fbpx

フェブラリーステークス2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、フェブラリーステークス2019の予想について書いていきたいと思います。

いよいよやってきましたねー!!

2019年初のG1!!

ルヴァンスレーブは出走していませんが、他の超一流メンバーが揃ってなかなか見ごたえのあるレースになりそうです!

観戦するだけでも十分楽しめそうですが、できれば馬券も当てていきたいですよね^^

まずは馬場と展開について考察していきましょう!

フェブラリーS2019の予想公開!!

馬場状態に関する見解

はっきり言って、ここを外すと馬券があたりません。

・パサパサのダート
→ある程度先行できる、馬格あるパワータイプが有利。

・硬めのダート
→脚抜きが良く、ラストの直線で瞬発力を活かせるタイプが有利。

さらっとかけばこういうことですが、馬場の判断を間違えると、適性が違いすぎてまず馬券は当たらなそうですよね。

さて、その馬場が今年はどうなんだという話ですが、どう考えてもパサパサのダート寄りということで良いと思います。

土曜日の競馬を確認しましたが、砂は乾燥していてかなり舞っていましたし、差し馬が苦戦しているように思えました。実際、新馬戦以外は全て先行馬が勝利していますし、2.3着も前目の馬が多かった。

この結果を見ても、瞬発力タイプに向く馬場ではないのは明白です。オーバーペースになって前が止まる展開になってくれないと、後方からの差し馬にはまず厳しい展開になると予想します。

まとめると、馬場から考える今回狙いたい馬の条件は以下の通りとなります。

・馬格のあるパワータイプ。出来れば馬体重は500kg以上。

・ある程度位置を取れる馬。去年のような直線一気は砂が違いすぎて難しい。

馬場からはこのような狙いでいきたいと思います。

展開に関する見解

逃げるのはおそらくサクセスエナジーになるかと思います。インティも逃げ馬ですが、サクセスエナジーは短距離適性のある馬。1800が主戦場のインティがハナを取り切るイメージが湧きません。

おそらくは内のサクセスエナジーを見ながら出していって、サクセスエナジーが遅いならハナ、速いなら番手でという構えで乗ってくるはずです。武豊Jの体内時計は素晴らしいですから、そこはスタート出てから判断すると思います。

まあ、インティに関しては初のマイル+初のG1というということもあり最序盤普通に主張していけるかどうかという不安もあるのですが、武豊Jがここでいきなり控える競馬をするとは思えず、今まで通り前を狙うスタートになるかと思います。本人としても前目で全体のラップを支配してのバランス勝負が得意な騎手ですしね。

それに続くのはノボバカラ、サンライズソアくらいでしょうか。内枠に入ったことで、ゴールドドリームも少し前を意識した騎乗になるかと思いますが、さすがに番手争いということはないでしょう。そう考えると、今年は例年よりも先行馬が少ない印象。サクセスエナジーとインティがハナの奪い合いが激しくなるようなことが無ければ、おそらくスロー濃厚なんじゃないでしょうか。

私の読み通りサクセスエナジーがハナを取り切った場合はスロー、もし仮にインティがハナを取り切るようなことがあれば武豊Jお得意の淀みない競馬。こちらのケースになれば平均ペースまでは考えられますが、どちらにしてもハイペースになるとは考えられません。よって、今回はスロー~平均ペースで考えたいと思います。

ではこれらの前提をもとに印の発表いきます。

本命!!

◎ゴールドドリーム

私の狙いたい条件にピッタリのこの馬からいきたいと思います。

前走の東京大賞典ではオメガパフュームに負けてしまいしたが、こちらは得意とは言えない条件+頓挫明け。一方でオメガパフュームはローテ順調+得意の右回りの舞台。これだけの条件差(適性差)があってちょい負けの2着ですから、この馬一番の適鞍に戻る東京ダート1600mではまずオメガパフュームよりは上だと思っています。この敗戦から、特に衰えがあるとは感じていませんし、むしろ現時点でも最強クラスであると再認識したくらいです。

そしてなんといっても、今回私が狙いたい「馬格のあるパワータイプ」であるということ。520kg前後の馬体重があり、パサパサのダートでも苦にしないタイプです。後方一気の有力馬よりは前の位置を取りに行けそうですし、その後方一気の有力馬はそもそも今年のダートは合わなそうな状態。

つまり、去年のように抜け出したところを鬼脚で差されるという事態が起こりづらいという事を意味しており、前さえしっかり捉えにいけばこの馬が勝ち負けになるのは私の想定からすれば当然といえば当然です。ここは素直に本命でいきたいと思います。

対抗!!

○サンライズソア

この馬も狙いたい条件にピッタリの馬。馬格のあるパワー型で、好位のポジションも取れるタイプです。チャンピオンズカップでも狙いましたが結果は3着。勝ったルヴァンスレーブが強すぎただけですし、2着のウェスタールンドは藤岡佑Jの好騎乗もあっての差し込みですから、十分強い内容だと評価して良いと思います。

それよりも評価したいのは、JBCクラシックとシリウスS。どちらも先行馬が軒並み止まって差し馬に飲み込まれたレースです。ただそんな差し馬有利の展開でこの馬だけは3着に粘るという強い競馬をしてみせました。

先行してのトップスピードの持続性という観点でいえば現役トップクラスだと評価して良さそうで、あとはいつ展開の向くレースになるかといったところでしょう。そう考えると、今回はまさに絶好のタイミング。何度も書きますが後方からの差し馬には向かないパサパサの馬場で、かつスローペースで前が崩れることもない。となれば、この馬の持続力がハマるレースになると予想してもよいのではないでしょうか。

ここは私の想定にマッチするとみて対抗に推したいと思います。

▲インティ

前走東海Sでは逃げて快勝。最序盤並びかけたスマハマが抑えてくれたのもあり、楽にハナを取れたのは大きかったが、それにしてもラストの直線は強さを見せつけました。

他馬が早々にムチを使って追ってるところを余裕の馬なりで差を詰めさせてない。ラスト200地点で1度だけムチを打つとその後は後続を寄せ付けない走りでの完勝。東海S時点では、左回りは不安と言われていたが、逃げてラチ沿いを走っていればまず問題なさそうな走りはしていました。

今回も、先手を取れればかなり面白い1頭だとは思いますが、やはり問題はサクセスエナジーの存在。展開予想の通り、サクセスエナジーにハナを譲るとなるとスローが濃厚。この馬の持ち味を活かすには平均ペースからのトップスピード持続勝負ですから、スローで運ばれてしまうと持ち味が活かしきれない可能性があります。

それに今回この馬は初めてづくし。そもそもマイルは初めてですし、関東への輸送も初めてです。G1レースも当然初めてですから、最序盤のペースをこなして先手を取れるかはやってみないと分からない部分はありますよね。

これって実はテイエムジンソクに似てるんですよ。東海Sでは逃げて完勝したものの、初のマイルだった本番では短距離馬ニシケンモノノフとケイティブレイブに前を行かれてしまい自分の競馬が出来ずに大敗。

この短距離馬が混じるという事が1800と1600では作るペースに大きな違いを生んでしまう為、たかが1ハロンの距離短縮くらい大丈夫だとはとてもじゃないが言い切れません。個人的な意見ですが、能力的にはテイエムジンソクより上だと評価しています。ただ、同じ不安を持っていることに変わりはないというのが結論です。

ハマれば圧勝まで考えられる能力はありますが、それを具現化させるのが難しいとみていますので、今回は3番手評価でいきたいと思います。この馬はパサパサ条件のチャンピオンズカップで狙いたいですね。

特注!!

☆ユラノト

能力が足りるかははっきり言って微妙ですが、今回は3着ならあってもいいかもしれない。

まず、この馬は立ち回りがうまいタイプで、そつなく走ることができる馬。逆に言えば決めてに欠けるということですが、こういったタイプはまず距離ロスがあってはだめです。そういう意味では今回絶好の内枠を引くことが出来ましたよね。

あくまで一貫して言いたいのは、差しが効きづらい馬場+ハイペースにならないという見立てがあっての特注穴馬ということです。この馬の好走パターンは内枠+前有利決着と分かりやすい馬ですので、条件が揃った今回、たとえG1とはいえそこそこ期待しても良いかもしれません。内枠のこの騎手は不安でしかないですけどね。ただ今日はそんなに日差しもきつくないですから普通に乗ってくれるでしょう。

連下には、差し馬を抑えます。ここまで読んで頂いたら分かると思いますが、基本今回は差し馬を重視していません。その中でも、抑えるべきなのか切るべきなのかを判断して、抑えるべき馬に△を打っています。かなりせめてますけどねw

連下

△クインズサターン

東京マイルが大得意のクインズサターンは抑えておきます。
前走は、大外分回しが信条の四位Jとは思えない内を突く好騎乗(失礼w)があり好走しましたが、今回も見事に最内を引きましたね。パサパサのダートが得意なタイプとは言えませんが、距離ロス無く最内が見事に空くシーンがあれば、3着まで突っ込んでくる可能性はありそうです。

△オメガパフューム

右回りの方が得意というのま間違いないですが、鞍上の手腕を期待して抑えます。ノンコノユメやサンライズノヴァはただただ直線大外一気しか出来ないタイプの馬+鞍上ですが、オメガパフュームはそうではありません。スワーブリチャードを大阪杯で1着に持ってきたように、左回りが苦手なのであれば対策を練って騎乗してくれるのがミルコJという男です。

馬の能力を引き出す騎乗というより、今回の条件で勝てる騎乗という判断が日本一うまい騎手と私は見ています。今回もただ外から差すだけの競馬をしてくるとは思えず、なんとかして上位に突っ込んでくる騎乗を考えているはず。鞍上込みで抑えておいて損はないと思います。

以上の6頭で勝負したいと思います!

消し馬考察

サンライズノヴァ、コパノキッキング、ノンコノユメは今回消します。まず馬場も展開も向かないはずで、差し遅れて掲示板止まりというイメージです。砂被りNGで外を回す競馬がほぼ確定的なのもマイナスポイント。ミルコJのように勝負強い騎乗が期待できる鞍上でもないですしね。それにこれらの馬を買っていたら僕の予想の根拠とマッチしないですし、怖いですがぶった切って勝負したいと思います。

買い目公開!!

馬連ワイド
◎-○(本線)
3連複
◎-〇▲☆-〇▲☆△△
3連単
◎-〇▲☆-〇▲☆△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー


コメント