NHKマイルカップ2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、NHKマイルC2019の予想について書いていきたいと思います。

さて、令和1発目のG1レースがやってきましたね!

平成最後のG1、天皇賞春ではノーザンFに逆らう大荒れを狙って惨敗…。

なんとか令和1発目は気持ちよく当てたい!と思うところですが、このNHKマイルも状況だけ見れば大荒れを狙いたい感じはします。

なんせ前日の東京開催は途中から中止。馬場が大きなダメージを受けているのは間違いなく、断然1人気のグランアレグリアには嬉しくない状況でしょうからね。

でも、今回は天皇賞春のように大荒れを狙うことはちょっと出来ません。その理由は主に2つです。

1つ目は、ノーザンFが得意のディスタンスであるということ。先週の長距離ならまだしも、マイルG1でノーザンに逆らうのは期待値が低すぎると思います。

2つ目は、このNHKマイルCというレースに対してノーザンFが力を入れ始めたということ。

比較的このレースは非ノーザンの馬が活躍してきた歴史がありますよね。ケイアイノーテックやマイネルホウオウ、クラリティスカイなど。

ノーザンFの大目標はあくまでクラシック。その為去年までのこのレースは、非ノーザンの馬に足元をすくわれる形が多かった訳です。ですが今年はガラリとその様子が変わっていますよね。

なんせ桜花賞馬と朝日杯馬がNHKマイルへ回ってくるんですから。

もはやノーザンFはクラシックだけでは使い分けしきれない状況です。その為、明らかなマイル適性の馬はNHKマイルを最大目標とし、ここも含めて3歳G1は絶対落とさないという姿勢に切り替わっているのではないでしょうか。

そうだとすると、もはや逆らう余地無しと思えてしまいますね。

まぁ、逆らわずともせめて馬場と展開で3着以内に入れそうな非ノーザン系の馬を探してみることにしますね。

スポンサーリンク

NHKマイルC予想!!

馬場状態に関する見解

馬場に関しては、正直どこまで回復するかは事前予想では判断出来ません。東京競馬場の水はけの良さは凄まじいですから、明日には馬場は乾いてくるとは思います。

もともと今開催の東京は高速馬場でしたので、NHKマイルCが開催される時間には普通に高速馬場に戻っているという予想でも良いのですが…。

表面上乾いても、地盤は水分を含んでやや緩むはずなんですよね。もともと高速馬場だったとはいえ、タフ化は若干ながら進むはず。

とすると、狙いたいのはロードカナロア産駒ですね。秋の京都開催でもそうでしたが、表面が乾いたややタフな馬場は大得意の産駒です。しかも馬場が速い場合でも力を発揮できるという万能タイプ。

あとは、馬場が緩んでもそこまで苦にせず、かつ東京得意な種牡馬としてルーラーシップ産駒あたりにも注目したいところです。

展開に関する見解

ハナを切りたい馬はイベリスやワイドファラオあたりでしょうか。

先行馬にグランアレグリアやアドマイヤマーズといった人気どころが集まるでしょうから、ペースは緩まないでしょうね。

おそらく、平均ペースで流れるはず。これは過去の傾向からもそうで、このれレースは緩むタイミングが無いんですよね。

しかもそこから、被されたくないグランアレグリアは速めに独走態勢を作りに行くでしょうから、ラスト4ハロンあたりから徐々に速くなっての直線切れ味勝負。平均ペースをラスト4ハロンから動くとなると、最後はラップを落とすイメージで考えておけば良いと思います。

そう考えると、4角で厳しくなるラップに付き合わず、直線での追い込みにかける末脚勝負の馬が穴をあけそうな気がしますよね。

最後まで伸びてきて、ラップの落ちるラスト1ハロンでギリギリ差し込んで来れそうな馬をチョイスしたいです。

では、印いきます。

本命!!

◎グランアレグリア

ここはもう仕方ない。能力は間違いなく最上位で、おそらく1枚以上実力は上でしょう。

そのうえ、モタれる心配のない左回りに変わるのはプラス。あとはメンタル面を考慮して、アドマイヤマーズが馬体を併せに来るの早めに動いて回避するだけです。

ハマった何かに刺される可能性は十分にあるので単勝は買いませんが、ややタフ化が進んだとしても馬券内は堅いんじゃないでしょうか。

飛んだ時の馬券も遊びで少し買いたいですが、この馬の本命は揺るがないですね。

対抗!!

○グルーヴィット

今回狙うロードカナロア産駒の中でも、最も狙いたい1頭。

リエノテソーロやミスターメロディがそうだったように、なぜかダートで走れる馬が好走するレースなんですよね。

この馬もダートを勝ち上がってきたタイプ。その上東京コースに高い適性を発揮するトニービン持ちなら、ここでの激走に期待してもいいはずです。

もはやそう思っている人が多くて穴人気している感じですが、それでもここは狙っていきたい1頭ですね。

▲ヴィッテルスバッハ

こちらも狙いたいと言ったルーラーシップ産駒。

まず、出遅れは覚悟する必要があります。これまでも不器用極まりないレース振りで、ラストの直線だけでここまで勝ち上がってきたという感じですからね。

ただ、それが今回活きてくる可能性は高い。展開でも話したとおりで、前は結構厳しいラップ構成になるはず。その為、後ろから直線勝負をするこの馬に漁夫の利があっても驚けません。

イメージでいえば去年のケイアイノーテックですね。同じように末脚に賭けるレースをしてくれれば1発の魅力はありそうです。

特注!!

☆ヴァルディゼール

狙いたいロードカナロア産駒の1頭。新馬勝ちから重賞制覇する訳ですから素質は高く、北村Jを乗せているあたりノーザンとしても期待の1頭である事は間違いないでしょう。

前走アーリントンカップは度外視でOK。そもそもそこで好走しなくてもNHKマイルには出走出来る立場でしたし、仕上がりも8分程だったはず。

抜群のスタートを切ったにも関わらず、抑えて中団馬群の内目を選択したのは本番を見据えた騎乗ということでしょう。

そのまま先段につけてしまうと、本番で掛かる可能性がありますからね。勝つよりNHKマイルを見据えたレースぶりだったと思います。

順当に前哨戦を消化したここはパフォーマンスを上げてくるはずで、アーリントンカップ好走組よりもこちらを狙いたいですね。

連下!!

△ケイデンスコール

こちらも狙いのロードカナロア産駒です。左回りに変わってパフォーマンスを上げるだろうこの馬は抑えたい1頭。

新潟での走りは間違いなくこの世代で通用するもので、その走りがここでも出来れば。

△ファンタジスト

こちらもロードカナロア産駒。前走はもう距離が敗因でしょう。マイルに戻るここなら世代上位の末脚を発揮してくれるはず。

ヴィッテルスバッハと同じイメージで、ラップ構成が味方してくれれば一緒に突っ込んでくるでしょうね。

△クリノガウディー

いくらなんでも人気なさすぎです。この世代屈指のハイレベルレースだった朝日杯の2着馬がこの人気とは….

しかもその朝日杯と同じマイルに戻る訳ですから、絶対抑えたいですね。朝日杯と同じく最内枠を活かせれば。

以上の7頭で勝負したいと思います!

スポンサーリンク

買い目公開!!

馬単表裏
◎⇔〇▲☆
馬連
◎-△△△
3連単
◎-〇▲☆-〇▲☆△△△
↓オマケ馬券↓
ワイド 〇▲-☆△△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました