたが、それでも他は全て淡々とした流れになりました。後半は、ラスト5ハロン地点で最速ラップとなる超ポテンシャル特化戦で、ラスト1.2ハロンで大きくラップを落としての入線となりました。

それでは、上位各馬の所見にいきたいと思います。

1着 ブラストワンピース

ついにこの馬の素質が結果に表れてきたかという感じ。菊花賞、ダービーと4角で仕掛け遅れるところがあり、直線でおかれてスムーズに追えないというのがこの馬のこれまでの経緯だったが、今回は文句なしの競馬だったと思う。

レイデオロより前にしっかりつけて、勝負どころで自ら仕掛けてタイミングは完璧。4角ではハービンジャー産駒らしく濡れ馬場を気にせず綺麗に回ってくることが出来たのもあり、他馬におかれることは全く無かった。

池添J自身、最近は外国人Jに比べて仕掛けどころの判断があいまいと言うか遅れがちだったので、自分の仕掛けが出来たのは騎手としても成長をしているんだと思う。とにかく良い騎乗だった。

少し馬も成長したかな?鞍上も良かったけど、ここまでスムーズに回ってくるとは思わなかった。大型のハービン産駒は基本コーナーでの加速は苦手なイメージだから・・・。

今回も仕掛けどころは一流外国人Jの後手を踏んで、馬もそれについていけず、ラストは良い脚を伸ばすものの掲示板止まり、という風にタカをくくってしまった。

悔しいけど、これはお見事でした。そして馬も強い!!

古馬になってもG1勝てると思う。今後に期待したいと思います。

2着 レイデオロ

はなっからロンスパ決め打ちだったからこその位置どりかもしれないが、結果的には前半のポジション取りが勝負を分けたかなという印象。

キセキがラスト5ハロンでスパートをかけ始めてしまったので、得意の展開であるロンスパで勝負するも全体も早くなかなか前に取り付けず。4角では前を捉えるイメージだったと思うが、それをブラストワンピースにうまいことやられてしまった。普段池添JがルメールJにしてやられるところを、今回は見事にやり返されたといった感じ。

結果論だけど、900~1300の緩んだ地点でもう少しポジションを上げることができていれば・・・。まぁこの騎乗でも馬の能力は引き出しているし、勝てる競馬はしていたが、今回は池添Jが完璧すぎた。また来年に期待したいですね。

3着 シュヴァルグラン

有力各馬が4コーナーで膨らみスペースが出来たところを見逃がさずに突いてきた。結果は3着止まりだったけど、6歳暮れのシュヴァルグランで、有力各馬よりも外回して勝てるかと言ったらやっぱり厳しかったはずですから、これは好騎乗でしょう。

まぁただ、有力馬が動いて空いたスペースを突くということは、トップスピードに乗せるのは有力馬より遅くなりますよね。鋭く伸びても3着までだったというのはこれが原因でしょう。脚色良いままで入線しており、脚を余しています。もっとキレる馬ならこれで突き抜けてもおかしくなかったが・・・。それでも、今の当馬で見たらベストな騎乗だったと思う。この騎乗じゃないと3着入線は有り得なかった。

しかし、いくらトップスピードに入るのが遅くなったとはいえ、これだけのロンスパ戦でまだ伸びそうな手合いで入線してくるってすごい馬ですよね。本当に6歳か?馬齢合ってる?笑

現役続行ということなんで、天皇賞・春あたりで再度期待してもいいかもしれませんね。

着外に散った次走注目馬!

・キセキ
まず最序盤でミッキーロケットにやられたなという感じはある。ミッキーロケットがかなりしごいて前を取りに来ていた為、コーナーまでに内に切り込むことができなかった。そのまま強引にハナを取りに行ったが、案の定コーナーでかなりロスを被りながらハナを主張する形に。これはマーフィー騎手にうまくやられたかなという感じ。

それでもハナを奪ってからはマイペースで良い競馬はしています。

900~1300M地点で多少息を入れた。最初からそういう作戦だったのか、状況判断だったのかは分からないが、これは良い判断だったと思う。ジャパンカップ程に淀みなく進めたら馬場も距離も違うから厳しいだろうし。

後半は、キセキ自らラスト5ハロン地点で最速ラップを打つという超ポテンシャル特化戦に持ち込みましたね。

これが、各馬の着順を左右した決定的なポイントだったと思う。

正直これは、やり過ぎたかな?と思うところはあります。これによってレイデオロには明確に厳しい競馬になったものの、自身も厳しい競馬だったことは間違いない。

結果論でしかないけど、1ハロン、いや100Mだけでも待ってからスパート出来ていたらもう少し粘れていたかも。これを完璧に判断するなんて簡単にできる芸当ではないし、十分良い騎乗はしているけど。

しかしこの馬本当に頑張り屋さんですね。まさか秋4戦目のG1、それもこのタフな舞台で5着に健闘するとは、、、。また必ずチャンスはあるはずなので、しっかり休養してまた来年いい競馬を見せて欲しいです。大阪杯あたり、ラップを支配できれば勝てるチャンスはあると思う。

・ミッキーロケット(私の本命馬)
上に書いた通り、かなりスタートは意識していたようで、もしキセキが来なかったらハナに立っていた可能性があるほどにポジションを取りにきた。キセキにロスを被せつつ、自分は取りたい番手の位置をキレイに確保するという素晴らしいスタート。

4角手前での早めスパートで、ロンスパ押し切りを図るも上位3頭とは能力の差が出てしまった感じ。

マーフィー騎手は、この馬にとって文句のない良い騎乗をしてくれていたと思うし、僕が想定していた競馬にかなり近い内容だった。ある程度前につけて、レイデオロが来る前に自ら仕掛けて、ロンスパ戦の中で強みを出し切る競馬。

加えて小雨の影響もありミッキーロケットに向いた条件だったと思うが、これで4着という結果ならもう仕方ないかな。

僕はこの条件でこの競馬なら1着取れると本気で思っていたし、4角回ってきた時には馬券内は堅いと思って見ていたので、正直かなり悔しかった。今年で一番悔しい結果かも。これだけ条件が揃ったミッキーロケットに本命を打ったこと自体には全く後悔していません。まだまだ勉強が足りなかったということですね。

あともう一つ。今回の着順にはそこまで影響無かったと思うけど、少しだけもたれるシーンがあり、かなり右ムチを使われていた。また宝塚に出てくるなら狙いたいけど、このベスト条件に加えて内枠に入らないと厳しいかもしれない。

あとがき

さて、そんなこんなで有馬記念2018の回顧を終わりたいと思います。

今週金曜日にはホープフルSがありますので、予想についてはいつも通り、前日の夜か当日の朝にUPしたいと思います。

また、各馬の所見については、話が長くなる馬のみブログに掲載して、他はtwitterで呟いておりますので、フォローして頂けると嬉しいです。今回は時間もないのでtwitterでさらっと気になる馬だけ呟くかも。

最後までご愛読ありがとうございました。

さんたろー


コメント