東京新聞杯2019に関するさんたろーの個人的回顧。

今回は、東京新聞杯2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

さてさて、現代競馬は基本スローが多いと宣言しておいて、いきなりペースが流れた重賞にぶち当たり爆死したさんたろーがこのレースの回顧をしてみますね笑。

ほんと、逆神なのかな?と思うレベルのフラグでしたねwww

それでも、基本スローが多いという見立ては変えずしばらくやってみたいと思います。

では回顧いきます。

東京新聞杯2019回顧

レースの質についての見解。

まずは馬場状態から確認していきます。

これについては、あまり大きな馬場バイアスもなく、内外フラットの比較的良好な状態であったとみて良いでしょうね。これは予想段階でお話した通りで間違ってはいませんでした。

読みを外したのは展開の方です。

僕の本命馬ロジクライは絶好のスタート。前を取りにいってくれたのは良かったのでそこは安心してみていたのですが、まさかの行き過ぎるという展開に。

最序盤、ショウナンアンセムとヤングマンパワーの3頭で競り、内のヤングマンパワーは早々にペースを抑えましたが、ロジクライはショウナンアンセムにそのままつっかかるというレースメイク。

スタートから30秒もショウナンアンセムと並んだまま競馬を進めたせいで、600m地点での時計は34.5。当然縦長の展開です。

想定では、スロー予想だったので前半の600mは35.5-36.0前後。

その後もそのまま道中息が入らない展開になり、最初の1ハロンに12.3を刻んだ後は、1度も12秒台を刻んでいません。

11秒台のラップを続けてしまったので、もちろんラストはラップを落としながらの入線。レースの上がりは34.7という、過去の良馬場開催と比べても遅い結果になりました。

理想を言えば、前半600mの地点でショウナンアンセムと2馬身くらい離れてても良かったんじゃないかな?と思うところはありますね。それで少し余裕を作りながら、ラスト4ハロンで動いてくれたらベストだったのですが…

まぁ、僕の予想を軸にした回顧はこんな感じです。予想を外してるのでネガティブ発言が多くなってしまいましたが、決してノリさんを責めてる訳じゃありません。

むしろ、ノリさんは自身の中では良いレースをしたはずなのに…と思っているんじゃないでしょうか。

ここにきて急に何いってんの?という感じかもされませんがもう少し話を聞いてください笑。

理想ではなかったものの、そこまで悪くなかったよという話です。

どういうことかと言うと、ノリさんは多分富士Sのイメージで乗ってるはずですよね。同じ東京マイルの舞台で快勝しているわけですから。

実は富士Sと今回の東京新聞杯、レースラップがかなり似ているんですよ。

そういう意味では、勝てた時のラップを再現しにいったノリさんはそんなに悪い騎乗じゃなかったという話です。

むしろよくここまで再現できたなとびっくりするくらいです。

ただ、秋の東京はJCでワールドレコードが出てしまうほどに馬場が早かった点が、この冬開催とは違うところ。
(冬開催も十分速いけど)

タイムは再現しにいったものの、馬場環境が違った為に馬にとっては今回のレースの方がきつかったはず。だからそこラスト垂れてしまったという感じだと思います。

それに加えて、ルメールJを乗せる時よりは馬が出来ていなかった可能性もありますよね。そもそも冬のこの時期は調整が難しいですし、やはりノーザンFの主戦Jを乗せて勝ちに行く時と比べたら出来は違うのかなと。

でもこれはレースの前に考えられる事ですから、予想に反映させなかった点は反省しなきゃいけませんね。

さて、ロジクライ寄りの見解になりましたが全体の話に戻します。

前後半のラップが45.7-46.2ですから、平均〜ややハイですね。前が飛ばした為縦長の展開になり、道中馬群が凝縮する事もなく4角を回ってきてのラスト直線勝負。

ペースが流れて前の馬はきつなる上に、4角でも馬群が凝縮してないので、差し馬は大きく回される事もなかったですよね。

その分、直線向いた時の位置取りの差はありましたが、あとはバテてくる先行馬を差しきればOKという差し馬優勢のレースになったかと思います。

では、ここまで長くなりましたので、上位各馬に対する所見を簡単に述べていきたいと思います。

1着 インディチャンプ

おもいっきり出遅れるも、自慢のスピード性能で道中ポジションをあっさり回復。ペースが流れていたこともあり、かかるという不安は展開によって回避出来た部分はありますね。

展開もそうですが、そもそも出遅れていたので我慢させる局面がほとんどなかったというのもあります。

また、そのまま4角で馬群が凝縮しなかったことも大きい。馬が固まると詰まるリスクが高くなりますが、あれだけ縦にスペースがあれば進路を取りやすいですからね。4角緩んでいたら、どん詰まりのシーンがあってもおかしくなかった。

結果として、ほとんどロスを被ることなく直線伸びてきての快勝。

まぁ、この馬に向いたことは間違いなかったと思います。出遅れたのに他馬に内を取られずにそのまま内のポジションを回復出来たこと。ペースが流れて抑える必要がほとんど無かったこと。そして直線楽に進路を確保したこと。これだけの事象が重なっての勝利であったことは覚えておきたいですね。

ただ、馬自体が強かったのも確かではあります。いくら向いた展開だったとはいえ、あんなチグハグな競馬でよく勝ったなと思いますね笑。

いくら折り合いを心配する必要がないレースになったとはいえ、前半でリカバリーの為に脚は使ってるわけですからね。

もし出遅れもなく、抑えず気持ちよく走らせたらこの馬どんだけのスピード能力あるんだと期待が膨らみます。

ペースが流れやすい安田記念なら、出遅れないことが条件ではあるけど勝てるチャンスは十分あると思う。また次走に期待ですね。

2着 レッドオルガ

さすがエリモピクシーの子。東京マイルはよく走りますね。これは週中ツイッターで所見を述べた通りなので、特にここで改めて言うこともないです。

あえていうなら、なぜこちらを本命にしなかったんやという反省くらいか笑。

3着 サトノアレス

この馬もペースの恩恵があった馬。馬群縦長で内の進路を取りやすかった。

3.4角でインディチャンプの後ろで絶好のポジションだったと思うけど、捉えきれませんでしたね。でも、微妙に伸びあぐねていたのにラスト1Fはいい脚使って差を詰めてましたから、魅力はたっぷりの内容だったと思います。

この馬、安田記念で4着したこともあるし、ペースが流れた方が良さが出るタイプなんだと思います。本番で穴をあける可能性も十分にありそうですね。

番外編

こちらは、着外に散った馬の中で話したい馬だけピックアップして話すコーナーです笑。

まぁ、今回はタワーオブロンドンだけですが。

タワーオブロンドン

僕は普段事前予想してますからパドックを確認して馬券に反映させることはないんですが、それにしてもパドック素人の僕が見てもスプリンターやろ!!という体つきでしたね笑

前足の付け根のところの筋肉がムッキムキのガッチガチw
ガチムチとはこの事を言うのでしょうかね笑。

ルメールJ自身も、以前からこの馬は距離短い方がいいと言っていましたし実際そうなんでしょう。

そんな短距離方面に適性のある馬にとって、マイルであれだけ流れたらそりゃあキツイですよ。それでも5着まで来てるわけですから十分に強い内容だったと思いますけどね。能力でなんとか頑張ったって感じ。

それに加えて坂もきつかったと思う。NHKマイルも全然だったし、逆に阪神マイルで走れていたのも下り坂があったからと考えると辻褄が合います。

今後もマイルで活躍するには、直線上り坂が無いコースか、スローの末脚勝負になるかのどちらかが条件になってきそう。

ていうかいい加減スプリント使ってみて欲しい。宮記念出れないのかな?出たらめちゃくちゃ期待しちゃうんですけどね。

ということで、今回はこの辺にしておきたいと思います。

今週の重賞は出走頭数少なくてなんだか寂しいなぁ。まぁどんな時でも競馬は楽しいんですけどね。

また今週も楽しくやっていきましょう!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!