fbpx

日経新春杯2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、日経新春杯2019の予想について書いていきたいと思います。

今週は3日間競馬が楽しめるということでファンとしては嬉しい限りなのですが、それと同時に馬券購入者にはとある適性が求められます。

それは、スタミナ適性です笑。

上がり3ハロンで勝負する瞬発力タイプの方は、もしかしたらこの土曜日の開催だけでライフポイントが赤になってるかもしれませんね笑

そういうタイプの方も、今週だけは、ディープ産駒ではなく自分がステゴ産駒であると瞑想しながら競馬を楽しむことをお勧めしますよ!笑

このアドバイス、もはや手遅れかもしれませんが…笑

くだらない話はここまでにして、早速本題に入っていきたいと思います。

日経新春杯2019予想!

まずは馬場の確認から。

さて、冒頭でつまらない例え話をしたのには訳があります。

先程馬券購入者に対してスタミナ適性が必要だと言いましたが、実は今週の京都の馬場も同じなんですよ。

馬場の考察に関しては、以下の記事ですでに書いておりますのでそちらをご確認ください。

考察内容はそちらの記事を読んで頂きたいので、考察の結果だけ書いておきますね。

・時計がかかる馬場

・スタミナタイプ > 切れ味タイプ

・ラチ沿いのグリーンベルトは無さそう。

これを踏まえて、次に展開予想をしていきます。

展開はどうなる?

おそらくハナをきるのはアイトーンで良いかと思います。

先行勢は、ロードヴァンドール、メイショウテッコン、シュペルミエール、ガンコ、ノーブルマーズあたりでしょうか。1人気のグローリーヴェイズは後方から末脚勝負でしょう。

ペースを引っ張るのがアイトーンですし、ガンコやメイショウテッコン、ノーブルマーズあたりは道中スローに落として脚を溜めてもグローリーヴェイズに楽に取りつかれて捕まるだけですから、スローにはしないはずです。

特にガンコとメイショウテッコンの2頭の鞍上は信頼できるトップジョッキーですし、その辺はしっかりと分かっているはず。

 

アイトーンが平均前後くらいで進めていく中で、ペースを落とさずそのままロンスパに移行して、グローリーヴェイズになし崩し的に脚を使わせるような持続力勝負に持ち込むと思います。

この仮定でいくならば、馬場状況も考慮するとラストのラップは減速ラップになるはずですから、上がりは35.5〜36.5くらいでしょうか。これだけ厳しい流れでも最後までしっかり伸びてこれるようなスタミナと持続力を持っている馬を狙っていきたいと思います。

はじめにもさらっと言いましたが、種牡馬で言えばディープより断然ステゴです。実際、先週もそうでしたしね。

一応、今回の想定をまとめるとこんな感じです。

・馬場は時計がかかるかなりタフな状態。
・グリーンベルトは無さそう。
・展開は平均からのロンスパ想定。
・厳しい流れの中でラスト4.5ハロンの減速を凌いで伸び続けられる、スタミナと持続力を持つ馬に適性あり。

これらの要素を踏まえて印を発表しますが、先にいっておきたいことがあります。

今回の予想は(いつもそうですが)、展開を外したら当たりませんw

スローになった時点で1.2人気にのまれて終わります。

私の◎と○が平均ペースからのロンスパの流れを作れるかどうかにかかっています!!

では印の発表いきます。

本命!!

◎メイショウテッコン

馬場と展開、全てがハマるはずのこの馬に本命を打ちます。

菊花賞では、そもそもスタートから失敗しており自分の競馬が出来ていませんでしたね。その上ペースがこの馬に合わないものとなりどうしようもありませんでした。

しかし今回私が想定している条件は、菊花賞とは真逆のタフさが活きる条件。つまりこの馬のしぶとさを活かせる条件なはずです。

去年もタフだった京都の梅花賞(今回と同じ舞台)で、エタリオウやサトノワルキューレといった骨っぽい相手に勝ち切っていますし、条件さえあえばこの強い世代でも通用する実力をすでに示しています。

今回、鞍上はその梅花賞で騎乗した武豊Jに乗り替わり。武豊Jは先週も京都で騎乗していたので馬場状態は把握しているはずで、強みを活かす競馬が出来ると信頼します。

キタサンブラックと一緒に道中動きたいミルコJを何度も完封してきたように、今回も自ら動いてグローリーヴェイズを完封する事は武豊Jならきっとできるはず。ここは勝ち切るところまで期待して本命を打ちたいと思います。

 

対抗!!

