天皇賞・秋2018!!有力各馬の考察!!

スポンサーリンク

 

 

今回は天皇賞・秋2018の各馬診断記事になります。

スポンサーリンク

天皇賞・秋2018事前考察

菊花賞から天皇賞・秋を紐解く

まずは、先週の振り返りを少しだけ。
これが今回の天皇賞・秋にもかなりつながりますので。

さて、先週の振り返りとしてピックアップするのは、菊花賞。

正直申し上げて、あのレースは完全に想定外。

なんせ、3000Mを走った意味がない」とまで言えそうな
レースになってしまいましたからね。

私としては、後続になし崩し的に足を使わせるように、先行馬がレースラップを刻んでくれると思っていましたが、全く逆の展開に。

前半スロー、中盤はさらに遅くなりドスロー、そしてラストの3~4角でも
ペースをあげないという謎の展開でラスト2ハロンだけの競馬。

つまり、直線だけの競馬になり、3000Mの適正なんて全く必要なく、
ギアチェンジの速さと瞬間的なトップスピードの質だけの勝負になってしまいました。

これ、粘り腰が持ち味の先行馬勝つ気あったの?

意図的と思えるほどに、後続の有力馬が得意とする展開になった。

しかもこの展開、瞬発力勝負では勝ち目がないと分かっていたジェネラーレウーノが作り出しています。

ジェネラーレウーノはこれまで平均~ハイペースの消耗戦で先行して粘り強い競馬を見せてきた馬。スローになったダービーは大敗しています。

それにも拘わらずなぜこんなレースメイクになったのか、到底理解できない。

ちまたではラビット説が流れていますが、正直僕もそう思う。
田辺騎手は以前にもブライトラインでそれらしい競馬をしていますからね。

同じ馬主であるエタリオウを勝たせるためのラビットだったと考えるのが妥当かと。であれば、あれだけのスローを作り出したのも納得がいきますからね。

海外ではラビット起用は当たり前とはいえ、日本では一応禁止行為。
こういうことをされるとまじめに展開予想するモチベーションが下がりますよね。

基本的には、各馬勝ちに行くための自分に合った競馬をしてくると想定して
展開予想を組んでいますからね。

ただ、それをいつまでも嘆いていても仕方ない。

これを予想に組み込むしかありません!!

そこで過去のG1レースをかなり見返したのですが、ノーザンFが勝つレースというのは、

圧倒的にスローが多い!!

ということが分かりました。

まあ、切れ脚自慢の馬が多いからといえばそうですが、ノーザンFはG1ともなると複数出しが基本です。つまり何が言いたいかというと、そのスローの展開さえもノーザンFが作り出しているのでは?

ということです。

ここでやっと繋がってくるのですが、今回の天皇賞・秋についてもノーザンF生産馬だらけ。

今回もはっきり言ってスロー濃厚でしょう。

今回各馬の考察をしていく上で重視するのは、陣営の思惑予想です笑。

もちろん能力についても触れていきますが、先週の菊花賞のようなレースを見てしまうと、どうしても馬の能力だけを比較しても意味が薄いので。

それでは各馬の診断にいきたいと思います。

出走各馬の個人的見解!

 スワーブリチャード

ノーザンF生産。安田記念からの休み明けだが、近年は外厩でかなり
仕上がっていることが多いし、当馬は休み明けでも走るタイプで割引する必要はないか。

当馬には右回りでは内にもたれるという特徴があり、大阪杯で克服したとはいえ、次走安田記念を使ったところを見るとやはり得意なのは左回りということで間違いない。

さらに、距離2000というのもベストな距離だろう。追い切りでも抜群の動きを披露しており、馬券内は堅いかなという判断。

ノーザンFとしてはこの馬かレイデオロが今回本丸だろうが、勝つのはこちらの方が可能性が高いかな。

ちなみに、どちらの馬最大目標はジャパンカップだが、当馬はここもメイチだと思う。

なぜなら鞍上の気持ちがメイチだから。笑

今年はG1をなかなか勝てておらず、菊花賞もあと一息でルメールJに持っていかれたし、ここでの意気込みはすさまじいものがあるのではと思っています。

 レイデオロ

ノーザンF生産。前走は休み明けでオールカマーを制してここに参戦。

オールカマーからの参戦は成績が悪いというデータがあるが、はっきり言って関係ない。過去のデータとかそういうレベルの馬ではないと思う。もちろん鞍上込みで。

上でも書いたがノーザンFの本丸であることは間違いないが、追い切りで不安な歩様を見せ、馬体検査を受けたとのこと。

問題ないとの診断結果ではあるが、スワーブリチャードに比べて順調さを
欠いているように映ってしまう。

最大目標はジャパンカップですし、ここは疑いの目で見ていてもいいかもしれない。

ただもちろん馬券からは外せない1頭。

 マカヒキ

ノーザンF生産。前走の札幌記念は勝ちに等しい2着。

ただ、これで復活しというのはどうかと思う。前が総崩れになって差し馬に展開が向いたことや、このレース3着、4着に入った馬が次走惨敗していることからも、メンバー的にはサングレーザー以外大したことなかったと思う。

ただ、今回の追い切りについても引き続き動けており、ダービーの頃の追い切りによく似ているように思いますし、メイチなのは間違いないでしょう。

まあ、いくら追い切りがメイチとはいえ、ノーザンFの本丸が今回マカヒキだったら無理矢理でもルメールを乗せてくるでしょうから、あくまでノーザンFの中では3番手という評価でいいと思う。

それに、5歳を迎えたディープ産駒はG1をなかなか勝てていないのが気になる。ディープ産駒の旬は3歳~長くても4歳までとみていて、成長力にかけるイメージ。ディープ産駒で一度沈んだマカヒキがこのメンバー相手に再浮上するとは思えない。

 サングレーザー

追分ファーム生産。前走札幌記念1着。かなり展開利があったレースでロスも少なかった。それに、上でも書いたけどマカヒキ以外は大したことないメンバーだったと思う。

これで2000が適正範囲内と考えるのはまだ怪しいと思う。オッズでも表れているけど、このレースはマカヒキの方が強い競馬をしていたし、ここでさらなる前進となるとどうか。

それに、早仕掛けの鞍上モレイラとも手が合うとは思わない。

ただ、そう思っていたらワントゥワン持ってきちゃったんだよなぁ。

ここは認識を改めて、馬券には入れておいた方がいいかもしれない。

追分ファームなんでノーザンの事情とか関係なく、おもいっきり勝ちにいってくれることだけは確か。こいつだけ早仕掛けとかしてくれたらすごい面白くなるんだけど、それで強みが活かせるとも思えないから難しいところ。

 アルアイン

今回一番注目したいのはこの馬。先週とは違い、国内馬主xノーザンFが大々的にラビットをやるとは思わないが、少なくともスローは狙ってくると思う。

ノーザンFから見た北村友Jは、決して本丸に乗せる騎手ではないし、当馬で勝ちに来ていないことは明白。

スワーブ、レイデオロが勝ちやすいスローを作りにいって、キレ負けすると思う。

あっても3着かな。

 キセキ

最大の惑星はこの馬か。下河辺牧場生産の個人馬主。

この馬にとってはノーザンの本丸がどうとか全く関係のない話だし、1つ叩いたここはもちろんタイトルを狙ってくると思う。

アルアインの番手につけて、遅すぎるようなら早めに動いてしまって
何とか馬券内に食い込んできて欲しい。

3~4角で馬群が凝縮して直線向いてよーいドンの競馬だけは避けてくれ。

それを防げるのは非ノーザン産で先行できるこの馬しかいないので、かなり期待しています。

 ヴィブロス

ノーザンF生産。佐々木オーナーの馬で福永Jが騎乗。

前回シュヴァルグランに乗せて余力残しでしっかり負けたことがとりあえず評価されての継続依頼かと思われる。(注文通りということ。)

ただ、正直僕はまだ完全和解まではいってないと思う。

大舞台での外国人Jの確保が難しくなってきたというのが後押ししている部分もあるし。

今のところ、外国人Jと三浦騎手の間くらいの位置付けでしょうね。

ここで好走出来れば昔の絆が戻るかもしれないし、福永Jとしては何とか結果を出したいレースかもしれない。

左回りの2000でキレ味勝負ならこの馬としても大歓迎だが、一流牡馬相手にどこまでやれるか。
オッズ的には美味しいので相手には買います。

 ミッキーロケット

ノーザンF生産。前走宝塚記念を制覇。もともと調教で動く馬とはいえ、今回も抜群の動きを披露している。

ただ、陣営からのコメントもある通り秋は3戦。ジャパンカップで宝塚記念と同等レベルの仕上げをして、メイチは有馬記念に持っていくとのこと。

今回はキレ味勝負のレースになりそうですし、ポテンシャル寄りのこの馬には向かない流れになるか。

有馬記念では全力で狙いたい1頭。

以上、人気上位8頭を見ていきましたが、そのうち6頭がノーザンF生産馬という状態。

普通にいったらノーザンFの1.2.3で決着するでしょう。

ほんとキセキには今回頑張って欲しいところ。もちろんサングレーザーもね。

印と買い目については、直前の予想記事で改めて公開したいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました