オークス2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

 

今回は、オークス2019の予想について書いていきたいと思います。

個人的には、ここは狙うべきポイントがはっきりしているレース。ばちっとはめて的中を狙います!!

スポンサーリンク

オークス予想!!

レースの質に関する見解

先週と比べてやや時計がかかるようになってきましたが、それでも依然として高速馬場の状態。ただ、外差しもだんだん効くようになってきていて、東京得意のトニービン持ちの好走が目立ちます。内がダメということは全然ありませんので、あくまで内外の差が縮まってきたというイメージでいきたいと思います。

そう思う理由は、土曜日のメイステークス。勝ったダイワキャグニーは、内枠発進でしたが最後は外に持ち出しての進路取りでしたから、騎手としてもやや外目の馬場が伸びるという印象があるのでしょう。3着に入ったショウナンバッハも外差しでしたしね。

一方で、その騎手意識を利用して空いた内を攻めたカラビナも十分伸びてますから、極端な外差しとまではいっていないんでしょう。つまり、先週では勝負にならなかった外差しが、内外の差のないイーブンにまで戻ってきたと考えるのが自然だと思います。

高速馬場なのは変わりなく、時計に対応出来るというのは前提としてあります。ですが先週よりも距離ロスの少ない馬に拘った予想をするよりも、長い直線でのトップスピードの持続性に長けた馬を狙っていきたいですね。外差しの馬でもある程度の位置からなら差し届くと思います。もともとオークスはスローの差し脚勝負になりがちというのもありますしね。

では印を発表したいと思います。

さんたろー
さんたろー

僕の本命はこの馬!!

本命!!

◎クロノジェネシス

スピードの持続力、トップスピードの性能ともに世代上位の能力を持つこの馬を本命に推したいと思います。

まず桜花賞を振り返ります。桜花賞では、初動が速かったグランアレグリアをマークすることでやや掛かり気味の追走。途中からマークを外し折り合いに専念すると、直線勝負となりましたが前が壁に。進路をこじ開けると一気に加速してダノンファンタジーを差し切り3着を確保しました。

この3着という数字を評価するよりも、高速馬場適性が高い走りを見せたということを評価したいですね。当然東京の高速馬場でも活きてくるはず。

その上、クイーンカップでは長く良い脚をすでに見せつけていますから、瞬発力だけではなくトップスピードの持続力も高いレベルにあるのは間違いない。

どちらの性能も必要になりそうな今の東京の高速馬場なら、まず無難に信頼しやすいのはこの馬でしょうね。

あとは折り合いがしっかりつくかどうかというところですが、この枠に入ったことでいくらか折り合いはつけやすいはず。まあ、毎度多少はかかる馬ですが、ドスローだったアイビーSでしっかり突き抜けていましたしそこまで心配はしていません。

北村友Jのオークス制覇を期待して、この馬本命でいきたいと思います!

対抗!!

○ビーチサンバ

世代上位とは1枚差がありそうなこの馬ですが、ここは逆転の目があるとみて対抗に推していきたいと思います。

クイーンCでは斤量が1kg重いクロノジェネシスに対して完敗となりましたが、それでもこの馬が見せたトップスピードの質は確かなもの。東京であれだけ走れれば今回もやれていいはずで、これまで瞬発力戦でおかれていたこの馬が距離延長のトップスピード持続力戦で浮上してきてもおかしくないはず。

何より、上位人気に比べてこの馬は折り合いやスタート難が全くないというのが強み。その点で言えば、自由に動ける外枠はむしろプラスになりそうです。

外枠でも折り合いを欠く馬ではありませんし、瞬発力でこれまで負けてきてトップスピードの持続力ではいいものをもっているんですから、先行してしまえと僕は思いますけどね。理想はワグネリアンのような競馬。福永Jに去年のダービーの再現を期待します。

▲シャドウディーヴァ

フローラSで高いスピードの持続力を見せたこの馬を単穴に評価します。ドはまりしたウィクトーリアに負けはしたものの、距離延長となるオークスではこの馬の方がプラスに出るはず。

理由はこの馬がトニービン持ちだからです。東京中距離戦では必ず抑えておきたいと思うほどに、このトニービン持ちの馬が穴をあけるケースが多い。この馬自身東京コースでは複勝率100%ですから、トニービンの血が色濃く出ていると見てよいでしょう。

前走ほど枠順は良くないですが、岩田Jならタイトに回ってきて進路をこじ開けてくれるはず。ここは鞍上込みで期待したいですね。

特注!!

☆シゲルピンクダイヤ

世代トップクラスの走りを見せておきながら、現在5人気とあまり評価されていないこの馬を特注に推します。

ダイワメジャー産駒ということで距離延長が嫌われている部分はあるでしょうが、この馬はこれまでの走りからして折り合いに不安があるタイプではありません。それは追い切りを見ても明らかで、このレースに向けてガッツリ負荷をかけてきているのも好感を持てます。ダノンファンタジーなんかは緩時計で折り合いの調整メインでの参戦ですからね。

3歳春の時点なら、ダイワメジャー産駒の距離適性を折り合いと自身の高い能力でカバー出来ると信じての特注評価とします。

連下

△コントラチェック

買いたいタイプの馬ではないですが買います。もうね、現代競馬ではこういう馬は抑えておいた方が良いです笑。逃げでしか成績が残せていないとか、掛かりやすい馬で我慢させる競馬が出来ないのに距離延長なんて無理だとかいろいろあるでしょうが、僕は買います。

理由は2つあります。1つ目は、この馬にルメールJが乗る予定だったから。

もはやノーザンF x ルメールJというのは鉄板クラスの信頼度があり、それの代役を務めるレーンJに関しても超一流ですから割引く理由がありません。先週のノームコアにしたってそうです。ノーザンFがルメールJを乗せる=陣営は勝てると思っている馬の代役を務めて、しっかり勝ち切りましたからね。ノーザンF x ルメールJは買い。その代役であるレーンJでも買いです。

そしてもう1つの理由は、近年で最も成績を残している長期天栄調整組。レースの間隔をあけて、天栄でじっくり乗り込まれた馬というのが今の競馬界の中で最もメイチ調整が出来ると僕は思っています。

だいたい、中8週以上のレース間隔をあけて天栄で調整された馬は「絶対に」と言いたくなるほど買いです。長期天栄調整 x ノーザンF x ルメールJの代表例で言えば、アーモンドアイ、フィエールマンですね。

天栄の調整だけで考えれば、桜花賞に出なかった事はこの馬の最大のプラス要因でしょう。桜花賞に出ずに使い分けをされたこの馬の鞍上がルメールJ??こんなん怪しすぎるでしょう笑。

結局ルメールJが乗る予定だった馬が強いんだね~となりそうな気もしますし、馬券には入れておきたいですね。

△エールヴォア

この馬もシャドウディーヴァと同じくトニービン持ちの馬。まず出世レースであるエリカ賞を牡馬相手に勝っていることは評価できますし、フラワーカップではこの馬には向きそうもない狭いコースでの2着好走。前走の桜花賞では、距離不足のマイル戦でまさかの上り32.9秒と見どころのある競馬。

あまり人気になっていませんが、世代上位に食い込む能力を見せているのは間違いなく、大幅距離延長のここはやっと適鞍が回ってきたという感じでしょう。これまでのローテで見ても距離延長のタイミングはいずれも勝利していますし、間違いなくここは抑えるべき馬だと思います。

△ラブズオンリーユー

最後に遅咲きの大物感漂うこの馬を抑えておきます。これまで一線級と戦っていないとはいえ、鮮度あるディープ産駒の無敗馬は勢いが止まるまでは買いだと思いますし、能力が高いのは間違いないはず。

それは関係者の発言からも見て取れる部分がありました。前走レース後の調教師コメントなんですが、6~7分の仕上がりでしっかり勝てた、といったような内容の発言をしているんですよね。

これってものすごいことじゃないですか?ここを勝たなきゃオークスには出れないのに、そのレースを7分の仕上げで出走させるということは、勝つこと自体は確信をもっていて、その上でオークスを見据えた仕上げを狙ってきたということですからね。

この調教師コメントを信頼するなら、ここでさらにパフォーマンスを上げてくるのは間違いないでしょうし、抑えておくべき1頭だと思います。

それでも連下までの評価としたのは、毎度出遅れるから。まず後方からの競馬になることは間違いないでしょうし、ミルコJならまくれるとは思いますが果たしてディープ産駒でそれをやって末脚を持たせることができるか疑問です。頭までは厳しいとみて連下に抑えておきます。

以上の7頭で勝負したいと思います!

スポンサーリンク

買い目公開!!

単勝  ◎
ワイド ◎-〇
馬連  ◎-○▲☆

3連複
◎-○▲☆-○▲☆△△△

3連単
◎→○▲☆→○▲☆△△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました