天皇賞・春2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

 

今回は、天皇賞春2019の予想について書いていきたいと思います。

平成最後のG1レースがいよいよやってきましたね!!しっかりと当てて気持ちよく令和を迎えたいところです。

ただ、ぼくは結構混戦で難しいレースだなぁと感じています。菊花賞組が人気になっているようですが、あの菊花賞はスタミナを問われるレースではありませんでしたからね。ここで信頼できるという裏付けにはなりません。

もちろん能力で好走するということはあり得ますが、人気ほどの信頼をおける感じはしないんですよね。

僕が想定している展開になれば、大荒れまであり得るんじゃないでしょうか笑。

では、どのように考えているか見解を述べていきますね。

天皇賞春予想!!

馬場状態に関する見解

馬場については、傾向が顕著ですね。

「高速馬場」です。

1つ前の記事で書いた通り、JRAとノーザンが忖度でもしてるんじゃないか?と思えるレベルでフィエールマンに向く馬場になってしまいましたね。

もはや、変則開催で土曜日に京都が使われないというところも疑いたいレベルです笑。

平成最後のG1で平成を彩ったディープ産駒が悲願の天春制覇!というシナリオが見え見えなんですが、僕は素直じゃないんでその予想ではいきません笑。

なぜなら、馬場は味方しても展開は味方しないはずだからです。

そんな見え見えのシナリオをぶち壊す男がこの春天には騎乗しますからね。

展開に関する見解

逃げるのはおそらくヴォージュでしょう。週頭まではロードヴァンドールが逃げると僕は思っていたのですが、ヴォージュ陣営は堂々と大逃げ宣言をしてますからね。

ロードヴァンドールも出しては行くでしょうが、この枠順を見る限りでは宣言通りヴォージュが取りきる形になるかと。

その2頭を見ながらの3番手を取るのがメイショウテッコン。この馬も前走逃げていいレースをしてますが、それは豊さんだったから。

福永Jは逃げ馬が他にいれば番手を選択する事が多いですし、この馬はもともと逃げなくても大丈夫なタイプですからね。

この3頭がペースを作っていく形になると思いますが、このペースについては期待も込めて決め打ちでいきます!

「ラスト5Fロンスパ戦」

決め打ちとはいえ、根拠を持ってこの展開になると想定しています。

ヴォージュが宣言通り大逃げしたとして、ロードヴァンドールとメイショウテッコンは序盤から追いかけることはしないはずです。

それに加えて、本質的にスタミナの証明が出来ていない人気馬は後方からになるというのもあり、おそらく縦長の展開になるでしょう。

縦長になれば勝負は向正面。ここのペースの緩みでフィエールマンとエタリオウがポジション差を詰めてくるのはもう誰が考えても分かることです。

ですが今回は前に横山典Jがいますから、そんな簡単にはいかないはず。

後ろが動き出すタイミングになったら必ずこの男も動き出して、ヴォージュに変わってペースをつくりに行くと思うんですよね。そしてそのままロンスパ勝負になるかと。

これをやられてしまうと人気の後続勢はキツイ。

スローのタイミングで楽に取り付くはずが、前も動いてしまうとうまく取り付けません。

しかも、そのまま無理矢理ポジション差を詰めにいこうとすると想定以上に脚を使ってしまいますからね。ここで脚を使うのは、切れ味勝負の馬にはキツイです。

横山典Jは、絶対にこの競馬を狙っているはず。というか、やってくれなきゃ困ります!(この辺の決め打ち感w)

そしてこのロードヴァンドールにじわっとついていくのがメイショウテッコン。この2頭が向正面でヴォージュを捉えに行くことによって、後方の人気馬は直線向いた時に以下のどちらかになっているはずです。

・脚を使ってでも取り付いてきて、得意のトップスピード(瞬発力)は出せない状態。

・ペースが上がったため取りつくのをやめて、ポジション差があるままで直線のトップスピード勝負。

前者でも後者でもはっきり言ってもう厳しい戦いになってるはずです。

前者ならロンスパ勝負に強い馬にやられるでしょうし、後者でもこの高速馬場ですからね。前を走る馬が簡単に垂れるとは思えません。

特にメイショウテッコン。この馬の前走ラップは素晴らしく、ラスト5ハロンから11秒台を続け、ラスト1ハロンも12.0でまとめて勝ちきっています。

前者後者どちらの展開になったとしても、ロンスパになった時点でこの馬の良さは活きるでしょうね。こんなんやられたら後続にはノーチャンスです。

 

まぁこれを福永Jが自力でやれるとは思っていませんので、ロードヴァンドールが動いてくれることが大前提となりますが。

つまり、1つ前の記事で書いたJRA x ノーザンFの高速馬場忖度をぶち壊せる漢というのは、横山典Jの事です。

この男は簡単にノーザンFにはやられないはずです!!ここは一発を狙った騎乗を必ずしてくれるはず!

いつもはノーザン天栄 x ルメールは信頼だからと言っているさんたろーですが、長距離はまた別の話。

横山典Jのラスト5ハロンロンスパ戦に全てをかけた渾身の予想いきます!!

本命!!

◎メイショウテッコン

もう上で書いた通りです。ラスト5ハロンのロンスパ戦になれば、勝てるのはこの馬しかいません。

前走のパフォーマンスからして、10秒台のトップスピードを求められると厳しいですが、11秒台を続ける走りというのはおそらくこのメンバーの中で1番得意でしょう。

ぼくの想定する展開になったとして、あとはロードヴァンドールが動いた時にちゃんと福永Jが動けるかどうか。

さすがにこの馬が切れ味勝負では勝てないというのは分かっているはずですから、ちゃんと早めに動いてくれると思うんですが…

もうここは信じるしかないですね。ロンスパで強い馬なのは間違いないです。それにこの馬はフィエールマンとエタリオウをどちらも負かした経験がありますから、能力的にも劣っているとは思えない。

メイショウの天皇賞春秋制覇にも期待しつつ、この馬を本命として平成のG1を締めくくりたいと思います!

対抗!!

○エタリオウ

人気している菊花賞上位組の中で、この馬だけはスタミナを問われても対応出来そうなステイゴールド産駒。

内のいい枠を引きましたし、ロスなく回ってこれるのはこの天皇賞春では大きなプラスです。

菊花賞こそスローの瞬発力勝負で好走しましたが、キャリア前半では早仕掛けの競馬が多かったですし、スタミナについては陣営も自信があるのでしょう。

ミルコJの腰痛の具合が心配ですが、馬はロンスパにも対応できるはず。

ここは対抗評価でいきたいと思います。

▲ロードヴァンドール

ロンスパ戦のカギを握るこの馬を単穴評価とします。

早め先頭に立つロンスパ戦を選択してさえくれれば、高速馬場の恩恵もあってそのまま残れるシーンがあっても驚けません。

血統的には買える馬ではないでしょうが、阪神大賞典ではスタミナを問われて良いレースをしてますからね。

鞍上込みで期待したいと思います。今回心の本命はこの馬。

特注!!

☆パフォーマプロミス

藤原厩舎の叩き2戦目は買いでしょう。前走は仕上げも8分の中、外伸び馬場をイン突いて4着なら十分な内容でした。

藤原先生が今回どんな作戦で来るかが気になるところですが、おそらく今回は前目のポジションを取ってくるはず。後ろの人気馬と並んでいたら勝ち目ないですからね。

4番手あたりで競馬が出来れば、ロードヴァンドールの恩恵を受けれる可能性が高いです。

それにこの馬は持続力に強いトニービン持ちのステゴ産駒。最後まで走りきれるだろうと期待したくなる血統構成ですから、これだけ人気が無いのなら積極的に狙っていきたいと思います。

連下

△フィエールマン

抑えるかどうか悩みましたが、念のため抑えておきます。

ラジニケ賞から菊花賞直行という異例のローテでルメールJが騎乗した時点でこの馬の素質は相当なもの。少なくともノーザン関係者がそうでも思っていないと、あんなローテで第1ドライバーのルメールJが乗るなんて事はあり得ませんからね。

今回もしっかり間隔を空けての天栄調整で鞍上もルメールJですから仕上がりは万全でしょうし、当然期待もされているはず。

こういう馬は展開が向かずともそれなりに好走する気もしますし、あくまで典さんに潰されて頭は無いという見方ですが2.3着には抑えておきたいと思います。

△クリンチャー

半信半疑ですがこの馬も抑えます。

まず、この馬に高速馬場は向かない、上がりがかかる勝負にならなきゃ話にならないと思うのですが、今回僕の想定する展開だとそうなると思うんですよね。

ロンスパ戦で上がりはかかって、決して終いが加速ラップで終わることはないでしょう。

そうなってくればこの馬にも出番はあるはず。連下には抑えておきたい馬ですね。

ただ、凱旋門賞にトライした馬のその後は本当にパッとしないですからね。この馬もそのケースに当てはまってる可能性はありますし、あくまで抑えまで。ちゃんと期待通り走れるかは半信半疑です。

以上の6頭で勝負したいと思います!

買い目公開!!

単複 ◎(メイン馬券)
馬連 ◎-○▲☆
3連複 ◎-○▲☆-○▲☆△△
3連単 ◎→○▲☆→○▲☆

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!