弥生賞2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、弥生賞2019の予想について書いていきたいと思います。

最近は外厩の発達により、ノーザンFの最上位の馬は叩きの1戦を使わないことが本当に多くなりました。

去年で言えばアーモンドアイがその代表例です。桜花賞はシンザン記念から間隔を空けての直行。秋も前哨戦を使わずの本番2走だけでしたよね。

そういった背景からか、今年も弥生賞はフルゲート割れ。近年の外厩の発達は喜ばしいことですが、競馬ファンとしてはステップレースで別路線を歩んできた有力馬が激突するという構図が見れなくなったのは少し寂しい感じもしますね。

そんな頭数が集まらない弥生賞ですが、今年ははっきりいって馬券的には難しい。◎カントルで鉄板かと思っていましたが、そうも言っていられない状況になりました。

では予想いってみたいと思います。

スポンサーリンク

弥生賞2019予想!!

馬場状態に関する見解

ここが、週中予想していた印をひっくり返されることになった要因です。

先週の中山記念の回顧記事でも書きましたが、今の中山は高速馬場。

今日のオーシャンSもそうです。スプリント戦だからどこまで参考にしていいかというのはあるものの、テンの3Fを32.8というめちゃ速のペースで逃げたモズスーパーフレアがそんまま止まらずに勝っちゃいましたよね。

馬が強かったというのはあっても、こんなの馬場が速くなきゃ無理な芸当だと思います。なんとか食らいついたのはナックビーナスのみです。

これは、人気馬が普通に好走したと見るより、馬場も展開も速すぎてスピード性能が高い馬しか走れない競馬だったと捉えた方が良いと考えています。

着差を見ても、3着以下を大きく引き離していますからね。紛れを起こせる展開と馬場じゃなかったという感じでしょう。

これらの内容から、高速馬場である事は明白。なんですが…..。

明日、朝から雨なんすよね!!!泣

どうやら9時頃から降り始めて、弥生賞が終わるまでは間違いなく降り続きそうな予報。

こんだけわかりやすい馬場状態なのに、なんで雨なんか降るんだと泣きたいくらいですが、落ち着いて予想に反映していきたいと思います。

さて、さすがに高速馬場とはいえ、開催時間にずっと雨が降るのであればタフにはなるはずです。

当初はディープ産駒のカントルが瞬発力で差し切ると見ていましたが、タフ馬場に向く馬に予想をシフトしたいと思います。

展開に関する見解

展開に関しては、ちょっと予想するのが難しいかもしれませんね。

これといって逃げ馬がいませんからね。あえていうなら、ラバストーンでしょうか?江田Jなので、人気薄の先行馬なら積極的にいきたがるでしょうし。

他の有力馬は、内枠4頭揃って前走は前目の競馬でしたから、スタートさえ出ればこれらが先団を形成する形になるでしょう。

レース全体のペースはラバストーンの逃げ方次第ですが、有力馬がいる先団はおそらくスロー。ラバストーンがどう逃げようと、マークするべき相手ではないですし、速いペースで逃げていってもついていかないかと。

スローで流れていくとして、勝負は3角手前付近から。今回はニシノデイジーがそこそこ積極的なレースメイクを示唆していますから、押していきながらのラスト4F勝負という想定でいきたいと思います。

ではこれらの前提をもとに印の発表をしたいと思います。

本命!!

◎ニシノデイジー

雨で評価をあげることにしました。上位人気各馬はそれぞれディープの血が入っている馬。一方でこの馬はハービンジャー産駒で渋い馬場は得意なタイプです。

過去の実績から見ても札幌2歳やホープフルで好走しており渋った馬場の適性には裏付けがあります。

陣営の話だと、ある程度積極的に乗るという話ですし、ロンスパの展開になるなら余計にこの馬に有利な展開。

勝浦Jとしても、いくら賞金がありクラシックに進める状況とはいえ、乗り替わりの怖さから下手な競馬は出来ないでしょう。

今日のウイニング競馬でダービーまでは乗れそうだけど確定していない、といった様な発言もありましたし、めったにないチャンスですからしっかり乗ってくるはず。

これらの理由から、本命に推したいと思います。

対抗!!

○サトノラディウス

この馬はディープ産駒だがこの条件で狙いたい。

前走はタフな京都開催だった梅花賞で1着。ディープ産駒ながら、決して切れ味が強みの馬ではなく、むしろニシノデイジーがロンスパを作ってくれた方が活躍出来そうなズブいタイプの馬です。

新馬戦こそ速い上がりを使いましたが、あれは超絶ドスローでのもの。基本的には今回のようなタフで時計がかかる条件の方が合うタイプとみて、対抗で狙っていきたいと思います。

▲ヴァンケドミンゴ

僕の予想がタフ馬場前提になった事で、一気に評価が上がった馬。

この馬は、昨年皐月賞で穴をあけたサンリヴァルの全弟。血統背景で言えば間違いなくタフな馬場は得意なはずです。

ここまで負けてきたレースは、適性が合わなかったもの。前走はレコード決着、新馬戦は上がりの速い競馬とどちらもこの馬の良さを出せるレースじゃありませんでした。

今回は雨の影響で速い上がりも出なそうですし、もちろん時計もかかるでしょうから、この条件ピンポイントでなら狙える1頭だと考えます。

正直対抗でも良かったのですが、なんせ鞍上がミナリクJですから….

ここは3番手評価でいきたいと思います。

特注!!

☆ナイママ

ここも徹底してタフ馬場適性狙い。

札幌2歳Sではタフな馬場で好走しており、雨で馬場が渋るのは大歓迎。うまくニシノデイジーが作るロンスパの流れにのっていけば、この馬の高いスタミナ性能を活かせそうです。

柴田大知Jは早仕掛けの競馬が比較的多く、ロンスパの流れにしっかり乗れそうなのもポイント。

あくまで穴馬扱いですが、条件がハマりそうな今回は狙ってみたい1頭です。

連下

△ラストドラフト

この馬は抑えなきゃいけませんね。京成杯ではスローのロンスパから抜け出しての勝利で、今回も同じようなレースをすればチャンスは十分ありそう。

ただ上位にとった馬と違うのは、雨馬場への適性はやってみなきゃ分からないというところ。

それでいて人気しているわけですから、抑え程度の評価でいいのかなという感じです。

以上の5頭で勝負したいと思います!

スポンサーリンク

買い目公開!!

ワイド
◎-○(本線)
◎-▲☆
馬連
◎-○▲☆
3連単
◎-○▲☆△-○▲☆△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました