fbpx

ホープフルステークス 2018の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

このG1、「社台グループの為のレース」ってことで良いですよね?

という事で!笑、ホープフルステークス 2018の予想について書いていきたいと思います!

今年もまた、ファン的には謎昇格のG1がやってきましたね!w僕はこのレースがG1に昇格した時、「ん?」って感じでした笑

なぜ、2~3歳のダート、スプリント路線を整備しないんでしょうかね?そんな意見、普通のファンでも思いつくことです。それでもなお、謎G1まで新設して中距離路線ばかりにスポットを当てようという運営方針は、どう考えても社台グループへの忖度でしょう。社台グループはスプリントに力を入れてないですから。

グループの中でも特にノーザンファームなんて、出走させる番組が足りないほどに中距離路線で強い馬を生産出来てしまっている状況。有力馬は使い分けて、それぞれの馬に一流外国人Jを確保するというのが主流のやり方ですが、その有力馬が何頭もいれば当然同じ舞台に出走させる必要もありますよね。

特に2歳G1は大渋滞。これを取れればクラシックにはどこでも参戦できるようになる訳ですし、使い分けようにも他のレースでは代用がきかない。出走可能にも関わらず、使い分けの為G2、G3へ流れてしまっては、馬主サイドからしても面白くないですしね。以前までは阪神JFと朝日杯FSしかG1は無かった訳ですから、ここで有力馬がぶつかり合ってしまうのは仕方ない状況だったかと思います。

そういった事情を解消してあげようという主旨で、ホープフルステークスがG1に昇格したんだと私は思っています。まぁ、有馬記念の後でもう一度ファンにお金を落としてもらえるというメリットもありますしね。

そんなJ○Aさんの忖度に見事答えるように昨年はサンデーレーシングx社台F白老生産のタイムフライヤーが勝利。なんとなく、非社台グループの馬に勝って欲しいレースだなと思うのは私だけでしょうか笑。

今年の出走メンバーを見てみると、1頭可能性ありそうな非社台馬いますよね。4連勝でG1勝ちを収めることが果たしてできるかどうか。

それでは、本題に入りたいと思います!最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

ホープフルS2018予想!

まずは馬場の確認から。

はっきりいって、馬場状態を正確に掴むのは今回難しすぎますね。変則開催で前日競馬のない日の馬場を想定するなんて難しいことこの上ない。

だからと言って何も考えないのはリスクが大きすぎるので、先週日曜日の馬場がどうだったかというところで想定はしておこうと思います。

日曜日に行われた有馬記念は、小雨の影響で濡れ馬場になったものの、時計はそこそこ出ていましたよね。近5年の有馬記念の中では最速だったわけですし。

そして、内で超ロンスパを仕掛けたキセキが5着に粘っていることを見ても、内だけは痛んでいるなんてことはないでしょう。映像を見ても、芝がハゲてる感じもありませんでした。

逆に外はというと、こちらもしっかり伸びていましたから、内外の差はあまり感じません。先週時点では、内外フラットでそこまで傷んではいないと考えたいところ。

ただ、舞台設定はAコース最終週のタフな中山です。そもそもの舞台設定が、速い上がりをスパッと出せるコースではないため、芝がまだ良好だったにしても上がりは35.5秒前後で考えておきたいところ。

あと、これは根拠のない予測なのですが、当日いくつか芝のレースが施行される事を考慮して、先週よりも若干外有利に移行する可能性も想定しておきたいです。

結構広く捉えていますが、前日の馬場が見れないのでこの辺で限界でしょうか。

【想定】
・馬場は内外フラット→若干外有利に移行することも視野に入れる。
・上がりは35.5秒~36.0秒。

一応こんな形で進めたいと思います。

想定が広いので、多少馬券や印で工夫はしていきたいところですね。

展開はどうなる?

