fbpx

ロジクライに関するさんたろーの個人的見解。

スポンサーリンク

読者の皆様お久しぶりです。さんたろーです。

先週末は本予想の記事をUPすることが出来ず申し訳ありませんでした。どうしても時間が無い時はツイッターの方で予想を呟いたりしておりますので、そちらもチェックして頂ければ嬉しいです。

さてさて、今週はG1がやってきましたね!!
1週間お休みを頂きましたので、高松宮記念は全力で挑みたいと思います!!

ということで、今回は普段ツイッターで行っている馬の所見を、より詳しく書く為にブログでやらせて頂こうと思います。最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

高松宮記念出走各馬の所見

ロジクライ

この馬は怪しすぎます。先に言ってしまいますが、馬券的には必ず印を打ちます。

理由は騎手の采配。ここで鞍上がルメールJっていうのはとてつもなく大きな意味が込められていると私は思います。

まず、去年の安田記念を振り返ります。
なんで安田?と思う方もいるでしょうが、もう少し読んで頂ければ嬉しいです。

去年の安田記念、勝ったのはモズアスコットですが、レース直前まで出走できるかどうかでドタバタやっていたのを皆様覚えていらっしゃいますか?

モズアスコットは賞金が足りず、出走条件を満たす為に連闘する形になりましたよね。この時、すでにルメールJには藤沢先生から騎乗オファーが来ていました。

藤沢厩舎xルメールJのホットラインを考えれば、数週間前に騎乗が確定していてもおかしくないのですが、この安田記念は違ったんですよね。

ルメールJはどうしてもモズアスコットに乗りたかったらしく、出れるかどうかすら分からない馬の為にオファーを断っていたんです。

藤沢先生としては、どうしてもルメールJを起用したい。でもモズアスコットが出走出来る望みがあるうちはルメールJは首を縦に振らないという状況。

そこで行った力技が4頭出し作戦。モズアスコットが確実に出れない状況にすれば、ルメールJは自厩舎の馬に乗ってくれると思ったのでしょうね。

ちなみにその4頭はスターオブペルシャ、タワーオブロンドン、ムーンクエイク、サトノアレスの4頭。この4頭で出走枠を埋めに行くことで、モズアスコット締め出し作戦をやったんだと僕は思っています。

これのせいで、回避する馬が出てこないとモズアスコットは出走出来ないという状況に陥ってしまいました。

しかし、ここまで可能性を潰されてもなおルメールJは藤沢先生の誘いを頑なに断っていたようなんです。よほどモズアスコットにチャンスがあると思っていたのでしょう。

結局は、藤沢先生が諦めて4頭中3頭を引っ込めるという形になりました。モズアスコットを締め出しに成功したとしても、その後ルメールJとの遺恨が残る事を不安視したのでしょう。

モズアスコットを出させてあげるかわりに今後の騎乗依頼は頼むよ、という考え方に切り替えたんだと思います。

それでモズアスコットは出走できるようになり、実際に勝ってしまいました。ルメールJの選馬眼は恐ろしいですよね。

さて、このルメールJの選馬眼を踏まえて今回のモズスーパーフレアに話を当てはめてみます。

前走あれだけ強い勝ち方をしたモズスーパーフレアではなくロジクライに乗るということは、ルメールJの中ではモズアスコットほど頑なに乗りたい馬じゃないのでは?と考えてしまいます。

でも前走はあれだけのハイペースを自分で作り出して勝ち切るのですから、能力は相当なはずです。僕は少なくとも、かなり強い馬だと認識しています。

なので、単純に能力の比較だけでこの騎乗が決まった訳ではないと僕は思います。

憶測でしかないですが、おそらくモズスーパーフレアは前走が超メイチだったんでしょう。ルメールJはペースが読める騎手ですから、あのペースを失敗して刻んだとは思えない。

つまりは、あのペースでいってしまっても勝てるほどに馬がメイチに仕上がっていたと考える方が自然な気がします。あんな競馬、余力残しでやったら普通は最後垂れますからね。

そのルメールJの騎乗判断によって見事勝利を収めましたが、そこから間隔が短い高松宮記念に出走となると、あれだけの競馬をしてる訳ですからデキ落ちを避けるのは至難の業。

というか、逆説的に取ればそれで良しと言わんばかりの騎乗ともとれます。

実は、ロジクライへの騎乗はオーシャンSよりも前に決まっていたんです。

騎乗が決まっていようと、モズスーパーフレアに勝ち目があると思えば高松宮記念で乗りたいと言うでしょうが、今回はそうならなかった。

ルメールJは、高松宮記念でロジクライに乗って勝つ為に、オーシャンSでモズを意図的に走らせすぎたんじゃないかな?と疑っています。

まぁその辺の真意は分からないしても、実際オーバーペースを押し切る競馬になっているわけですから、馬に負担が大きかったのは事実としてあります。

これらのことを妄想していくと、マイラーとはいえロジクライを無印にするのは怖いなとどうしても思ってしまいます。

ロジクライの能力については、スプリントでどこまで出来るかは分かりません。僕はタフな高松宮記念ならチャンスがあってもいいかなと思っていますが。

ただ、今回はモズスーパーフレアよりもロジクライの方がメイチに仕上がっているのは限りなく正解に近いと思っています。

モズは間隔が短く激走の後。一方でロジクライは予定通りのローテでノーザンF主戦のルメールJを用意と来ればメイチで間違いないでしょう。

ロジクライは、過去にもルメールJテン乗りメイチ仕上げで富士Sを強い勝ち方してますしね。

ここは、印は絶対回しておきたいという判断でいきます。

どの印を打つかはまだ決めきれていませんので、本予想まで結論はお待ち頂ければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

さんたろー


コメント