オークス出走各馬の所見。さんたろーの深読み予想。

今回はオークス2019の出走各馬について、所見を述べていきたいと思います。

どうやら1人気になるのはクロノジェネシスかコントラチェックのどちらかになりそうですね。予想オッズではダノンファンタジーが人気を落として、上位人気にラブズオンリーユーが食い込んでくる形になっているようですが、果たしてそれぞれ人気順の通り信頼できるのでしょうか。

そもそも全馬が2400という距離に初挑戦な訳ですから、実績馬が力を出し切れないレースになってもおかしくないですよね。能力上位なのは間違いないですが、正直各馬に不安はあります。

そこで、不安がある中でもどの馬がオークス向きなのか、さんたろーの個人的な所見を皆様にお届けしたいと思います。お役に立てれば嬉しいです。

オークス出走馬の所見。

クロノジェネシス

桜花賞3着。桜花賞後はNFしがらきでの調整となっています。

正直、この馬を馬券から外すことは出来ないと思います。理由を述べる為に、まず桜花賞を振り返りますね。

桜花賞では、初動が速かったグランアレグリアをマークすることでやや掛かり気味の追走。途中からマークを外し折り合いに専念して直線勝負にかけましたが前が壁に。ラスト1ハロンで何とか進路をこじ開けると一気に加速してダノンファンタジーを差し切り3着を確保しました。

この3着という数字を評価するよりも、高速馬場適性が高い走りを見せたということを評価したいですね。桜花賞で見せた瞬発力は今の東京の高速馬場では当然強みになるでしょう。

その上、クイーンカップでは長く良い脚をすでに見せつけていますから、瞬発力だけではなくトップスピードの持続力も高いレベルにあるのは間違いない。

どちらの性能も必要になりそうな今の東京の高速馬場なら、まず無難に信頼しやすいのはこの馬でしょうね。

そもそもステップにクイーンCを使うこと自体が、運営がオークス向きだと考えている気がします。ただの使い分けかもしれないけど。

2歳戦からライバル関係にあるダノンファンタジーとの比較ですが、まずこちらを上に取る方が現実的なんじゃないでしょうか。

その理由は、ダノンファンタジーの欄で書きますが。

最後に1つ懸念材料として気にしておきたいのが、北村Jが上手く騎乗してくれるかどうかですね。ちょっと今回は騎乗が難しいと思うんですよ。

桜花賞では前が壁、先週のヴィクトリアマイルでは本人のせいじゃないですが直線で詰まってゲームセット。

これらの経験を踏まえてここに騎乗するわけですからね。この経験から詰まるのを避けて大外をぶん回したりしたら、それはそれでこの高速馬場で絶対やっちゃいけない騎乗ですし、腹括って騎乗できるかどうか。

僕は期待する気持ちの方が強いですけどね。

コントラチェック

フラワーC1着。フラワーC後はノーザンF天栄で調整されています。

もうね、買わなきゃだめですこの馬。逃げでしか成績が残せていないとか、かかりやすい馬で我慢させる競馬が出来ないのに距離延長なんて無理だとかいろいろあるでしょうが、僕は買います。

理由は2つあります。1つ目は、この馬にルメールJが乗る予定だったから。

もはやノーザンF x ルメールJというのは鉄板クラスの信頼度があり、それの代役を務めるレーンJに関しても超一流ですから割引く理由がありません。

先週のノームコアにしたってそうです。ノーザンFがルメールJを乗せる=陣営は勝てると思っている馬の代役を務めて、しっかり勝ち切りましたからね。

ノーザンF x ルメールJは買い。その代役であるレーンJでも買いです。

そしてもう1つの理由は、近年で最も成績を残している長期天栄調整組。レースの間隔をあけて、天栄でじっくり乗り込まれた馬というのが今の競馬界の中で最もメイチ調整が出来ると僕は思っています。

だいたい、中8週以上のレース間隔をあけて天栄で調整された馬は「絶対に」と言いたくなるほど買いです。

長期天栄調整 x ノーザンF x ルメールJの代表例で言えば、アーモンドアイ、フィエールマンですね。

天栄の調整だけで考えれば、桜花賞に出なかった事はこの馬の最大のプラス要因でしょう。

桜花賞に出ずに使い分けをされたこの馬の鞍上がルメールJ??こんなん怪しすぎるでしょう笑。

結局ルメールJが乗る予定だった馬が強いんだね~とレース後なりそうな気もしますし、馬券には入れておきたいですね。

ダノンファンタジー

桜花賞4着。桜花賞後は在厩調整となっています。

人気馬の中では、この馬の評価は落としていきたいと思います。この馬はかかりやすい馬で、前走の桜花賞でも外枠発信でかかりながらの追走となりました。

グランアレグリアが速めに動いたところを追う形になったのも影響しているでしょうが、ラストは甘くなってクロノジェネシスに差されての4着入線という結果。

いくら早めに動いたとはいえ、マイル戦で終いが甘くなる馬をオークスで信頼できるかというと疑問が残りますよね。

これが、今回クロノジェネシスよりも信頼しずらい最大の理由です。

おそらくスローになるでしょうし、余計に折り合い難があるのはであろうオークスで急に折り合いがばっちりつくとは思えない。

クロノジェネシスも折り合いの難しさというのはありますが、前走の桜花賞でほぼ最後まで抑えて走った馬と、グランを追いかけて早めにスパートした馬。

今回どちらが行きたがるかというのは紛れもなく後者でしょう。それがダノンファンタジーです。

それに、これまでマイル以下しか使われていないのも気になるところ。

あともう1つ。これは当馬に直接関係あることじゃないですが、ダノックスはマイル以下を狙っているんじゃないかと僕は疑っています。

ダノンファンタジー、ダノンプレミアム、ダノンスマッシュ、ダノンシャーク、ダノンシャンティなど。

2400を狙う布陣じゃない気がするんですが果たして。

さて、今回は上位人気の3頭を紹介させて頂きました。

他の馬もブログで書くかもしれませんし、ツイッターでつぶやくだけになるかもしれませんので、ツイッターの方もチェックして頂けると嬉しいです。

本予想記事の方も、今回は早めに仕上げたいと思っていますので、またブログに遊びにきてくださいね。

それではまた!
さんたろー

最新情報をチェックしよう!