ヴィクトリアマイル2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

 

今回は、ヴィクトリアマイル2019の予想について書いていきたいと思います。

さんたろー
さんたろー

勝負度高め!強めに狙います!

ヴィクトリアマイル2019予想!!

馬場状態に関する見解

今週から東京競馬場はBコース替わり。火曜日には芝刈りを実施しており、その上雨が降ることも無かった為極端な高速馬場が発生していますね。京王杯ではレコードが出ましたし、他のレースを見ても軽めの血統が思いっきり活躍している感じ。

とするなら、時計勝負に対応出来るスピードタイプの馬を狙うのがマストだと思います。また、Bコース替わりによって内ラチの状態が良くなりましたから、内目の馬の方が有利であることは間違いないはず。

先週のケイデンスコールのように大外後方から突っ込んでくるというのはよほど展開が向かないと厳しい気がします。イン突きなら話は別ですが、外から差すなら中団くらいのポジションは欲しいところですね。

展開に関する見解

ハナを切るのはミッキーチャーム、アエロリット、クロコスミア、アマルフィコーストの中のどれかでしょうか。この4頭はどうしてもハナというタイプでもないので、案外そこまで前半のペースは速くないかもしれませんね。一番イメージできるのは、内のアマルフィコーストが強めに主張していってハナまで取り切るパターンと、外からじわっとアエロリットがハナを取り切るパターン。どちらにしても、是が非でもハナというタイプが複数いるわけではないので前半はややスローを想定。その為、3~4角で大きく緩むことは無くペースを保っての直線勝負になると思います。

では、印いきます。

本命!!

◎レッドオルガ

全ての条件が揃ったこの馬から行きます。この馬はエリモピクシーの子で、この東京1600では何度も穴をあけてきた一族。

レッドアヴァンセのヴィクトリアマイル3着や、クラレントの安田記念3着など。もちろん、この馬の成績だけ見ても左回り1600がベストであることは間違いなく、東京新聞杯では強敵揃いの牡馬相手に2着に好走しています。それが出来る牝馬は限られるはずですし、この東京1600なら牝馬の中で能力は最上位でしょう。

あとは高速馬場がどうかというところですが、内枠を引いたことでそれも対応出来そうですね。左回りでは中団の位置は取れる馬ですから、差し届く位置での競馬はできるはず。北村友Jはインに拘って進路を確保してくるのは得意な方ですし、上手く距離ロス無しのまま直線捌ければ勝ち負けでしょう。ここは好勝負に期待します。

対抗!!

○アエロリット

本命にするかかなり悩んだ馬。この馬のスピード性能の高さは凄まじく、今回の高速馬場は得意なタイプです。高速馬場で行われた安田記念や毎日王冠では一線級の牡馬相手に好勝負をしており、当然ながら牝馬限定の高速馬場勝負なら勝ち負けできる実力はあるでしょう。

ただ内有利の馬場を想定しているので、外枠を引いてしまったのは痛かったですね。4角で動きやすいといえばそうですが、距離ロスを被りながら頭までこれるかどうか。

それと、海外レースで惨敗後初戦というのも気になるところです。レースは違いますが、凱旋門賞を惨敗して帰ってきた馬は軒並み国内で走れないようになってしまいましたし、アエロリットがそうなっている可能性は否定できません。

そのあたりの不安から本命には推しませんでしたが、能力は最上位の馬。ここは対抗で勝負したいと思います。

▲プリモシーン

鞍上の福永Jがある程度のポジションを確保することを期待しての単穴評価としたいと思います。この馬は分かりやすい馬で、馬郡の中で揉まれるとダメで、外目からスムーズに追えた時は好走するという馬。

高速馬場適性については、すでに1分31秒の時計を持っていますから問題ないはずですし、福永Jならこの枠から無理に内を攻めるということはしないでしょう。ストレスなく外目から追い出しが出来れば頭まであってもおかしくないと思います。

特注!!

☆ワントゥワン

近走成績が悪く人気を落としていますが、ここは1枚抑えたい1頭。前走は前がそのまま流れ込む超ドスロー競馬で差し馬には向かなかったので度外視してOKですし、2走前、3走前はなぜか1400を使われての敗戦ですし気にしなく良いでしょう。

それよりも注目したいのは、去年の富士Sと関谷記念。高速馬場で開催された富士Sでは、強力牡馬相手に好走しており、評価できる内容。関谷記念では、今回上位人気のプリモシーンと差のない競馬が出来ている上に時計勝負にも対応できることを証明して見せています。

それでいてブービー人気なんですから絶対抑えるべき1頭でしょう。ポジションは後方からになるでしょうから展開の助けが必要ですが、ペースが流れてくれれば1撃があっても。

連下!!

連下には以下の3頭を抑えたいと思います。

△ラッキーライラック
△アマルフィコースト
△クロコスミア

内目の枠からこれらの馬をピックアップしました。ラッキーライラックは牝馬中上位の能力を持っていますが、高速馬場ならオルフェ産駒よりディープやクロフネを狙いたいということでこの評価まで。

アマルフィコーストは、持ち時計を短縮する必要がありますが、最内で距離ロス無く前目を取れる今回は怖い存在かと。ダイワメジャーですし、時計に対応する可能性は十分にあります。クロコスミアも同じように内枠から前目の競馬が出来る時点で怖い存在。牝馬限定重賞で何度も穴を空けてきた馬ですし、ここは抑えておきたいですね。

以上の7頭で勝負したいと思います!

買い目公開!!

単勝

馬連-ワイド
◎-〇
馬連
◎-〇▲☆△△△
ワイド(少額)
☆-◎〇▲
3連複
◎-〇▲☆-〇▲☆△△△
3連単
◎〇-◎〇▲-◎〇▲☆

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!