高松宮記念2019に関するさんたろーの個人的回顧。

今回は、高松宮記念2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

回顧と言っても、敗因は明確なんで書くことはそこまで多くないんですが。

予想の段階で、「高速馬場で時計も1分7秒台の決着になる」と想定していた事は悪くなかったんですよ。

ただ問題は、「内有利バイアス」。もうね、これとしか言いようがないです。

馬場が早いんで外を回しすぎてはダメ、と予想記事でも書きましたが、まさかここまで内を通した馬じゃないとやれないとは…。完全に想定を超えられてしまいました。

ダノンスマッシュに本命を打ち、モズスーパーフレアの評価を下げて、ミスターメロディを内枠という理由で評価を上げてたところまでは良かったんですが、おもいっきり想定の斜め上をいかれた感じです笑。

いくら馬場の恩恵があるにしても、ショウナンアンセムが来ちゃうなんて聞いてない!!笑。

正直、これを正確に予想するのは難しかったと思います。

では、まじめに回顧いきたいと思います。

高松宮記念2019回顧

レースの質についての見解

これはもう先ほど真っ先に書いた通りで、内有利バイアスをものにできたかどうか。これにつきると思います。

馬場が速くて前が止まりづらい上に内の馬場が良すぎる。距離ロスがあった時点でもう厳しいという有利不利の大きい競馬でした。

レッツゴードンキとかどんなに上がりが速くたって馬券内に来ることは物理的に不可能でしたし、そもそも先行したミスターメロディが上がり33.6ですからね。後方待機馬にはノーチャンスですよこんなの。

まぁ、それをやってのけたミスターメロディも強かったんですけどね。

ちょっとJRAさんはこれやり過ぎだったんじゃないのかなぁと思いますが、顕著に表れている時こそもっと正確に馬場を把握していかなきゃいけませんね。その点は本当に反省です…。

では各馬の所見いきたいと思います。

1着 ミスターメロディ

やはりNHKマイル組は豊作ですね。こんな競馬やられたら後続はどうしようもないというくらい強い競馬でした。

もちろん馬場の影響があったのは間違いないし、それをしっかり活かせた福永Jもお見事。

この馬はかかるところもあるタイプなので、このくらいペースが流れてくれた方が力を発揮しやすいんでしょうね。当馬のバランスとしては33.7-33.6ですから遅すぎず速すぎずという感じでしたからね。

今後はスプリント路線に専念するのかマイルG1も視野に入れるのか注目ですが、どちらにしても高速馬場のタイミングは必ず注目していきたいと思います。

JRAさんは超高速馬場を作ろうという意思にハマる馬ですから、また近いうちにチャンスは来るはず。

2着 セイウンコウセイ

はっきり言って、この馬は僕のロジックでは買いづらいです。

リピーターでしょ!といえば確かにそうですが、この馬が過去に高松宮記念を制した時とは馬場もタイムもまるで違う。

それに加えて、ここ2年で好走したのは洋芝条件か、もしくは決着タイムが1分8秒台の後半になった時。高速馬場の時計勝負のタイプではないでしょ、と思っていました。

でもその洋芝条件で勝った時の時計は1分7秒6なんですよね…。洋芝でそれだけ走れるなら、確かに今回も走れると判断しても良かったのかも。

狙えると思っていても印は回らなかったかもしれませんが、早々に切ると決めてしまったのはちょっと甘かったとは思います。。

レースメイクについてですが、幸Jはしてやったりでしょうね。

抜群のスタートからモズスーパーフレアを楽にいかせず、かつ自分も力を出し切る競馬をしてみせました。はっきりいってこれ以上はないという抜群の競馬。

こちらの方が内枠で攻めやすかったのはあるにしても、逃げ名人の武豊Jに対してふっかけていくのはどの騎手もなかなか出来ないことです。だってふっかけるこっちが潰されちゃうんですから。

それを武豊Jにハナを取りきらせる前に勝負したというのはある意味正解なのかもしれませんね。逃げてペースを握らせる前に攻め落とすというのは正攻法とも言えるかも。

当然ながら抜群のスタートがあってこそですが、とにかく文句のない競馬。今回のレースのMVPは幸Jだと個人的には思いますね。

まぁただ1つ言っておきたいのは、外のラブカンプーにもかなり助けられましたよね。この馬が簡単に譲らなかった事もかなり大きかったと思いますよ。

3着 ショウナンアンセム

この馬がした事をアレスバローズにやって欲しかったんだけどなぁ…という感じです笑。

馬場を読めていたのか一か八かは分かりませんが、内に拘る競馬をして上がり2位の脚を使っての入線。

うまく捌けたので距離ロスは皆無。内のスノードラゴンが前半3ハロン地点ですでに後退していましたから、スペースが楽に空いたというのもラッキーだったと思います。

アレスバローズは最初からダノンマークの作戦で内に潜る気があんま無かった感じでしたが、正解は完全にショウナンアンセムの方でしたね。

しかしこの馬、これだけ完璧に運べても僕は掲示板が精一杯の能力しかないと思っていたんですが…。

強がっても仕方ないんではっきり言いますが、この馬は何回予想しても買えません笑。

内有利バイアスを完全に見切っていても多分買ってません笑。

この馬の今後の評価が難しいのですが、今回ハマりすぎたというのもあって正直次回信頼できるかというのは判断しにくいと思います。

次走出てくるときには、もう一度能力面はしっかり精査して予想をしたいですね。

馬券外に散った次走注目の馬!!

アレスバローズ

今回僕はこの馬にかなり期待していたのですが、残念ながら結果は9着。

ダノンをマークする為に内に入れなかった事もあって、前半かかり気味に進めていて脚を貯めることが出来ていませんでした。

マークする相手は別に悪いと思いませんが、いかんせん内が良すぎ。結果的にはあのコース取りではノーチャンスでしたね。ダノンも4着止まりでしたから。

それと、フォロワーさんが教えてくれたのですが、道中不利を受けていたようですね。

川田騎手もレース後のコメントで「あれでは競馬になりません」と発言していたようです。

ここは最高の狙い目だったと思うんで、せめて力を出し切って欲しかったですね…。

今後についてですが、力を出し切らずの9着なので、まだまだ条件が揃えば狙える馬だと思います。

1.2枠を引いて前に壁を作れる状況、かつ高速馬場で切れ味がいきる環境となった時に厚く狙いたいと思います。

以上で回顧を終わりたいと思います。

ではまた今週も頑張っていきましょう!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!