枠的にも逃げるのはキングリスティアでしょうか。続いて先週も積極策が光ったマーフィー騎手騎乗のミッキーブラックが番手につけるか。正直メンバーを見渡す限り、この中山2000でスタート押してでも前を取りたいという馬はこの2頭くらいですかね。どの馬も距離を持たせるという意識はあるはずですし、ハイペースにはまずならないと思います。

スロー濃厚、流れても平均までと想定しておきます。

レースの特徴は?

このホープフルステークスは、有馬記念よりもタフ寄りの決着になると見ておいた方がいいと思う。なんといっても、この舞台を走るのは2歳馬です。

そもそも2歳馬が2000Mを走るというだけで最後垂れてしまう馬がいる中で、それを坂が2回もあるタフな中山でやる訳ですから過酷なのは間違いないはず。

これは過去のレースを見ても分かります。ミドルペースで流れた近2年は完全なスタミナ戦で差し決着になり前が残れておらず、スローペースだった年でさえ前が残りずらい傾向にあるという完全にスタミナ色が強い特徴が出ています。

その為、当然ながら狙いたいのは高速馬場でキレるタイプより、タフなコンディションでも最後まで伸びてこれるポテンシャル戦に強い馬。

この特徴を象徴するかのように、前走1600以下からの参戦となる馬は成績が悪い傾向にあります。ローテだけで言ったら狙いたいのは前走1800M以上を使われている馬です。

さて、本予想に入る前にここまでのポイントをおさらいしてみます。

・馬場は内外共に悪くはない。ただ若干外有利になるかも。
・ペースはスロー~平均。
・1800以上を使われている馬に注目。
・ポテンシャル戦に強い馬を狙いたい。

これらを踏まえて、印を発表したいと思います。

本命!!

◎アドマイヤジャスタ

ローテ、追い切り、関係者の思惑など全てがプラス材料に写るこの馬に渾身の本命を打つ。

この馬は前走2000Mを使われており、関係者サイドとしても勝てればホープフル直行とハナからスケジュールを立てていたのだろう。

中山2000は2歳馬にとって過酷な舞台な為、余裕のあるローテで出走できるのはかなりのプラス材料。

その上ノーザンFがルメールJを乗せているとなると、もはや好走の既定路線。ノーザンFしがらきで外厩調整をしている点からも、関係者サイドがこの馬が勝ちきれる馬だと考えていることは明白でしょう。そしてそれを裏付けるかのように抜群の追い切りを消化してきています。

この2歳の年末の時期で古馬1000万クラスの実力があれば春のクラシックを十分狙えるレベルだと認識していますが、この馬はなんと追い切りで併せた馬がOP馬。2週前は強めに追う古馬OPアドマイヤアルバを追走し先着、1週前は強めに追うOP馬アドマイヤエイカンを追走し先着と、2週続けてOP馬に先着を果たしており、どう考えても強い馬という認識でOKだと思う。今回の有力馬の中でOP馬と併せている馬なんて他にいないです。

さらに枠順も良いところに入ったと思っていて、サートゥルナーリアをマークできる枠に入ったことはプラスだし、私が想定している「若干外が有利になるかも」という馬場状況にもマッチしています。

これだけプラス材料が揃っていて勝ち負けに持っていけないとは正直考えずらい。ついでに言わせてもらうと、ジャスタウェイ産駒はここまで2歳戦を15勝しており、早期に馬が仕上がる可能性があるところも魅力的。よって、成長しているはずなので新馬戦でブレイキングドーンに負けていることは無視することにする笑。

 

まあ、ノーザンF x ルメールJで出走回数を最低限にして狙ったレースをきっちり取りに行く姿勢は今年の好走トレンドですし、ここは素直に信頼したいと思います。

対抗!!

