馬場と展開読みに関するさんたろーの個人的見解。

今回は、一風変わった記事を書きたいと思います。

喜べば良いのか悲しめば良いのかよく分かりませんが、僕のブログでは予想記事よりも回顧記事の方が好評なんです笑。

多分、馬場と展開が実際どうだったかの確認として見に来てくれているんだと思います。僕も当然、それが非常に重要だと思っているので回顧記事を書いている部分はあります。

今回は、何故回顧を熱心に書いているのかという話から、馬場と展開を読めれば得する事が多いという話をしたいと思います。きっと皆さんのモチベーションも上がると思いますので、お付き合い頂ければ嬉しいです。

馬場と展開読みに関するさんたろーの個人的見解。

現代競馬のオッズ形成について

馬場と展開読みの話だと言っているのに、見出しはオッズ形成についてです。さんたろーの頭がいかれた訳じゃないので安心して下さい笑。

たまたま話しやすい題材がありましたので、先日の中山記念を例にとって話したいと思います。

今回の中山記念、この時期のステップレースにありがちな決着って感じしませんか?

 

 

叩き仕上げだった有力馬が飛び、ここがメイチだった中穴での決着となりましたよね。でも、馬券購入者のレベルが上がってきているからか、あまりオッズはついていないですね。はっきり言って、この決着で3連複3260円は安すぎでしょう。

まぁ、メンバーが揃っていたし、そもそも少頭数というのもありますが、それにしても中穴を抑えてもオッズがつかない事が最近は多い気がします。特に連系馬券はそれが顕著です。

連系馬券を買う人の大半は中級者以上でしょうから、見え見えの叩き仕上げの馬よりも中穴のメイチ馬を重視して買えているということでしょうか。

これはもう現代競馬では仕方のないことだと思います。今の馬券購入者のレベルがガクッと落ちることでも無い限りはその傾向は続くと思います。

 

理由としては、どの馬がメイチかというのがネット社会となった今では情報が取りやすくなったからというのもあると思います。

じゃあそんな情報社会の中、より美味しい穴馬を見つけるにはどうすれば良いでしょうか?

その力を身につける為に馬場と展開読みがあると僕は思っています。

美味しい穴馬を捕まえる為に馬場と展開を読む。

僕は美味しい穴馬を見つける為のファクターの1つとして、馬場と展開を読むというのが有効だと考えています。

先程も書いた通りで、どの馬がメイチかというのはもはやネット上で豊富に扱われていますが、馬場と展開はそう簡単にはいきません。

もちろん情報を発信しているサイトはたくさんありますが、各サイトで言ってる事が真逆な時もありますし、僕だってなんだか偉そうな事を言ってますが普通に外します。というか毎回当てるなんて不可能な話です。

でも、完全に馬場と展開を読み切った上で、その条件でしか馬券内に来れないような馬を捕まえた時のオッズって美味しくなると思いませんか?

だって難しいファクターから馬をチョイスしている訳ですから。大多数が簡単に買える馬ではないという事です。

そんな美味しい穴馬を見つける可能性がある馬場と展開読みですが、馬券的にはもう1つ得する事があります。

馬場と展開を予測すると無駄な馬券が減る。

馬場と展開を予測して馬券を買おうとすると、必然的にその条件にあった馬を中心として馬券を組むようになります。

僕は能力順で印を打つ事は絶対にありません。基本は馬場と展開利込みでの好走率を加味して印を打っています。

そうやっていくと、能力が高い馬でも今回は向かないと思えば印を下げる事が出来ますし、なんなら無印にも出来ます。

僕が初心者だった頃は、強いから買っておかないとなぁ〜と思って、結局1.2.3人気の組み合わせの馬券を買ったりしてましたが、今ではそれはほぼありません。

例えば、1人気が強烈な追い込み馬、2人気が先行馬だったとします。馬場と展開から追い込み馬には今回不利だな。と予測する事が出来たら、能力を評価してても1人気を自信を持ってぶった切ることも出来ますよね?

つまり、馬場と展開を読めれば、穴馬を見つける為の武器にもなるし、有力馬の評価を下げる為の武器にもなる。難しい反面、読み切る事が出来ればダブルで美味しい要素なんですよね。

なんだか宣伝みたいで恐縮ですが、直近の僕の予想で言えばフェブラリーSのですね。馬場と展開予想からこそ特注穴馬に推したユラノトを捕まえる事が出来ましたし、人気していたコパノキッキング やサンライズノヴァ、ノンコノユメ当たりには印を全く打ちませんでした。

結果は1.2人気絡みになってしまい安かったですが、ユラノトのような穴馬を捕まえていくためには馬場と展開を読めるに越した事はないと僕は思っています。

↓ご参考までに読んでみて頂けると嬉しいです。
フェブラリーS予想
https://santaro-blog.com/003-49/

でも、実際にその馬場と展開を読む力をつけるためにはどうすれば良いでしょうか?

回顧で予測力をあげよう

馬場と展開を予測する力を身につける為には、やはり過去のレースを振り返って学習するしかないですよね。だからこそ僕は回顧に力を入れて記事を書いています。

自分が予測した馬場が結果どうだったのか。展開を間違えたのなら、どんな要因で外れたのか。ペースを読み違えたのはどの馬が原因なのか?できる限り具体的に書いているつもりです。

具体的に書いているのは自分の為でもありますが、どこをどう考えて回顧したらいいの?と思っている読者さんの為でもあります。

僕が正しいなんて微塵も思いませんが、さんたろーっていう人の場合はこうやって回顧してるんだな。と少しでもお役に立てれば嬉しいなと思って書いています。

まぁ、僕は馬場と展開の他にもノーザンFの動向や騎手がどう考えているかといったあたりの妄想が爆発する時が結構あるんですけどね笑。

ただそれは毎回のレースで使える要素ではありませんから、僕の妄想が爆発したときはおまけが来たぞと思ってください笑。

まとめ

さて、なんだか自分ブログの宣伝記事みたいになってしまいましたのでそろそろ締めたいと思います笑。

回顧をする理由をまとめるとこんな感じでしょうか。

①馬場と展開を予測する力が上がる

②予測する力が上がると美味しい穴馬を捕まえられる確率が上がる

③さらにはどの人気馬を切ればいいかの判断しやすくなる

簡単にまとめすぎましたが、基本はこの3つの為に馬場と展開の予測→回顧というのを繰り返しています。回顧記事に関しては、まだ自分だけでは回顧出来ない!といった方のお役に立てれば嬉しいなと思っています。

とりあえず先日のレースの回顧記事をこれから執筆したいと思います。

良かったらまたブログに遊びにきてくださいね!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!