中山牝馬S2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、中山牝馬S2019の予想について書いていきたいと思います。

今週はなんと、ツイッターで仲良くさせて頂いている予想家の皆様とコラボ予想をやらせて頂く事になっております!!

対象レースはこの中山牝馬S。予想家が集まって、総評としての印を出そうという企画ですので、宜しければ私のツイッターからチェックしてみてくださいね^^

当然ながら、コラボさせて頂くには相応の予想を持って臨みたいと思っておりますので、ここは気合も十分です。

いつもそうですが、より一層全力で予想していきたいと思います!!

スポンサーリンク

中山牝馬S予想!!

馬場状態に関する見解

正直、先週の馬場にはやられましたね。完全に高速馬場だったのに雨のせいで急変。

内外の差が大きいタフな馬場にシフトしておりました。

この週中にも雨は降りましたから、一気に回復という訳にはいかないでしょう。ただ、先週と全く同じと考えるのは違うと思います。

まず、先週とは含水率が違う。週中に雨が降ったとはいえ、金曜土曜と2日間晴れが続く予報になっており、まず間違いなく表記は良馬場開催でしょう。

ただ表記は良馬場でも、先週の土曜日までの高速馬場とは質が全く違うものだと想定していた方が良いでしょうね。もちろん時計もかかるようになってるはず。

加えて、内外の差も考慮した方が良いかと思います。弥生賞もそうでしたが、その後の12Rでも内を避ける騎乗が目立っていました。

この騎乗を見る限りでは、たった1週間で内が回復してフラットになるイメージは湧きづらい。先週の内外の差が多少は残っていると考えた方が自然な気がします。

「時計のかかる乾いたタフ馬場。外の方が若干伸びる」

馬場に関してはこんな想定でいきたいと思います。

それと、頭に入れておきたいのは中山1800の牝馬重賞はそもそもタフなレースだということです。

ここ3年はスローペースであるにも関わらず、逃げて活躍したのは去年のカワキタエンカのみ。

2016年なんて前後半51.5-46.6のドスローバランスでしたが、中団〜後方の馬で馬券内を独占しましたからね。基本的には、前を行く馬にはキツイレースだと考えて予想を組み立ててもいいかもしれません。

では少しまとめてみます。

【馬場状態】
乾いたタフ馬場でスタミナ適性が問われるはず。時計もかかりそうでパワー型有利か。伸びるのは外。

【レースの質】
牝馬にはキツイ環境のレース。最後まで垂れずに伸びてこれるタイプが有利。瞬発力タイプが向くレースじゃない。

この2つの観点から、今回狙う馬は、

「スタミナ適性が高いパワータイプ」

ということで良さそうです。そして外差し競馬を得意としている馬であればより向いていると判断します。

スタミナ適性が必要だと感じているので、マイルで活躍する馬より2000以上でも走れてる馬の方がいいかもしれませんね。

展開に関する見解

おそらく、カワキタエンカが逃げてミッキーチャームが番手というのが1番あり得るパターンかと思います。カワキタエンカは去年それで好成績を収めてますしね。

ただ、前年は49.2-47.7のバランスで逃げましたが、ミッキーチャームが番手にいると簡単にスローは刻めないかもしれませんね。

例年通りスローを想定していきたいと思いますが、ミッキーチャームにつつかれての平均、もしくは早めの仕掛けまで想定しておきたいと思います。

そうなると、余計にスタミナ適性が必要になってきますね。

では印いきます。

本命!!

◎ウラヌスチャーム

私の想定にぴったりのこの馬から。

ローズSでは権利確保の為にガチガチのメイチで挑んだ1戦だったはずが、まさかの差し遅れで5着。

能力は足りていたと今でも思いますが、とにかくエンジンのかかりが遅い馬。陣営もそれを考慮してかローズSの後は力の出し切れる2000以上の距離で結果を出してきました。

今回は1800mに戻りますが、上述のようにタフなスタミナ戦を想定していますし、ウラヌスチャームの2000以上の経験値はここでも活きてくるはず。

しかも、もともと坂のある中山は(1.2.0.0)と得意な舞台。他馬の脚がとまりかける中、この馬は最後まで伸びて来れるでしょう。

鞍上のミナリクJがどうかというのはありますが、今回は信頼しやすいタイミングだと思います。

私の想定通りならば馬場は内外に差がある状態。内が荒れているはずですが、枠順からしてそこを通ることはまずないはず。

それにミナリクJは比較的位置を取りに行くタイプですから、スタミナ適性をより活かしやすいですし、ローズSのような差し遅れの可能性も低くなるとみています。53kgで斤量も恵まれていてエンジンかけやすそうですしね。

ここは本命で勝負したいと思います!

