桜花賞2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、桜花賞2019の予想について書いていきたいと思います。

いよいよ競馬民が盛り上がるシーズンが本格化してきましたね!!

毎年のことですが、クラシックは本当にテンションあがります^^

その第1戦目となる桜花賞ですが、ダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシスまでが10倍を切る人気。実際この3頭は間違いなく強いです。

(オッズは朝一の時点)

ただ、僕は素直にこの3頭で決まるとは思っていません。不安材料はそれぞれありますからね。

では4人気以下で好走出来そうな馬はどれなのか?

馬場や展開を考慮しながら見つけていきたいと思います。

スポンサーリンク

桜花賞予想!!

馬場状態に関する見解

阪神は開催が進んでやや痛みを伴う状態でしたが、この1週間で晴天が続いたからか今週はかなり良好な状態ですね。

上がりについては33秒台が普通に出る感じ。6Rに関しては3歳500万下のゴータイミングが32.8秒の鬼脚を繰り出しています。

阪神牝馬Sは47.9-45.7というドスローだったとはいえ前を行く馬が軒並み33秒台の足を使って後ろにはノーチャンスという競馬。内目の馬もしっかり伸びていました。

例年では、開催が進んでいることもあり外差しが効きやすい馬場になりがちな桜花賞。

ですが土曜日を見る限りでは、今年は傾向通りにいかないかもしれませんね。内外の差はあまり無さそうです。

内外の差をあまり考慮しないとすると、大事なのは馬場よりも展開ですね。先程書いた阪神牝馬Sにしても、流れていれば外差しが決まっていてもおかしくなかったと思いますし、展開ひとつで着順は大きく変わりそうです。

では展開はどんな感じになるか想定してみたいと思います。

展開に関する見解

おそらく逃げるのはエールヴォア。逃げ宣言も出ていますし、枠も良い。ジュランビルあたりも積極策でしょうが、枠の並びからしてエールヴォアの逃げはすんなり決まるはず。

そうなると流れるイメージはあまり無いですよね。ただ昨日の阪神牝馬Sの意識が騎手の中にはありますから、ドスローでそのまま行かせるなんて競馬にはならないはず。

そこで展開のキーになるのはグランアレグリア。おそらく今回先行するでしょうから、この馬がどこで動くかが重要になりそうです。

以前の記事にも書きましたが、この馬は右回りで内に刺さる傾向にあり、追い切りもそれを意識した調整をしている様子。

先行して早めに逃げ馬を捕まえにいき、内ラチを頼って押し切りを狙うというのが今回のレースプランでしょう。

それを考慮すると、団子というよりはスローからのややロンスパ。4角ではやや縦にスペースが出来るはず。

このスローからのややロンスパに合う馬を狙っていきたいですね。

では印の発表いきます。

本命!!

◎クロノジェネシス

能力No.1と信じるこの馬からいきます。

阪神JFでは出負けのせいで後方からの競馬になりましたが、今回ある程度ポジション取ってくるはず。おそらくグランアレグリアを見ながらの競馬になると思います。

北村友Jには先週のアルアインのイメージもありますし、土曜の阪神牝馬Sも当然チェックしているはずで、この枠から下げて大外一気なんて競馬はしないでしょう。

内枠で詰まる可能性ももちろんありますが、逆にスムーズに競馬が出来る可能性の方が僕は高いと思っています。

理由は先程書いたグランアレグリアが狙っている競馬。4角から動いてくれれば、コーナーで縦にスペースが出来るのは間違いなく、それを利用していけばクロノジェネシスはスムーズな競馬が出来るはずです。

僕が想定したような競馬が出来れば、阪神JFで負けたダノンファンタジーを十分逆転出来る。

阪神JFでは出負けした上にスパートもこちらの方が先。しかも外を回すロスがありながらも僅差の2着ですからね。

阪神JFが終わった時点で、この馬が1番強いなと感じていた馬。その時から桜花賞の本命は7割程この馬に決まっていました。

ここは自分を信じてこの馬を本命でいきたいと思います!

対抗!!

○ダノンファンタジー

同じく阪神JF組からこの馬を対抗に推します。

結局のところ、この世代で1番ハイレベルなレースだったのは阪神JFです。

ステップレースでは8分仕上げのクロノジェネシスやダノンファンタジーに対して、メイチで権利を取りに行った馬たちは全く歯が立たなかった訳ですからね。

スローで前が有利になるとはいえ、能力を考えれば好走はしてくるでしょう。例年通りの外差し有力馬場ではないという点を考慮して割引をしても、それを踏まえた騎乗をするのが川田J。

どこかの騎手と違って前まで届かない位置から伸びてくるなんてことはないでしょうから、普通に信頼出来ると思います。

単穴!!

▲アクアミラビリス

唯一、阪神JF組を打ち負かす可能性があるのはこの馬でしょうか。

はっきり言って、この馬の前走の脚は異次元です。上がり2位の馬に0.9秒差もつけた鬼脚を繰り出すなんて普通じゃありえません。上がりが早すぎて、スローで前が有利だったレースを全馬ぶった切りにしましたからね。

それどころか、実はこの馬が出した33.3秒という上がりは、当日の古馬を含めた全レースの中で最速の脚なんですよね。そう考えると、いかに異次元の末脚だったかが分かります。

外差し馬場ではないですし、ペースも多分流れないでしょうから前が有利。そんな事は承知の上でこの馬は買っておきたいです。

アーモンドアイのように、展開とか関係なくこの馬の末脚が炸裂して、実は1番強かったですとなっても不思議ではありませんからね。

ここまでこの馬の能力を買っておいて3番手評価なのは、阪神JF組が強いというのもありますがこれまでの走破時計が平凡だというのもあります。

デビューから一貫してマイルを使われていますが、最速でも1分35秒台。今回はおそらく1分33秒台の決着になるでしょうから、それでもこの馬の末脚が炸裂するかはやってみないと分かりません。

あくまで一発を秘めた逆転候補として、単穴に推奨したいと思います。

特注!!

☆エールヴォア

今回逃げ宣言が出ているこの馬を特注に推します。前述の通りで馬場は例年の外差し有利バイアスは発生しておらず、逃げ馬にも十分チャンスがある状態。

土曜日の逃げ馬の成績は(1.0.1.3)で、着外に飛んだ3回のうち2回が4着でしたからね。当然この馬にもチャンスはあるとみます。好枠からストレスなくスロー逃げを打てれば3着内に入るチャンスはあると見ます。

連下

△ビーチサンバ

本当は買いたくないですが連下に抑える。この馬は阪神JFでも前走でもクロノジェネシスに能力面で完敗。

今回も逆転するイメージは全くないのですが着内という点では十分にくる可能性はあります。

福永Jは阪神JFでもそうでしたが、どうも着狙いのような競馬をしてくる印象が強いです。

はっきり言ってしまえば、仕掛けどころが間違っているとも言えるし、展開より馬の能力優先で乗っているとも言えるのですが、とにかく結果として着狙いに見える競馬が多い。

それを今回もやられてしまうと、この馬の能力なら2.3着に差してくる可能性は捨てきれないので買わざるを得ないと言った感じです。

△グランアレグリア

サンデーxノーザンxルメールJx天栄なら、普通なら全力買いですが今回は疑いたいタイミングです。

以前の記事でも書きましたが、右回りでは内に刺さる傾向にあり、今回有力馬の中で1番不安を抱えているのはこの馬でしょう。

追い切りも異例の先行追いで、右ムチ+左に寄せてハミを噛ませるといった感じで調整していましたから、不安が拭えていないのは間違いないはず。

早め先頭で内ラチを頼る競馬をするでしょうが、阪神JFでは内ラチがあっても何度も内ラチにぶつかりかけてましたからね。

どこまで改善されているか半信半疑。

っていうかぶっちゃけ、この馬NHKマイルが本番なんじゃないかな?

以上の6頭で勝負したいと思います!

スポンサーリンク

買い目公開!!

単勝 ◎(メイン)

馬連 ◎-○▲☆(強弱つけて)

3連単◎-○▲-○▲☆△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました