大阪杯2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、大阪杯2019の予想について書いていきたいと思います。

いやーしかしすごいメンバーが集まりましたねー!アーモンドアイとスワーブリチャードがいないにも関わらず、現役最強決定戦か?と思わせる程の豪華メンバーですよね。

当然、その分予想も難しい訳ですがしっかりと狙う根拠をつけて印を回していきたいと思います。

スポンサーリンク

大阪杯予想!!

馬場状態に関する見解

今週から阪神芝はBコースを使用しており、概ね痛んでいた部分はカバーされています。その為、内目の逃げ先行が優勢になるのかな?と思っていましたがこれは違いましたね。

土曜日のレースを見ると、良馬場で行われた内回り2000mでも人気薄の差し追い込みが決まっているあたり、案外Bコース代わりでも内が圧倒的という感じでもないのかな?という印象でした。

それと頭に入れておきたいのは、昼過ぎから降った雨。これの影響で、芝の内側にダメージがあった事は間違いないでしょうね。

今日は雨は降らなそうですが、高速決着を想定するよりは、若干タフ寄りに考えておいた方が良いかもしれません。

時計で考えると、キセキがいるとはいえ2分は切ってこないはず。良馬場まで回復したとしても、決着は2分0秒〜1秒くらいじゃないでしょうか。

では想定をまとめておきます。

・今週はBコース替わりだが、内目が圧倒的に有利という感じにはなっていない。

・雨の影響でややタフ化。高速決着とはならなそう。

・決着は2分0秒〜1秒あたりを想定。

馬場の想定はこんな感じで良いかと思います。

展開に関する見解

見解というほどでもないのですが、今回印を打つにあたって、これだけは頭に入れておきたいというのがあります。

それは、「キセキがつくる淀みないミドルペースで活躍出来るタイプかどうか」です。

道中緩んだところでまくるタイプの馬だったり、スローからの瞬発力勝負が持ち味の馬は今回まったくいらないと思います。

そこは気を付けながら、印の発表いきますね。

本命!!

◎ペルシアンナイト

馬場状態、ペース共に問題無しのこの馬からいきます。

馬場に関してはややタフな馬場が得意なハービンジャー産駒ですし、秋の京都開催でもマイルCSで2着にきてますから全く問題はないでしょう。

ペースもこの鞍上なら大丈夫。ミルコJはペースの読める男ですから、仕掛けどころを間違うという事はりませんし、キセキがどんな競馬をしてくるかというのは頭に入っているはず。

このように条件判断だけでも買っておきたいと思わせる馬ですが、実は前哨戦を予定通りに消化した時点で狙いたいとは思っていた馬でもあるんです。

前走時にツイッターで書いた所見をまず載せておきますね。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

ミルコJは、G1への連続騎乗が決まっている馬の前哨戦では勝ちに来ない傾向が顕著です。ラスト末脚だけ軽く確認して、うまいこと3着〜7着でおさまるというケースが最も多い。

例えばですが、当馬の富士S→マイルCSは2年連続でその傾向によって着順を上げています。

他にも、モズカッチャンではローズS7着→秋華賞3着、札幌記念3着→エリザベス女王杯3着の時もそうでした。

札幌記念とエリ女では着順が上がっていないじゃないかと思われるかもしれませんが、騎乗内容は雲泥の差です。

札幌記念では、持ち味を活かす先行競馬をせず、後方の位置取りから末脚だけ確認する騎乗。一方でエリザベス女王杯では、過去大舞台で好走してきたように持ち味を活かす先行粘り込み競馬。

これだけ騎乗内容が違うと、分かりやすいですよね。

では今回はどうかというと、予定では当馬で大阪杯に継続騎乗をする事になっています。

つまりはいつものミルコJの傾向からすれば、まず頭は無さそうだと考えて良いのではないでしょうか。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

はい。前哨戦はもうこの通りの結果でしたよね笑。

とすると、本番のここは超メイチ仕上げになっている事は間違いありませんから、当然ここで狙いたいという結論になります。

もともとの狙いたい馬が条件的にも合いそうということなら、当然本命です。

ここは強く勝負していきたいですね。

対抗!!

○アルアイン

キセキが作るミドルペースにばちっとハマりそうなこの馬を対抗に置きます。

この馬はディープ産駒ながらスパッとキレるタイプではなく、スピードの持続力を武器にしている馬。

去年はスローペースになってしまい3着に負けてしまったが、今年はキセキがいる為去年のようなキレ負けする勝負にはならなそう。

そもそもこの馬はレイデオロやスワーブリチャードとやり合ってもここまで大きく負ける事の無かった馬。キレ味勝負になりがちな東京開催の天皇賞・秋でも走れているのですから、状況が好転する今回の大阪杯は上位で狙っていいはず。

というか、状況が好転というより国内G1で唯一頭まで取れる条件がこの大阪杯といってもいいくらいです。

京都記念からして馬場が悪化しても大丈夫ですし、スピード性能を武器にここは好走してもらいたいですね。

単穴!!

▲ステルヴィオ

距離的にはここは限界に近いだろうステルヴィオですが、スピード性能の高さからここは3番手に推しておきます。

マイル適性が高い為、まずキセキが作るペースでも良いポジョンをとって追走することは容易なはず。

ペルシアンナイトと同じく、秋のタフな京都開催で行われたマイルCSの勝ち馬ですから、今日の馬場も問題ありません。

問題は距離ですが、おそらくここを取るために天栄で調整されているので大丈夫でしょう。

なんと今回、前哨戦終わってから短期でもう一度天栄に戻されて調整をしてきてるんですよね。

仮に最終目標が安田記念なら、そこまでする必要はないはず。

おそらく陣営は、ロードカナロア産駒の牡馬で2000のG1を取りたいと思っているのでしょう。

そうすれば、種牡馬価値がまた1つ上がることになりますからね。

という陣営の思惑を妄想していくと、距離は持つように調整されていると思いませんか?笑

距離適性なんてのは、有馬のクイーズリングとかもそうですが僕らファンには正確に測れないものですし、陣営の本気度を信頼して判断すれば良いのかなと思います。

その本気度も、僕の妄想なんですけどね!!笑

特注!!

☆キセキ

ペースの鍵を握るこの馬を特注に推します。

特注穴馬というより、今回は特別注意しておこうという感じでしょうか笑。

秋のレースぶりをみたらこの馬が現役トップクラスである事は間違い無いのですが、ルーラーシップ産駒は小回りの成績があまり良くないんですよね。

トビが大きいからか、大箱の好走率が高く、この馬が秋で活躍したのも東京コースですよね。

その上、秋であれだけタフな4戦を走っての休み明けですから、ここで走れなくてもなんら不思議ではないです。

実際、一昨年は菊花賞激走の後香港まで走らせてしまった為疲れが取れず、翌年の春を台無しにしてますからね。

この馬はそれだけ疲れが取れづらいという点も加味してここでは上位印を打つのはやめました。

どちらかというと、人気もしてるし来て欲しくないのですが、それでもペースを握るというのは強みでもありますので、来ちゃったら嫌だし、という見方で特注穴馬ならぬ特別注意印を打っておこうと思います笑。

連下

△エアウィンザー

これ以上ないベスト条件。おそらく、アルアインと同じく古馬G1で最も取れる可能性のあるレースがこの大阪杯でしょう。

エアの馬はとにかく小回りコースが得意で、母のエアメサイアは秋華賞の勝ち馬。

ここで走れない理由があるとすれば、それは相手関係の強化と鞍上でしょう。

どうしても浜中Jがここで好騎乗を見せてくれるとは思えないんですよね。

馬は良くても、ペースが読めて仕掛けどころを間違えないミルコJや北村友Jの方を上に取りたいというのが本音。

馬券内に走られても別に驚かないが、エアの馬はソラを使う馬が多いですし頭まで想定する必要はないと思ってますので、ここは連下の評価に抑えておきます。

△ブラストワンピース

最後にこの馬を抑えておく。先ほどから言っているように、馬場状態はハービンジャー産駒のこの馬には合う条件です。

週中のツイッターで所見を出した通り、ペースに関しても全く問題ないでしょう。むしろこの馬はズブい面があるためペースは流れてくれた方がいい。

ただ僕が気にしているのは、内回り2000という条件。

大型のハービン産駒で、果たして差し遅れず頭までこれるかどうか?

キセキの作るペースで縦長になるでしょうから、仕掛けどころでスムーズさを欠くことは無いにしても、不器用なタイプなのでコーナーでの加速はあまり得意な方ではありません。

エンジンがかかったころには頭まで届かない状況といった感じになる可能性が高いかなと思っています。

強いのは分かっていますが2.3着まで、という見方で連下に留めておきたいと思います。

以上の6頭で勝負したいと思います!

 

消し馬考察

ワグネリアン

この馬の3歳時の好走条件は全てスローによるもの。

平均ペースの内回り2000で良さが出るとは思えず、その上内枠でどう捌くかも難しいところ。

それでいて人気していますから、ここはぶった切って勝負したいと思います。

スポンサーリンク

買い目公開!!

ワイドBOX(メイン)
◎○▲(厚め)
馬連BOX
◎○▲

3連複◎-○▲-○▲☆△△

3連単
◎⇆○▲→○▲☆△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました