天皇賞・春2019の考え方。さんたろーの深読み競馬理論。

今回は、天皇賞・春2019について、事前考察記事を書いていきたいと思います。

普段はこういう事前記事は書いていませんが、書くときは割と僕の「妄想」が爆発した時です笑。

過去にはジャパンカップや阪神JFの時にも書いていますので、この記事を気に入って頂けたらぜひ読んでみてください。

さて、今回の妄想は何かというところからはっきり言ってしまいますね。

この天皇賞春は、「ノーザンFとJRAの忖度レースなんじゃない?」という話です。

何言ってんの?ww と思う方も、せっかくこのページを開いたのですからもう少しお付き合い頂けると嬉しいです。

では、本題に入りますね。妄想強めの「フィクション」でお届けしたいと思います。

天皇賞春2019の個人的な考え方

馬場状態に関する妄想

近年の京都開催は、本当に分かりやすく顕著な馬場を作ってきますよね。秋と冬は開催初日からタフ馬場だったのに対して、春は真逆の高速馬場開催。

なんと先週の芝2200M戦ではJRAレコードが出てしまう程の高速馬場となっています。

この馬場、もはやJRAがノーザンFに忖度しているようにしか思えないのは私だけですか?笑。

そもそも天皇賞春という舞台は、今のノーザンFにとってはあまり魅力のない舞台です。彼らがメインとして狙っているのは1600~2400のレース。

長距離戦は馬に負担がかかりますし、有力馬はこの時期ドバイや香港、もしくはG1になった大阪杯いう選択肢があるので無理して出る必要がありません。使い分けを検討する中で、ここしか選択肢が無さそうな馬を出走させればいいという感じでしょう。

さらに言えば、近年ノーザンFが力を入れているのはロードカナロアやハービンジャー産駒だと僕は思っています。

特にディープの後継としてロードカナロアの種付料を引き上げることに注力しているはず。社台スタリオンステーションが儲かれば、ノーザングループが儲かるということですからね。

その代償とも言えますが、天皇賞春に適性のあるハーツクライやステイゴールド産駒に力を入れているとはとても思えないんですよね。(個人的見解です)

もしほんとにノーザンFの考えがこんな感じなら、天皇賞春への有力馬出走が今後もどんどん減る可能性がある訳です。

そうなったら困るのはJRAですよね。ノーザンFから有力馬が天皇賞春に出ないようになると、メンバー構成的に盛り上がりに欠けてしまい、結果として売上が落ちてしまうでしょう。

それを避けるには、やはり一大企業であるノーザンFに有力馬を出してもらう他ないのですが、JRAサイドとしてもただ出て欲しいというだけでは説得力に欠けますよね。でも、JRAには出来ることがあります。

それは「馬場の調整」です。

JRAとしては、有力馬に出てきてほしい。でもノーザンFはスタミナ適性の高い馬の育成に注力していない。それなら、せめて馬場を調整しよう!と考えるのは企業としてごく自然だと思います。

まぁ実際に長距離を走るわけですから、スタミナがいらないということはありませんが馬場は軽い方がまだマシでしょう。

真面目な話、JRAが出走してほしい、もしくは勝たせたい馬に対して馬場を調整するなんてことは普通にあると思うんですよね。

顕著だったのは昨年のジャパンカップ。アーモンドアイに忖度したのでは?と思わせる超高速馬場になってましたよね。

この時も事前の記事で馬場の推測をしていましたが、実際その通りになりました。

【参考】
アーモンドアイに関するさんたろーの個人的見解。
https://santaro-blog.com/003-23/
(記事の最後の方で馬場について書いています。)

さて、では今回の天皇賞春に話を戻しますね。ここまでの話を踏まえて馬場に関する壮大なフィクションをお届けします笑。

 

JRAがもし天皇賞春の出走馬集めに尽力したとするなら、真っ先に出走交渉するのはフィエールマンでしょう。

強い4歳世代の菊花賞馬ですから、出走してもらえたら有り難いはずですよね。

別に何もしなくたって天皇賞春に出走してきたかもしれません。

 

でもこの世代の菊花賞は決してスタミナ色が強いレースでは無かったのをみなさん覚えていらっしゃいますか?

とある騎手がラビット疑惑のペースを生み出して、超ドスローの究極の切れ味勝負となった為に距離適性なんか関係無しというレースでした。

そのキレ味勝負になったおかげでフィエールマンは勝ち切れた訳ですから、天皇賞春に純粋に向いているタイプとは言えません。あの菊花賞でスタミナが証明されたとはとても思えませんからね。むしろディープ産駒には鬼門のレースですし。

そう考えると、陣営からすれば何も選択肢は天皇賞春だけでは無いんですよ。でもJRAとしては、菊花賞馬には天皇賞春に出てもらわないと盛り上がりに欠けます。

そこで、JRAはこんな風に交渉したんじゃないでしょうか。

「菊花賞を再現できるような、切れ味が活きる軽い馬場を作りますから!」

って感じで。まあ、こんなやりとりが無かったとしても、事実として今の京都は高速馬場。それがフィエールマンに向いているというのは間違いありません。

ついでに言うと、菊花賞2着馬のエタリオウと3着馬のユーキャンスマイルも揃って天皇賞春へ参戦。どちらもノーザンF生産馬です。

もし本当にノーザンFがJRAから天皇賞春の当日は馬場が軽くなると聞いていたら、この2頭だって向くはずですからそりゃあ出走しますよね。

そう考えると、菊花賞上位組で再度決着なんてことも普通に考えられます。

念のため週中の天気を確認してみたのですが、雨は降るものの金曜日から日曜日は晴れ。それなら普通に良馬場でしょう。もしかしたら多少重くなってくれるかもしれませんが、それは土曜日になってから判断することにします。

まぁ現時点で推測出来る範囲で言うと、JRA x ノーザンFの思惑通り軽い馬場での開催になりそうということです。

そうなれば、馬券的にはもはや人気どころに逆らえないんじゃないか?という気もしますが、もう1つスタミナに関する要素がありますよね。

それはペースです。菊花賞ではラビット疑惑の馬がいましたが、今回はメンバーを見渡す限りはいないはず。

つまりこの忖度をぶっ壊すチャンスを生み出すには、非ノーザンF生産馬がスタミナを必要とするペースを作り出すことが最低限必要だということです。馬場がノーザンFに向くのであれば、ペースでなんとかするしかない訳ですからね。

ジャパンカップで言うところのキセキですね。切れ味を封印する為に淀みないペースで逃げたのですが、アーモンドアイがそれ以上に怪物だった。川田Jの騎乗は完璧でしたからあれは仕方ないです。

その忖度をぶっ壊す可能性のある馬(というか人)が今回もいるのですが、それについては本予想記事で展開面とともに書いていきたいと思います。

もはやこのレースはJRAとノーザンFの最強コンビに1人の男が立ち向かうような図式。その1人のおかげで、菊花賞のように簡単なドスローにはならないと期待したいところです。

ではまた本予想記事でお会いできればと思います!

ここまで読んでくれたあなたはなかなかの物好きですね笑。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!