NO IMAGE

富士ステークス2018大穴予想公開!!

 

 

今回は、富士ステークス2018の予想について書いていきたいと思います。

マイルCSの前哨戦、富士ステークスがやってまいりました!

このレース、事前記事でも書きましたが、穴馬の台頭が多いレースとなっています!!

しっかりと予想して、高配当を取っていきたいですね!

さっそく、さんたろーの見解を発表したいと思います。

 

 

富士S2018の予想を公開!

まずは展開予想から

逃げ馬は確定しています。

マルターズアポジーです。

ウィンガニオンも一応逃げ馬ではありますが、近走の衰えを見る限りでは、マルターズアポジーのハナを叩く事はまず無理でしょう。

というかそれは陣営も望んでいないはず。

ここは逃げ馬がすんなり決まり、番手にウィンガニオン、ウィンブライト、ヤングマンパワー、レッドアヴァンセあたりが追いかける展開になるか。

でも、マルターズアポジーの追い切りに違和感はあるんですよね….

今更、抑える調教を直前追いでやるなんてどういうことだろう。

不安はありますが、一応マルターズアポジーの逃げということで予想は進めていきます。

続いて先行勢を見る形で、有力馬のエアスピネル、ロジクライ、ジャンダルムあたりが進めていき、ワントゥワン、ペルシアンナイトは後方から。

ペルシアンナイトは、前哨戦のミルコJなんでまず押して行くことはないでしょうね。

ゆったり回ってきて、直線だけ競馬して掲示板止まりというのが1番予想できる。

去年の富士Sと似たような着順になるか。

ワントゥワンはモレイラJ騎乗なので、早めにいいポジションを狙ってくるかもしれませんが、馬の性質からそれも難しい感じ。暫定的に後方からとしておきます。

ペースはマルターズアポジーが逃げるので平均〜ややハイペースでしょうか。

おそらく単騎で飛ばす形になるでしょうが、先行馬のポジション争いもそこそこあり、番手グループも平均〜ややハイでラップを刻んでいくと思われます。

4角を過ぎて直線向いた直後、早めにウィンブライトあたりがマルターズアポジーを捕まえにいき、それにつられて先行馬はスパートを開始。

長い直線でやや早めのスパートとなることから、スペースも空きやすく、最後の最後に先行馬が苦しくなったところを中団〜後方で待機していた馬が強襲してくるイメージでいきたいと思います。

 

 

本命!!

 ◎ロジクライ

展開予想から、有利なポジションで競馬出来そうなのがこの馬。

能力は間違いなくありますし、先行馬の争いを静観して、いつでも動けるようなポジションを取れそうなのがかなりのプラス要素。

データ的にもかなり推せる1頭で、

 

・5歳
・栗東所属
・先行〜差し馬
・牡馬
・京成杯AH組

 

と好走条件に当てはまる項目が多いです。

さらに、鞍上の乗り替わりとなったのも期待できる要因。

決して浜中Jが悪いとは思いませんでしたが、なかなか勝ちきれない競馬が続いていたのは事実。

陣営としても、G1よりもまず古馬の重賞を1つ勝ちたいという思いでしょう。

有力各馬が余力残しのここを狙う為にルメールJを起用してきたと予想できます。

正直ここの印は先週から決まっていました。

あともう一息届かない古馬重賞制覇をルメールJの力で成し遂げられるか注目です。

対抗!!

 ○クルーガー

この馬、全然人気ないですよね。

まぁこのメンバーの中に入れば当然ですが。

まず注目したいのが追い切り。

長期休養明けですが、抜群の動きを披露しており、ここでいきなり好走できる準備は整っている様子。

去年の当レースも休み明けで3着に激走しており、適性は問題なし。

さらに前走に注目してもらいたいのですが、直前で前が空かず、全然追えずの8着。

そんな苦しい内容となったレースでも、勝ったリスグラシューとは0.4秒差しか離されておらず、追えていたら馬券内もあったのではと思わせる手応えでした。

6歳になり、衰えがどうかという点はありますが、これだけの追い切りを披露してくれていれば問題ないでしょう。

鞍上はまだまだ経験の浅い石川Jですが、内枠じゃなかったのはプラスに働きそうで、外め追走で直線も外をおもいっきり追い出してくれればそれでOKなので特に問題はないと思っています。

ここは石川Jとしても大チャンスの1戦ですし頑張ってもらいたいですね。

あ、人気ない馬だから、大チャンスと思ってるのは私だけかもしれませんが笑

単穴!!

 ▲ストーミーシー

大穴ですが、ここはチャンスありとみてこの馬を単穴に推します。

自分の脚はいつも繰り出している馬で、骨折明けとなった前走でもいきなり上がり3位を繰り出しており、叩き2走目のここはより良い脚を繰り出してくれるのではと期待しています。

あとは展開次第で届くかどうか。
正直、外枠の方が良かったのでクルーガーを対抗に推しましたが、枠順が逆ならこちらを対抗にとっていたくらい評価しています。

もちろん、人気との兼ね合いがあって評価をしているわけですが、こんなに人気と実力の差があるなら積極的に勝っていきたいです。

特注!!

 ☆ワントゥワン

このレースで牝馬はあまり買いたくないのが本音ですが、私の予想からするとこの馬も飛んでくる気がするんですよね。

イメージしているのは、早め抜け出しのウィンブライトら先行組を、同じく先行で少し後ろにつけていたロジクライがロスも少なく直線半ばから先頭、そのまま押し切り。

先行馬はロジクライ以外は脱落していき、差し馬が2〜5着の掲示板を独占してくる。

クルーガー、ストーミーシーと同じくこの馬も自分の脚がある馬。

もうお気付きかと思いますが、今回の私の予想の趣旨はこうです。

展開次第で差し込んで来れる、自分の脚を持っている馬を紐に狙う

ということなので、この馬も評価しない訳にはいきません。

ただ、鞍上モレイラJはマイナスですね。

早め抜け出しが信条のこの騎手が末脚自慢のこの馬と手が合っているとは思えません。

持ち味を活かせず敗退するシーンもかなりイメージ出来ているので、どんな競馬になるか気になるところです。

連下!!

連下には、以下の馬を抑えたいと思います。

 △エアスピネル

去年の当レースの勝ち馬。
当然目標はここではないでしょうが、この馬は前哨戦でも比較的走っている馬で、どんなレースでも掲示板を外さない対応力の高い馬。

ただ、春に安田を使えずにここまで休養となり、さらに鞍上が武豊Jから乗り替わりと不安な点が多いのは事実。

そして、今回は決め手のある馬に負けると思っているので連下の評価でいきます。

というか、買いたくないのが本音。

他に人気薄で抑えたい馬が多いので、馬名だけ並べて置きますね。

△ウィンブライト
△ヒーズインラブ
△レッドアヴァンセ

それでは買い目にいきたいと思います。

買い目公開!!

 単勝

◎ 1点x10  ○▲ 2点x5

 

 3連複

◎-○▲☆-○▲☆△△△△ 15点x2

以上、50点で勝負したいと思います!

あなたの参考にして頂ければ嬉しいです。

さんたろー

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

2018-10の最新記事8件