fbpx

大阪杯2019に関するさんたろーの個人的回顧。

スポンサーリンク

 

今回は、大阪杯2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

北村友一J、ついにやりましたね!!

これ以上ないくらいハマった競馬だったと思います!馬場も展開も向いて、それに合わせた騎乗も完璧でした。

アルアインはG1取るならここしかないというベスト条件だったと僕は思っているので、ここでしっかり勝利を掴めた事はとても大きいですね。

僕も対抗評価で重い印を打っていましたが、本命が来なくて撃沈してしまいました…

本命馬が来なかった原因ははっきり分かっています。

その辺をしっかり振り返りながら回顧していきたいと思います。

大阪杯2019回顧

レースの質についての見解

良馬場発表ではありましたが、前日の雨の影響で比較的タフな馬場状態での開催となりましたね。

決着時計は僕の想定通りとはいえ、想定の中でも1番遅い決着でした。
(2分1秒0決着。想定は2分0秒0〜2分1秒0。)

エポカドーロが逃げた事によって61.3-59.7というスローバランスでの競馬。馬場を考慮するとドスローとまでは言えませんが、遅いとは思います。キセキが逃げれば前半に12秒後半を2ハロン続けるということは無かったはず。

最終的にはロンスパに持ち込みたいという点で、エポカドーロとキセキの好走条件は一致しているのですが、前半〜向正面で逃げ方にやや差が出ると私は思っています。

【キセキ】
平均ペースで緩みを作らず、そのままロンスパに持ち込みたい。

【エポカドーロ】
ハナを奪った後はスローに落として、余力を残しながらロンスパに移行したい。

あくまで僕の頭の中の話ですが、こう思っていたからこそ予想時点では平均ペースになると想定していました。

実際には、キセキはスタートでやや出負け。無理にハナを奪いにはいかず、最低限番手は確保といった感じでしたね。

結果的にはこの隊列によって、エポカドーロの理想とするスローからのラスト4ハロンロンスパ戦となりました。

このスローのロンスパ戦を制したのがアルアイン。全てが噛み合った競馬という感じでしたよね。

それでは各馬の所見を詳しく書いていきたいと思います。

1着 アルアイン

馬場、展開、全てがハマった競馬でしたね。

G1取るならこの条件しかない!と予想で書いたように、この馬の好走レンジは結構狭いと僕は思っています。レンジの外でもそこそこ走れるから素で強い馬ではあるんですが。

その好走レンジというのは、まずトップスピード戦にならないこと。そして時計がいらないこと。

この馬は33秒前半の鬼脚があるわけではなく、高速馬場の時計勝負も向いていません。

馬場がタフで時計がいらなくなり、かつロンスパによってトップスピードもいらない。そんな勝負の中での4ハロンのスピード性能勝負で強みを発揮するという馬なんです。そんな性能なのでもちろん内回りはベスト。

今回好走出来たのは、まさにそれが全て重なったからだと思っています。

加えていえば、キセキのコース取りが最後の最後に後押しした感じでしょうか。

決してキセキが悪い競馬だったわけではありませんが、馬場の良いところを意識した川田Jがラストの直線で少し外に持ち出してるんですよね。

その内を通ることによってアルアインが全くロスのない競馬をすることができた。

アルアインがキセキの外しかコースを取れなかったら頭はキセキだったと思います。

細かいところを言い出せばキリがないのですが、とにかく噛み合った競馬でしたね。

つぎどこで狙えるかというのは難しいのですが、一応宝塚記念に出てくるならチャンスはあるのかなという印象です。

2着 キセキ

最序盤は出負けして無理せず番手の競馬。

道中はスローでしたが無理にエポカをつつく事もなく、ラスト4ハロンのロンスパ戦をエポカと一緒に作りにいく感じに。

不利は全くなく、スムーズに持ち出して理想の競馬だったと思いますが、キセキ以上にどハマりしたアルアインにやられてしまったという感じでしょうか。

ここでタイトルを取れなかったのは痛かったですが、控えめに言っても普通に強い。

今年はアーモンドアイが国内にいないわけですから、もしかしたら今後G1を2.3個取っちゃうかも。

3着 ワグネリアン

はっきり言って、エポカドーロとキセキの逃げ方の違いによって馬券内に飛び込んできた馬だと僕は思っています。

予想時点では、この馬の3歳時の好走はスローしかなく、平均ペースで走れるかの裏付けはないという書き方をしましたが、まさかのスローになってしまいました。

まぁ福永Jの騎乗も良かったんですけどね。ダービーの時のように臆せず前のポジションを取りにいって、しっかり勝負になるところで競馬してましたからね。

ペースの想定が違っていたのでこの馬はちょっと取れませんでした…。

着外 ペルシアンナイト

本命馬だったので軽く触れておきます。この馬はワグネリアンと対照的に、エポカの逃げによって被害を受けた方の馬。

前半のスローによって終始手綱は張りっぱなしの道中となり、直線ではもう脚が残ってませんでしたね。その上最後は挟まれるという不利を受けミルコJが立ち上がりゲームセット。

この掛かり気味の道中については、枠も悪かったかもしれません。内枠ならまだ前に壁が出来て違ったかも。

いつもの本番激走パターンだったんで狙いにいきましたが、気性難のある馬はこういうリスクがある事は頭に入れておく必要がありますね。

まぁ、今回は僕の予想ロジック的にこの馬を狙うと決めていたので完敗です。

馬券外に散った次走注目の馬!!

エポカドーロ

これだけ自分の勝ちパターンに持っていけたのに馬群に沈んだので、3歳から全く成長してないんかなと思ったのですが、レース中鼻出血があったとのこと。

そういうことならまだ能力は見限れませんし、次走でその鼻出血を忘れた競馬ファンが馬券を買うことでこの馬の人気は下がるでしょうから、条件があえば狙い目になるかもしれません。

スロー逃げが出来る環境で馬場がタフなら狙いたいですね。

ステルヴィオ

完全に脚が止まってましたね。これだけ顕著だと、距離としか考えられません。能力負けじゃないと思いますので、マイル戻りでまた狙います。

以上で回顧を終わりたいと思います。

ではまた今週も頑張っていきましょう!

さんたろー


コメント