対抗!!

○フロンテアクイーン

G3クラスなら能力は上位。とにかく堅実に走るタイプで、中団から必ず脚を使ってくれる馬。去年の2着馬ですから舞台適性はありますし、毎度重賞で好走を繰り返していながらもタイトルを持っていない為か斤量は54kg。

鞍上は三浦Jですが、ミナリクJと同じ理屈でこの枠からなら普通に能力は出し切れると思います。

ここも頭まではどうかと思う部分はありますが、好走という面では信頼度は高そうです。ここは対抗評価でいきたいと思います。

▲ワンブレスアウェイ

愛知杯はフロック視されてるんでしょうか?やたらと人気ないですし、前走重賞勝ちなのに斤量も54kgのまま。

大外枠ということでも人気を落としている気がしますが、この馬場ならむしろ内枠より良いと僕は思います。

2000mの愛知杯で好走できていることから今回狙いたい距離適性の馬にも当てはまりますし、タフな中山が得意なステイゴールド産駒。

再度の重賞好走があっても驚けないです。

おそらくこれが引退レースになるでしょうから、いいレースを期待したいですね。

特注!!

☆フローレスマジック

もうね、こういう馬は抑えておかなきゃダメですよ笑。

馬場がどうこうと言っておきながらいきなり妄想モードに入りますが、ノーザンFx石橋Jで人気が無いなら抑えておいて損はないです。

もともとルメールJが惚れ込んだ馬でずっと騎乗し続けていましたからね。素質は相当なんでしょう。

ディープ x Storm Catで血統からも今回は合わなそうですし、そのイメージ通りと言えばいいのか正月のタフな中山では凡走。

今回も舞台適性的には合ってないはずなのにまた中山に出走を決めてきたあたり、なんか怪しくないですか?笑
しかも主戦のルメールはノームコアに乗るのが分かっていながらですからね。

来たらいやだなーと思う人だけ抑えておいたら良いと思います笑。

連下

△ノームコア

さて、通常営業に戻ります笑。

斤量55kgでも能力は上位と見ていますが、ここは印を下げます。

まず、何度も言いますが内枠というのは馬場状況的にマイナスだと思っている点が1つ。

それと並び。おそらく、最内のアドマイヤリードはある程度主張しますし、外からはカワキタエンカ、クロコスミア、ランドネと前を狙う馬が被せて来る形になるでしょう。

とすると、必然的に位置を下げざるを得ない競馬となりそうで、位置取り的には外枠の差し馬と並んで走る感じになるか。

とすると、外枠の差し馬にマークされて簡単には外に持ち出せないと思いますし、馬場の悪いところを掴まされる可能性が最も高いと考えます。

しっかり追えれば、乾いたタフ馬場が得意なハービンジャー産駒なので普通に通用するとは思うんですが…。

明確な不安点がありますし、上位に取った馬の方が魅力があるのでここは連下までにしておきたいと思います。

△カワキタエンカ

前目の馬ではこの馬を唯一抑えておきたい。

前年の勝ち馬で、タフな中山は得意な舞台。ランドネやミッキーチャームにちょっかいを出されると一気に厳しくなりますが、テンの速さですんなり単独の逃げになった時は怖い。

池添Jは先週も馬場をしっかり読めていたようですし、逃げて4角から少し内ラチを避けたところで勝負してくれば3着に残る可能性もあると思います。

以上の6頭で勝負したいと思います!

スポンサーリンク

買い目公開!!

ワイドBOX(メイン)
◎○▲(厚め)

3連複6頭BOX(印全頭)
3連複◎▲-印6頭-印6頭

3連単
◎▲-◎○▲☆-◎○▲☆△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました