中山牝馬S2019に関するさんたろーの個人的回顧。

この記事では、中山牝馬S2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

みなさん!今回の予想はばっちり当てる事ができましたよー!!本命対抗の2頭でワンツーフィニッシュでした^^

3着抜けは痛かったですが、十分にプラス収支となることが出来ました。

今回選んだ上位馬については、馬場をしっかり読むことが出来たからこそだと思います。

こういう馬券の取り方は、たまたまでは無く狙ってとれたものだと胸を張って言うことができますね。

自画自賛はこのくらいにして、本題の回顧に入りたいと思います笑。

中山牝馬S2019回顧

レースの質についての見解

まずは僕の予想時の見解から振り返ります。

予想時の見解

【馬場状態】

乾いたタフ馬場でスタミナ適性が問われるはず。時計もかかりそうでパワー型有利か。伸びるのは外。

【レースの質】

牝馬にはキツイ環境のレース。最後まで垂れずに伸びてこれるタイプが有利。瞬発力タイプが向くレースじゃない。

この2つの観点から、今回狙う馬は、

「スタミナ適性が高いパワータイプ」

ということで良さそうです。そして外差し競馬を得意としている馬であればより向いていると判断します。

ーーーーーーーーー

このように考察した理由については予想記事の方をお読み頂ければと思いますが、この読みはほぼ正しかったと思います。これがそのままま回顧と言ってもそんなに間違ってない気がする笑。

実際どうだったかというと、馬券圏内には外差し馬が独占。

内をついて伸びて来た馬を見ると、最先着は6着のクロコスミア。馬券内どころか掲示板を外差しの馬が独占する形になりました。やはり外の方が伸びる馬場だったということは間違いなさそうです。

次に、瞬発力タイプよりもスタミナ適性の高いパワータイプ有利と書いたのもハマりました。

ラスト3Fの上がりは35.5。上がり最速の馬でも34.6でした。中山ということもありますが、早い時計ではありませんね。

この時計の中で最後まで伸びれた馬が上位を独占したという事ですから、やはり瞬発力タイプではなくスタミナ適性の高いパワータイプが最後まで伸びてこれた、という見方で良いでしょうね。

全体のペースですが、前後半48.3-47.9のミドルペース。まあ、この馬場では実質的にはややハイペースでしょう。こんなに流れてしまっては、そりゃあ前の馬はつらいし、レースの上がりもかかるでしょう。

これらの要因から、馬場の影響+ペースのダブルパンチでモロにタフな消耗戦になったという感じでしょうか。

それでは各馬の所見いきたいと思います。

1着 フロンテアクイーン

この馬にとっては、特に奇策を練ったわけでもなく、いつも通り中団に構えて最後伸びてくるというスタンダードな競馬でした。

ペースが流れてくれたというのは大きいですが、三浦Jもお見事。

馬場のいいところを通しつつ、距離ロスも最小限に抑える良い騎乗でした。

ラストの直線はあのラインで多分ギリギリだったかもしれませんね。隣のフローレスマジックがいい目安になっていたのですが、その内と外では伸び方が全然違いましたね。

どこまで馬場を読めていたかわかりませんが、いいところを走らせることが出来ていました。重賞制覇おめでとうございます。

2着 ウラヌスチャーム

よくぞ2着までこれたなという感じ。まずスタートで蛯名Jにタックルを食らってほぼ最後方から。なんでこれが話題にならないのか分からないくらい致命的な不利だったと思います。

当然ながら良いポジションは取れず、後方から進める展開になりましたが、ペースが流れた事が救いでしたね。4角手前ではすでに前の馬の手応えが怪しく、馬群は一気に凝縮。ここで比較的楽にポジション差を詰めることができました。

4角を回すところでは、綺麗にスペースを確保していて、あとはこのタフなレースでも伸びてこれる当馬のスタミナ適性を活かすだけといった感じでしたね。

こういうタフなレースには適性が高いことを改めて証明してくれました。

でも1つ気になったことが。4角回ってくる時、楽にポジション取れすぎていているんですよね。いや、まあいい事なんですが。よく見ると、前を行っていたデンコウアンジュの内を通してきてるんです。

普通に考えたら、ポジション的にはデンコウアンジュの外を回してこないとスペースが無いはずなんです。なのに、狭いとこを無理矢理って感じでもなく、楽にデンコウアンジュの内を通してきた。

これって、どう考えてもデンコウアンジュが大きく回って来すぎてるんですよね。なぜこんな競馬になったかは不明ですが、ここのスペースをミナリクJが突いた形になりました。

・・・蛯名Jなりのタックルのお詫びなのかな?笑

いや、無いかww

3着 アッフィラート

やられたなぁという感じですね。

いくら外差しが向くとはいえ、このタフな条件でディープ産駒に穴をあけられるとは。

僕は馬場や展開に合う馬に拘りすぎているところもあって、こういう馬は割と取りこぼしがちです泣。ノーザンのサインが出ていれば取れるんですけど笑。

先々週の弥生賞に続き2週連続でディープにやられてしまいました。ちゃんと母系も見なきゃダメっすね!反省。

さて、今回の回顧は少し短いですが、この3頭までで終わりたいと思います。

今週は重賞だらけなので、そちらの予想に力を入れていこうと思います!!

また良い結果を出せるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!