○ガンコ

連続凡走で人気を落としているが、メイショウテッコンと同様今回はこの馬が得意とする条件が揃ったはず。

この馬は、上がりが速い勝負では全然足らず、上がりがかかる時は好走できるという分かりやすい馬です。

・ジャパンカップ
→高速馬場すぎて適性外
・アル共
→上がり勝負で適性外
・オールカマー
→距離不足でかつ上がりも速すぎた。
・天皇賞春
→古馬最強クラスのシュヴァルグランにまともに付き合って、かつ折り合いを欠く内容。

このように、近走は負けた理由が明確です。

もう少し遡ると逆にこの馬の好走レンジが分かります。

・日経賞
→タフな中山で上がりも35.6秒かかっての1着と適性にハマった競馬。

・松籟ステークス
→上がりが35.9秒かかった競馬で1着。ちなみに重馬場。

・昨年日経新春杯
→上がりこそ自身34.8でやや速い競馬となったが、この時期の馬場は良でもとにかくタフな状態だった。その分、適性向いての3着好走。

どうでしょうか?これで分かりやすくなったと思います。今回私が想定している馬場と展開の条件では、もちろん好走レンジに入っていますよね。

好走していた時に乗っていた騎手に手が戻りますし、クリンチャーなどのズブい馬を活躍させるのも得意な騎手です。ここは普通に力を発揮できると思っていますので、対抗評価でいきたいと思います。

単穴!!

▲ルックトゥワイス

ここに出走するムイトオブリガードに昨年秋に2連敗している馬だが、今回はこちらに軍配があがるチャンスあり。

ムイトオブリガードに負けたアルゼンチン共和国杯では、32秒台の上がりが出る瞬発力勝負になりこの馬には向きませんでした。

一方で、前走のグレイトフルステークスではアル共とは真逆の展開となり、ペースが流れて上がりがかかる一戦。

レースの上がりが36.5、かつ減速ラップというタフな競馬になった中で、この馬は中団やや前目から35.9の上がりで伸びきっての勝利。

適性がガンコに似てませんか?ならば当然この馬も上位に取る必要があると考えますので、3番手評価でいきたいと思います。

特注!!

☆シュペルミエール

長期休み明けから3戦連続好走中の馬。ここ3戦は全てタフよりの舞台でしたし、前目につけて持続できる脚があるのはここでもハマるはず。

ステゴ産駒というのも狙いやすいですし、長い距離が得意な北村宏司Jが鞍上というのも心強い。

というか、この馬普通に強いよね。突き抜けて一気の重賞制覇もあるかもしれない。

連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△アフリカンゴールド

この馬も狙い方は同じ。キレ勝負の菊花賞では大敗したが、中距離を前につけて好走してきたステゴ産駒で、その持ち味はここで発揮できるはず。ミナリクJはあまり信用していないが、抑えておく価値はあると思います。

以上の5頭で勝負したいと思います!

買い目公開!!

単勝 ◎(本線)
馬連ワイド
◎-○(本線)
◎○-▲☆
3連複
◎○-◎○▲-◎○▲☆△

◎と○におもいっきり重きを置いて狙い撃ちします。

馬券的には、単勝とワイドに金額多めの分配にしたいと思います。

もう一度言いますが、少しでもスローになれば馬券は外れますw

とにかく、この予想は自分が勝てる競馬を武豊Jと藤岡祐介Jが出来るかどうかにかかっています。

きっとタフな流れを作ってくれるはず!!まじで頼みます!

あっさり1人気に勝たせるなよ!!

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー


コメント