〇ニシノデイジー

「馬は」全力で狙いたい。本命まで大真面目に考えた馬。

良馬場で開催された東スポ杯が向いていたとは思えないが、それでも勝利して重賞を連勝。

内枠での競馬も問題なく道中進めていたし、直線入ってから進路を取りにいく姿も操縦性の高さが伺える。ヴァンドギャルドが並んでくるまでほとんど追っておらず、ちょっと前に出られそうになってから追い出してさらっと先着するあたり、どう見ても強い馬の競馬という認識で間違いないはず。

血統的にも今の馬場はおそらくベスト。先週も同産駒のブラストワンピースが勝ち切っている点からもそう読み取れますし、洋芝の札幌2歳Sを全く危なげなく完勝しているあたり、タフな競馬は得意なはず。実績や競馬内容からして、普通にいったらこの馬が1人気じゃないとおかしい気もしますが、そこは非社台の勝浦J騎乗というところが邪魔しているのでしょうね。

僕も騎手の腕というのはかなり気にする方ですが、前走内枠からしっかり進路を確保してきたところを見るとそんなに気にする必要はないかと思います。ただ、今回はマークされる立場に変わるという点と、ローテ面から見てアドマイヤジャスタに軍配が上がると思い対抗評価としました。

でも実際この馬まじで強いよなあ。心の中では本命で応援してます。

頑張れ非社台&日本人J!!

単穴!!

▲サートゥルナーリア

ミルコJが「怪物かも」と発言しているあたり、素質に関しては疑う余地はないでしょう。アドマイヤジャスタと同じくノーザンFしがらきで調整されていることからも期待の高さが伺える。

ただ、ここまでの2戦は「競馬」を経験したとは言い難いレースっぷり。ステッキすらまともに使ってないんですよこの馬。もはや関係者の中でもこの馬の素質に関しては有名なのでしょうね。骨っぽい相手はこの馬と走らせるのを回避したためか、弱い相手&小頭数競馬でぶっちぎっただけなので、本気でこの馬を倒しにくる相手と競馬をするのは初めてとも言える。

アドマイヤジャスタやヴァンドギャルドが外目の枠なので、うまく被されてしまったらそれだけできつい展開になると思うんですよね。血統的にもここで押しやすい血統でもないですし。素質は認めますが、ここは3番手評価までとしておきます。

特注!!

☆ヴァンドギャルド

東スポ杯2歳Sでは抜け出しを図るも勝ち馬に強い競馬にねじ伏せられ2着敗退。ただ、このレース自体レベルはそこそこ高かったと思うし、2着でも十分評価できる内容。折り合いも問題なさそうで、レースっぷりはかなり操縦性が高そうではあった。母系がサドラーズウェルズ系で、タフな舞台になっても問題なく走れそうなのも強調ポイントですね。
ただ、追い切りは私が上位評価した馬よりも平凡で、合わせた相手も500万下と少し物足りない内容。馬の実力は評価していますが、上位印の馬の方が強いとみて特注評価までとします。今回は特注穴馬というより、4番手評価という意味合いが強いです。

連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△ブレイキングドーン

1週前追い切りの時計が痛烈すぎる。
福永J騎乗で稍重馬場の中80.9-11.9。
一杯に追う1000万クラスのカフジオリオンを1.2秒追走し1.6秒先着。
格上相手にもはや併せ馬になっていないと言いたくなるレベルの追い切りでこれは同タイミングのサートゥルナーリヤやアドマイヤジャスタを上回る時計。かなり馬の状態は整っているとみて良さそうでここでの巻き返しは十分に考えらる。
ただ、ホワイトマズルの血が入った馬は、スマートレイヤーやカツジが分かりやすいが、馬群の中は苦手。馬群が関係なくなる逃げるか追い込むかのレースをして強みを発揮するタイプが多く、この馬が福永Jが今回それをやるとも思えない。そもそも内枠の福永Jを信頼するのも微妙なのに、血統背景までマイナス材量がつくとなると、、、というところで連下の評価に留めたいと思います。

以上の5頭に絞って勝負したいと思います!

 

買い目公開!!

今回の買い目は、例によってtwitterで発表したいと思います!!
当日の朝掲載予定ですので、よろしければフォローをお願いいたします。

最後までご愛読いただきありがとうございました。

さんたろー

 


コメント