fbpx

皐月賞2019に関するさんたろーの個人的回顧。

スポンサーリンク

 

今回は、皐月賞2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

かなり白熱したレースになりましたねー!!最後の叩き合いはとても見応えあるものでした^^

ただちょっと、審議については皆さん賛否両論あるみたいですね。

僕の意見としては、審議対象になるほどじゃないけど、実際あれが無ければヴェロックスが1着だった可能性も否定できないっていう感じでしょうか。

なんだかややこしくてすみません笑。

まぁでもあんなレベルで審議が長引くのはおかしいと思います。

オルフェーブルとジェンティルドンナのジャパンカップの方がよっぽどタックルしてませんでした?あれで降着が無いのだから、今回の皐月賞で降着を悩むのはおかしな話だと思います。

ある意味、そのジャパンカップが1つのボーダーになると思うんですけどね。過去に良い例があるのですから、しっかりボーダーラインを決めて、審議するにしてもスパッと判断して欲しいですね。

なんか水刺された感じはありますが、そんなことより必死に追った川田JとルメールJを讃えたいし、勝ったサートゥルナーリアにおめでとうと言いたい。

審議がどうとか一悶着ありましたけど、僕は純粋に良いレースだったと思いますよ。では真面目に回顧いきたいと思います。

皐月賞2019回顧

レースの質についての見解

うーん、もう少し馬場がタフ化していればなというのが一番最初の印象。

いやまぁ馬券は当たっているんですが、特注で推したタガノディアマンテが15人気6着…。人気よりも断然走ってくれてはいるのですが、もう1段階〜2段階タフな馬場が欲しかったなという感じです。

先週の高速馬場状態から考えれば、明確にタフ化が進んでいたのは間違いありません。

ただ、まだまだタフというよりは普通の馬場水準に戻っただけという感じだったのかも。

比較的流れたのはあるにしても、決着時計は1分58秒1ですからね。僕は1分59秒くらいだと想定していたので、思っていたより時計が早かったです。

展開についてですが、最序盤は外からダディーズマインドが強めに主張したものの、結局はランスオブプラーナがハナを取りきる形。

クリノガウディーも外から番手を狙う中、内からダノンキングリーやヴェロックスも前に殺到したことから2ハロン目が10.5秒という速さになり、ここがこのレースの最速地点となりました。

逃げ馬候補が明確にいたとはいえ、前に有力馬がかたまるケースでは比較的テンは早くなりますね。

逆に、番手が予想されたアドマイヤマーズはその後ろのポジションに控える形に。

これは先団の内で包まれないようにする為でしょう。実際進路確保はスムーズに出来ていましたからね。

ただ、うーん…。リスクを考えたら悪い競馬では無いと思うんですけどね。結果的にはこの判断が致命傷だったと思います。直線向いた時にあの位置関係ではまず無理です。

道中緩んだところである程度まくっていくレースプランだったのかもしれませんが、ペースが流れてしまいゲームセットという感じでしょうか。

そのペースについてですが、前後半は59.1-59.0のミドルバランス。5ハロン目の地点で1度だけ12秒台半ばのラップをつけましたが、大きく緩むことなくそのまま勝負所へ。

ヴェロックスがやや早仕掛けを選択し、それにサートゥルナーリアが反応したことで各馬スパートを開始。レースの上がりは34.7という競馬の中で、34.1の上がりを使ったサートゥルナーリアが勝ちきりました。

ちょっとびっくりなんですが、最後加速ラップで終わってるんですよね。

レース全体としては仕掛けがやや遅れていて、4ハロン勝負というよりは3〜3.5ハロン勝負になった分というのが1つ理由としてあると思います。

それとやはり馬場のおかげというのもあると思いますね。タフ化がもっと進んでいたら、ミドルペースでラストが加速ラップなんてことはまずないはず。

はっきり言って、こんなラップになってしまうと後ろにいた馬にはまずノーチャンスでしょう。

前の馬もラストまで伸びているところを差し切るなんて尋常じゃない脚を使わなきゃならないですからね。

逆説的に言うと、ミドルペースだったのにラストまで伸びる競馬が出来た上位3頭は普通に強いということになります。ランスオブプラーナは早々に垂れてるわけですから。決してこの馬も弱い馬じゃない。

そう考えると、馬券的にはつまらないですが、ダービーでもこの上位3頭は堅い気がしますね。

それでは各馬の所見を詳しく書いていきたいと思います。

1着 サートゥルナーリア

スタートは無理に出していこうとせず、ほぼ出たなりの競馬。焦ることなくヴェロックスの後ろを取り、折り合いに専念といった感じでしたね。

ヴェロックスが仕掛けたタイミングで外からスムーズに進出していき、直線ではヴェロックスとダノンキングリーとの叩き合いをアタマ差制して1冠目をものにしました。

はっきり言ってこれは強い。着差以上に強い競馬だったと僕は思います。

世代上位のヴェロックスが完璧のタイミングで仕掛けたところを、やや後手を踏んだ上にそれを外からねじ伏せるというのは実力差が無ければ出来ない芸当ですからね。

その上ヴェロックスだけでなく、どハマりしたダノンキングリーも交わしてる訳で、世代上位2頭に対して明確に頭一つ抜けてるんじゃないかと思わせるレースでした。

接触云々はありますが、能力の評価でいくとダービーでもこの馬が本命で良い気がする。

ただ、ある条件でダービーが施行されれば逆転されるシーンは思い浮かぶんですよ。それはまた直前で馬場を確認してから話す事にしますね。

2着 ヴェロックス

やはり川田Jは信頼できる男ですね。こちらが考えているヴェロックスが勝つ為の競馬を100%実行してくれたという感じ。

今回の競馬ではっきりと確信したのですが、この馬は4ハロン勝負が本当に強い。

前目のポジションでも折り合いは完璧につくし、そのポジションから自分で仕掛けて勝負に行ける上にラストまで伸びる。

早仕掛けを自ら演出して、上がり3ハロンを33秒台まで持っていかせないような持続力勝負に持ち込めば、世代屈指の強さでしょうね。

ただ、残念な事にサートゥルナーリアもそのラップ推移で良さを削がれない事がこの皐月賞で証明されてしまいましたからね….

同じような勝負になればサートゥルナーリアにまた軍配が上がるかもしれませんが、ヴェロックスには折り合いという強みもありますからね。

展開や状態面ひとつで逆転する可能性はきっとあるはず。

当然ながらダービーでも買いたい馬ですね。

3着 ダノンキングリー

内枠で差し馬に乗る戸崎Jって、大外ぶんまわして届かない競馬する人じゃなかったっけ?笑

とまぁ、ほんとはこんな風にいじってはいけないくらい今回の騎乗は最高だったと思います。

スタート後、最序盤から主張して好位を内を確保。その後の道中は我慢に徹してラストの末脚を貯める意識での騎乗。

3角でヴェロックスが動いた段階でもまだ我慢。直線入口の段階でもランスオブプラーナとダディーズマインドがいて進路が確保出来ていなかったが、ランスオブプラーナが垂れたところを即座に反応。

進路を内に切り替えてからはラストまでしっかり伸びきって、あわや優勝かと思わせる3着入線となりました。

正直、皐月賞が1週早く開催されていたらこの馬が勝っていたと思う。
そう思わせるくらいラストのキレ味は素晴らしかった。

上がり最速ではないものの、本気で追っているのはラスト1ハロンくらいですからね。ラスト1ハロンのレースラップは11.4ですが、この馬はそこから更に速い脚を使えていたはず。

ランスオブプラーナが垂れなければ万事休すだったことは否定出来ないけど、少なくとも安全を取ったミルコJよりは良い騎乗だったと思います。

ダービーがパンパンの高速馬場だったらこの馬本命でもいいかもなぁ〜。

あ、直前まで黙っていようと思ってたのに笑。

着外 アドマイヤマーズ

スタートは五分に出ていたものの、好位がごちゃくつと判断したためかやや控えての中段の位置どり。

やや掛かりながら道中を進めていたのは痛かったが、それでも4角ではきっちりヴェロックスをマークする形で直線へ。

ただ、マークしたところでヴェロックスの早仕掛けに反応出来ずにそのまま敗戦という感じになっちゃいましたね。サートゥルナーリアが反応する中でこちらは置かれ気味になってしまいました。

レースの質の見解でも書きましたが、この馬でこの位置取りではまず無理ですよ。最序盤から間違ってると思う。

今回のレースでいうなら、ダノンキングリーがやった競馬を狙うべきだったと思うんですよね。例えそれで逃げになってしまったとしても、そのくらい積極的に行くべきだったはず。

ミルコJは、以前はリスクを取って大きなリターンを狙うというまさにG1ハンターとも言える騎乗を大得意としていたはずですが、最近ではそんな騎乗は見られませんね。

今回みたいな安パイのような騎乗をするなら、石橋Jの方が上手いとすら思います。

田辺Jと並んでミルコJはいま絶不調の状態にあるでしょうね。

早く以前のような神騎乗を見せてもらいたいものです。

この馬の次走についてですが、NHKマイルかダービーか分かりませんがどちらにしても勝つことは難しいでしょう。

NHKマイルならまだチャンスがありそうですが、グランアレグリアがいますからね…

本命を打つ気は今のところまったくありません。

馬券外に散った次走注目の馬!!

タガノディアマンテ

僕が特注穴馬に推していたので、一応触れておきます。この馬の買い時は、上がりが35秒以上かかる中山。これでいいと思います。

今回も、あと2段階ほど馬場が悪化していれば差し込んできていてもおかしくなかったはず。雨が降ればなおさら良かった。

イメージとしてはサクラアンプルールにちょっと似てるかもしれませんね。(サクラアンプルールは良馬場希望タイプですが)

他馬がラスト苦しくなる急坂のあるコースで、一瞬の脚で差し切るというタイプ。突然、ラストが減速ラップ専門です。

サクラアンプルールと同じくこの馬も長い脚はないと思うので、例えダービーに出走して道悪になってもちょっと厳しいかな。

春はこの皐月賞が1番のチャンスだと思ったんですが、いかんせん時計がこの馬にとっては速すぎましたね。

自己条件戦でタフな中山に出てきたら全力で狙いたいと思います。

以上で回顧を終わりたいと思います。

ではまた今週も頑張っていきましょう!

さんたろー


コメント