fbpx

京都記念2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、京都記念2019の予想について書いていきたいと思います。

今年の京都記念、はっきり言って難しいです。なんと有力馬がほぼ全てタフ馬場に適性があるタイプ。ただ適性ある馬から入ればOKというレースじゃないので、しっかり考察していきたいと思います。

京都記念2019予想公開!

馬場状態に関する見解

馬場状態については、タフな状態ということで間違いありません。

もはやJRAが狙っているんじゃないかというくらい、今年の京都冬開催は開幕からタフな馬場傾向になっています。

日経新春杯なんかかなり顕著でしたよね。あのレース、前半のラップがコースレコードを1秒6も上回るペースで進んでいながら、全体の時計は過去10年で2番目に遅い決着になりました。

これが高速馬場だったら、コースレコードを出せるレベルのラップ推移だったはずなのに後半失速してむしろ凡時計決着ですからね。これはもう馬場がしんどいとみて間違いないはず。

日経新春杯の日から今日まで、特に傾向が変わるような事象も見られませんし、ここは普通にタフ馬場想定でいきたいと思います。

展開に関する見解

逃げ馬不在で、押し出されていくことになるのはダンビュライトかステイフーリッシュといったところでしょうか。

どう考えてもスローを想定した方が良さそうなメンバー構成ですし、ここは素直にスロー前提でいきたいと思うのですが、多分今回重要なのはどこで仕掛けるかというところ。

切れ味勝負に持ち込みたくない馬が多く、前を行く2頭もそのタイプです。スローのヨーイドンとはならず、後半はじりじりとペースを上げながらのロンスパ戦になると予想します。

とまぁこういった想定ですから、当然ながら狙いたいのはキレるタイプよりも持続力タイプ。

そして位置取りとしては前目。前目じゃなくても、離れていない中団の位置にはつけておきたいところです。

有力馬もいますが、後方馬は今回軽視します。ロンスパで各馬じりじりとペースをあげる中で後方から押しげて勝ち切るというのはラップ的にも厳しくなりますし、逆にロンスパに付き合わず直線までじっとしておいて切れ味勝負を仕掛けたとしても、馬場がそれに向かない状態。前半にある程度位置を取れなければ、八方塞がりになりそうな感じが強いです。

(まぁ後方でも、ロンスパが始まる前の緩いラップのところで押し上げて前目につけることが出来れば問題ないのですが、今回はそれが出来そうな外国人Jがいませんから…)

ではこれらの前提をもとに印の発表いきます。

本命!!

◎ノーブルマーズ

展開と適性どちらも向きそうなこの馬からいきます。

この馬は宝塚記念で好走しているように、タフな馬場は問題ないタイプ。しかも過去に重賞で好走した2回は2200、2500という非根幹プレイヤーです。馬場と舞台に対する適性は申し分ないでしょう。

出走各馬を見渡す限り、内目の好位3番手あたりを取れそうで、これまで好走してきた戦略と同じレースメイクが出来そう。その上、私の想定する展開ともマッチしています。

ここは馬場適性、展開利、馬の持続力の高さを評価して本命でいきたいと思います!

対抗!!

○パフォーマプロミス

この馬の過去の好走を見ると、いい走りをする時はスローで脚を溜められた時に限定されています。しかも溜めた脚を瞬発力勝負で出し切るというよりは上がりがかかるタフ条件のレースの方が合うという、まさに今回狙いたいタイプの馬。

好走した日経新春杯やアルゼンチン共和国杯の時も前半でしっかり脚を溜めての好走でした。

今回私の想定はスローですから、好走した時の走りを再現出来る確率は高いとみています。

あとは鞍上がロンスパの流れをどう捌いていくか。ノーブルマーズと同じく、ある程度ポジションを取ることが出来れば好走は堅いと思います。

ただ、藤原厩舎の休み明けというのは少し気になります。事前予想の為パドックを確認するわけにもいかないですし、ここは気にせず適性と脳力を評価して対抗に推したいと思います。

▲ステイフーリッシュ

能力はメンバー中最上位で、自分から動かしてロンスパにもっていける今回は好走出来そうな感じはするのですが、3番手評価までとしました。

理由は2つあります。まず、他の馬もロンスパを狙っており、あまり離れない位置から格好の目標になりそうだというところが1つ。

2つ目は、京都新聞杯。この馬が勝った京都新聞杯は、今回とは適性が逆になると思うんですよね。

ただ単に強いと見ることも出来ますが、適性が違うレースでの快勝は逆に気になるところではあります。

上位2頭の方が今回のレースにマッチしていますし、ここは3番手評価にとどめておきたいと思います。

特注!!

☆カフジプリンス

この印は、え???と思う人が多いでしょうね笑。普通に考えたら厳しいのは重々承知の上でこの馬を特注穴馬に推します。

今回1年半の休み明けですが、ノーザンファームしがらきで調整をされてきており、昔ほど休み明けを嫌う必要もなさそう。

この馬の特性としてはとにかくズブいタイプで、トップスピードに乗せるまで時間がかかるタイプ。

じりじりと脚を伸ばせる今回のロンスパ想定であれば瞬発力は必要ないですし、このタフな馬場もこの馬にとって最高の舞台です。

長期休み明けで追走できるかすら心配ですが、前半は間違いなくスローになる為その辺もなんとかなると都合良く考えれば、穴をあけるシーンがあってもいいかもしれません。あくまで大穴扱いで少し狙いたいと思います。

連下

△ダンビュライト

松若Jで逃げになりそうというのがどうも不安。彼の積極性は評価していますが、果たしてこの馬自身が活躍できるペースで進められるかどうか。

ただ、じりじり伸びてくるタイプの馬なので、ロンスパになりそうな今回は基本的には合うはず。前半のポジション取りでどれだけ脚を使うかと、松若Jのペース配分が鍵になるか。

以上の5頭で勝負したいと思います!

消し馬考察

僕の今回の予想では、タイムフライヤーとマカヒキは後方からになるのでマッチしません。

どちらもズブい馬で、ロンスパは合うのでしょうが、前の馬もその意識でいる訳ですから相対的に押し上げていくのは難しいかと。前半のスローの部分で動かせる外国人Jが乗っている訳でもないですしね。リスクはありますがぶった切っていきます。

買い目公開!!

ワイド
◎-○(本線)
◎○-☆(少額)
馬連ワイドBOX
◎○▲
3連複
◎○-◎○▲☆△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー


コメント