弥生賞2019に関するさんたろーの個人的回顧。

スポンサーリンク

 

今回は、弥生賞2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

今日は各競馬場荒れまくって大変でしたね笑。単勝万馬券出すぎですw

そしてなんといってもwin5!4億6000万のキャリーオーバーなら、来週参戦するしかないでしょう笑。

興奮しすぎてもう来週の事を考えたくて仕方ないのですが、とりあえず弥生賞の回顧をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

弥生賞2019回顧

レースの質についての見解

まずは馬場から振り返っていきたいと思います。

中山は高速馬場となっていましたが、雨の影響を考慮してタフ馬場想定に予想を変更。これは間違っていませんでした。後半戦は各馬内を避ける騎乗が目立ちましたので、内外の差も大きかったと思います。

ただ、間違ったのは印。馬場想定があっていたのに、ここまで印が噛み合わないのは本当に久しぶりです泣。一体なんのために馬場をこんなに想定しているのか….。これは猛省して次に活かすしかありませんね。

次に展開を確認してみます。

有力馬のラストドラフト、ニシノデイジー 、カントルが最序盤好位を形成。ヴァンケドミンゴが被せるように外から先団に加わっていきましたが、結局ラストドラフトがハナを切ることになりました。

ニシノデイジーが抑えながら前を譲ったことで、ラストドラフト、ヴァンケドミンゴ、カントル、ニシノデイジー という隊列が確定。その外をナイママがじりじりポジジョンをあげてくるといった展開になりましたね。

この馬場の影響と、クラシックへの出走権がかかる1戦ということもあり、各馬前目のポジションは強く意識しての騎乗にはなっていたと思います。

ペースを振り返りますが、前半1000mの通過は61.8。これだけみたらスローと思われる方もいるでしょうが、前後半は61.8-61.5の平均ペースです。ラップ構成を見ると、特に緩むところは無くたんたんと進んでの平均ペースといった感じ。

タフな馬場でこのラップ構成は、はっきり言って前目の馬にはキツすぎます。特に3歳のこの時期の中山2000ではなおさらです。

本来であれば前目の馬は向正面〜3角あたりで息を入れたかったはずですが、ナイママが超早めに動いてしまった影響でその暇がありませんでした。

はっきり言って、ナイママのせいで前目の馬が1頭も馬券に絡まない事態になったと言ってもいいと僕は思います。

ナイママ自身は、ああしてスタミナ勝負に持ち込む必要があったので悪い騎乗では無かったと思うんですが、各馬に影響を与えた決定的な騎乗だったのは間違いないですね。

皮肉な話ですが、権利獲得の為に前目を意識した馬達が沈み、その後ろでどっしり構えていた3頭で決着してしまうという構図になってしまいましたね。

それでは各馬の所見いきたいと思います。

1着 メイショウテンゲン

win4まで勝ち残っていた人たちは、この馬が直線余裕の手応えで抜け出して来た時は白目を剥いたことでしょう笑。

はっきりいって、いくら馬場の手助けがあってもこの馬がどうこう出来るレースにはならないと思っていましたが、終わってみれば割と楽に勝ってしまいましたね汗。

これは、父のディープよりも母のフレンチの方が影響しているのでしょう。他馬が苦戦しているなか、直線での手応えは余裕すら感じる程の快勝。

まぁ、池添Jが冷静に乗れていたというのもかなり大きかったと思います。

前にマークすべき人気馬がいながらも無理せず中団から。この馬自身で自然と取れる位置をリラックスして走らせてあげた感じ。

ナイママが早めに動いたおかげでこの馬もロンスパ気味にまくっていき、直線向いた時には馬場の良いところを確保。展開と馬場の手助けが大きかったので、能力はまだ半信半疑です。

はっきり言って、本番に繋がるとは思いませんが、とりあえず皐月賞には出てくるんでしょう。

最低でも今回のようなタフな馬場が必要になりそうです。

2着 シュヴァルツリーゼ

よくぞ2着までこれたなという感じ。まずスタートで例の武豊タックル(笑)を食らってほぼ最後方から。なんでこれが話題にならないのか分からないくらい致命的な不利だったと思います。

当然ながら良いポジションは取れず、大外からまくっての直線勝負になりましたが、これが逆に功を奏した感じ。

要はこの馬もナイママの恩恵が大きかった感じです。後ろ有利の展開になった上に大外を回した事で必然的に馬場が良いところを通せた。

先行馬のうち2頭が内に拘ったまま競馬をしてましたが、かなり苦しそうでしたから、内外の差も大きかったと思います。

ハーツクライ産駒は成長力ありますから、今後どのように成長するか楽しみですね。

3着 ブレイキングドーン

失礼な話ですが、福永Jのこれほどまでに良い騎乗は久々に見ました笑。この馬の3着は今回ベスト中のベストでしょう。

まずスタートはすんなり出ていたのにも関わらず下げて後方から。どう考えての位置取りだったかは分かりませんが、結果的にこの位置はベストだったと思います。

勝負所までは先団と離れたまま進め、3角あたりから徐々に進出。外にシュヴァルツリーゼがまくってきたところで上手くこの馬もスパート。

ここはまじで上手かった。タイミングを上手くとってスパートをかけることで、シュヴァルツリーゼを余計に膨らませて楽に行かせませんでしたよね。

それでもシュヴァルツリーゼに差されてしまったのは、もうどうしようもないですね。上手く乗ったと思います。

クラシックについては、はっきり言って厳しい。今回は力を出し切っての3着と見るべきだと感じましたので、普通に足りないと思います。

4着 ニシノデイジー

勝浦J、やってくれたなという感じ笑。

本当、この人には余裕というものがありませんね。これだけの馬に乗せてもらって乗り替わりが怖いのは分かりますが、なぜこんなガチな競馬になってしまうのかなぁと不満が出てきてしまいます笑。

実績上位の馬で1人気。クラシックへの出走はここで無理する必要は全くないのに、なぜ馬場の悪い内に拘ったんでしょうか?

カントルはまだ分かりますよ。格下馬でここは優先出走権が欲しい立場。一発逆転の為にロスを抑えて何とか3着内に残せるよう勝負しにいった訳ですから。

それと似た競馬になったのは、勝浦Jが不安でしょうがないからとしか思えない。

下手な競馬をしたら乗り替わりがあるかもしれないから、とにかくロスを被る事は避けようといった感じの騎乗。ミルコJがやった騎乗とはまるで意味合いが違うでしょうね。

ミルコJは馬場が分かっていながらの最内での一発勝負。勝浦Jはただ下手に乗って乗り替わりになるのが不安だったからタイトに回ってきただけ。馬場は特に読めてないんじゃないかなぁという印象でした。

むしろ今回、馬場の悪いところを通した騎乗の方が馬主に印象悪いと思うけどなぁ。本番前に馬に負担をモロにかけるような騎乗すんなよ!って僕なら思いますけど笑。

はい、では言いたい放題やらせてもらったところで今回の回顧を終わりたいと思います笑。4着のニシノデイジーの所見は、僕の妄想でお送りしておりますのでご了承ください!笑

ではまた来週も頑張っていきましょう!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました