fbpx

アーリントンカップ2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、アーリントンカップ2019の予想について書いていきたいと思います。

先週の競馬でおおよその馬場予想は出来そうですので、土曜日重賞ですが狙っていきたいと思います。

このレースは、NHKマイルの重要なステップレース。賞金的にここで優先出走権を取りたい馬が多く集まった印象です。

そのへんの賞金状況を踏まえつつ、馬場も加味しつつという感じで予想を組みたいと思います。

それでは本題に入ります。

アーリントン予想!!

馬場状態に関する見解

先週の桜花賞を見る限り、高速馬場ということで間違いないでしょう。

土曜日は天気も良さそうですし、開催が進んでいるとはいえ傾向が大きく変わることはないはず。

今回はなぜそう思うのかという解説はやや省いてお話していきます。馬場の解説については、桜花賞の回顧記事で具体的に書いておりますのでそちらをお読み頂ければと思います。

桜花賞2019に関するさんたろーの個人的回顧。
  今回は、桜花賞2019に関する回顧記事を書きたいと思います。 グランアレグリア、強かったですね!! なんなの1分32秒7って笑。不安があった右回りでこのパフォーマンスは確かに強い。 ただ、今回はグランアレグリアに

では先に結論を書きますが、狙っていきたいのは速い上がりが出せる馬です。

桜花賞では早め先頭で勝ったグランアレグリアが抜けて強かっただけで、上位に来た馬はいずれも速い上がりを使っての入線。

クロノジェネシスなんか、ラスト1ハロン手前までどん詰まりだったのが、道がひらけると一気に伸びてきましたからね。

あれは馬場が速くないと物理的に出来ない走りだと僕は思います。

その傾向がそのまま続くものとして、上がりの速い馬を積極的に狙っていきたいですね。

それでは印いきます。

本命!!

◎ミッキーブリランテ

高速馬場なら、前走上がり最速のこの馬を信頼していきたい。

その前走はたいしたメンバーではありませんが、きっちりと自身の持ち味である速い上がりを繰り出しての勝利。阪神はこれで2戦2勝となり、得意舞台と言っても良さそうですね。

外枠に入ったことは通常ならマイナスですが、坂井Jのキャリアを考えればむしろ下手に詰まる不安が無くていいと僕は思います。

外をぶん回してこの馬の切れ味を発揮出来れば、距離ロスを考えても十分に勝ち負けのチャンスはありますからね。

加えて言うなら、おそらくこの馬はここがメイチでしょう。

賞金状況的にNHKマイルに出走できるかはかなり微妙なラインにいる為、優先出走権は是が非でも欲しいはずです。

メイチで来ていると予測出来る馬が馬場状態にも合致しているとなればそれはもう買いで良いでしょう。

あとは坂井Jにしっかり頑張ってもらうのみ。ここは期待したいですね。

対抗!!

○ヴァンドギャルド

この馬も狙い方は同じです。上がりを出せるタイプの馬で、かつ賞金的にはここで何とか優先出走権が欲しいという状況。

本来では前走の毎日杯で賞金加算する予定だったでしょうから、一度そこでメイチには作っていたはず。

その点でミッキーブリランテよりも評価を下げました。

ただ、メイチ度に欠けるとはいえ実力的にはもともとレベルの高い東スポ杯好走組ですし、このメンバー相手には十分やれていいはず。

ここは高速馬場適性に期待して対抗評価でいきたいと思います。

▲フォッサマグナ

人気のフォッサマグナだが、ここは評価を落として勝負したい。

共同通信杯では、相手が強かったとはいえキレ味勝負では明確に見劣りする4着敗戦。

今回もそのような結果になりそうで、果たして先行押し切りでどこまで粘れるかというところ。

ルメールJは先週のグランアレグリアのイメージがありますから、積極的に押し切りを狙ってくるはずですが、果たしてこの馬がグランアレグリア程の器がどうか。

前述の通りで桜花賞はグランアレグリアが強かったから勝てただけで、基本的にはキレ味のある馬が上位に来ていたレースです。

そこの意識がルメールJに欠けているとするなら、早めに攻めすぎて共同通信杯のように今回もキレ負けするという可能性は十分にあります。

ルメールJ鞍上の権利取りのメイチの一戦ということでこれ以上は評価を下げれませんでしたが、今回狙いたいタイプではないです。

特注!!

☆ニシノカツナリ

この馬も、やや狙いたいタイプとはズレているのですが素質は相当なもの。

2走前の未勝利戦ははっきり言って楽勝。それもそのはずで、どう考えても新馬戦のレベルは高かった。

この新馬戦、上位に来た馬は軒並み勝ち上がりを決めており、勝ち馬はすでに500万勝ちしてるんですよね。そのメンバー相手の3着は十分に評価できる内容です。

前走ははっきり言って駄騎乗の為参考外。小回りの直線短いコースで、この馬には合っていない印象もありましたね。今回は、未勝利を勝った大箱コースに戻ることはプラスでしょう。

前走以外は上がりもそこそこの脚を使っていますし、この高速馬場でも良い脚を使って馬券内に持ってこれる可能性は十分にあります。

ちょっと先物買い感はありますが、素質に期待しての特注評価としておきます。

連下

△ヴァルディゼール

この馬はこれまで速い上がりを使っていないが抑えておく必要あり。

これまでの2戦は、どちらもタフな開催での勝利でそもそも上がりが出せる馬場ではありませんでした。

いまだ負け知らずで素質は間違いないですし、高速馬場になったからといって一気にパフォーマンスを落とすというのも考えづらい。

好走条件の広いロードカナロア産駒ですし、高速馬場になったらなったで良いレースができそうです。

ただ、この馬は賞金的にここは叩きの1戦。まぁまず頭までは狙っていないでしょう。8分の仕上でも能力で馬券内に来てしまったら嫌だなという理由で連下に抑えておこうとおもいます。

ちょっと絞りすぎな気もしますが、以上の5頭で勝負したいと思います!

買い目公開!!

単勝 ◎
馬連ワイド ◎-○

3連単◎-○▲-○▲☆△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー


コメント