オークス2019に関するさんたろーの個人的回顧。

今回は、オークス2019に関する回顧記事を書きたいと思います。

またレコード出ちゃいましたね!もはや、これが普通と認識せざるを得ないんでしょうか…。

馬場が整っている事自体は努力の結果だとは思うのですが、また怪我の報道を聞くのは嫌ですね。

高速馬場と怪我の関係性についてJRAは否定的ですが、事実として毎週のように怪我の報道が流れますからね…

とにかくこのオークスでは全馬怪我がない事を祈るばかりです。

では、真面目に回顧いきますね。

オークス2019回顧

レースの質についての見解

馬場は先週と比べて内に若干痛みが出ているものの、高速馬場であることは変わらず。外差しが増えてきましたが、依然として時計は早いままでした。

展開ですが、ジョディーがここ1番で抜群のスタートダッシュを決めて、コントラチェックと争う暇さえ与えずにハナを奪取。

コントラチェックも5分には出ていたのでそれを追う形になり、先頭の隊列は比較的あっさり決まりましたね。

ジョディー騎乗の武藤Jが距離にびびってスローに落としてもおかしくは無かったのですが、それを選択しなかった武藤Jの騎乗は素直に称賛したいですね。素晴らしいレースメイクだったと思います。

その武藤Jが刻んだペースですが、緩む地点が一切ない59.1-59.2の平均ペース。

この時期の3歳牝馬が2400を走る事を考えれば、明らかにこの時計では前半ハイペースだと思うのですが、後半も同水準の時計にまとまっているのは間違いなく馬場の影響でしょう。やはり馬場が速すぎると思う。

この馬場の速さも加味してこのペースを刻めているのなら、武藤Jはほんとに最高の騎乗だったと思いますよ。

自身は残せませんでしたが、強烈な差し脚を持つ後続勢を振り切るには平均ペースしか可能性は無い。キタサンブラックがそうしたように、あるいはキセキがそうしたように、後続を完封する為の平均ペースでの逃げ。これで残せないなら仕方ないでしょう。良い騎乗でしたよほんと。

とまぁ、武藤Jの話が長くなりましたがラップを含めてレース全体の話に戻りますね。

この武藤Jの絶妙なペース配分になったおかげで、間違いなくこのレースはハイレベルな戦いになっています。

前後半は先程も記載した通り、数字だけ見たら平均ペースです。ただ、この時期の3歳牝馬にとってこの時計はかなりタフなはずなんですよね。

各所のラップを見ても12秒台後半までラップが緩む地点は無く、息を入れないままの直線勝負。これはもうスーパーポテンシャル勝負と言ってもいいと思います。

イメージ的には、追走するだけでボディーブローのようにジリジリ脚を使わされる感じ。溜めて瞬発力を活かすような馬には完全に向かない競馬になりました。

求められたのは、10秒台の速さを出せる瞬発力ではなく、11秒台の脚をいかに長く維持できるか。

要するに「トップスピードの持続性」が求められるレースだったと思います。

2400戦とはいえ、後半の最速地点でも11.4しか出てないですからね。かなりタフな競馬になったことは明白です。

このポテンシャルを問われたレースで上位に来た馬は間違いなく強いです。

マイルで問われる瞬発力とはまた違いますが、中距離戦線では今後も一定の活躍が見込めるでしょうね。超ハイレベルだったということもあり、出走した馬の今後が楽しみになる一戦となりました。

さて、僕自身の予想についてなんですが、トップスピードの持続性をテーマにしっかり予想は組んでいたんですよね。実際そうなりましたしそれは間違いじゃなかった。

カレンブーケドールって何やねん……..泣

最近、狙うベクトルは合ってても印がハマってこないんですよね。詰めが甘いというかなんというか…。

まぁこればっかりは日々努力していくしかないですね。反省して次に活かします。

では、上位各馬の見解を述べていきたいと思います。

1着 ラブズオンリーユー

はっきり言います。明確に強い。あの位置からこのラップ構成をねじ伏せる事が出来るのは並の馬じゃないと思う。

外差しが効き始めた馬場でかつ前にキツイレースラップになったというのはあるにしても、この平均ペースで脚を削がれなかったのはこの馬の強さの証。

出負けした事はペース的に良かったのかもしれないが、緩む地点が無かったことでミルコJ得意のまくりも難しかったですし、その上勝負所では前の馬もややペースを上げてますからね。この展開で外からしっかり外から突き抜けたのは明確に強いと言っていいはず。

この馬の良さは、高速馬場適性と折り合い、そしてラスト他の馬がしんどくなる地点でぐんと伸びてくるスピードの持続性でしょう。

これなら秋華賞も当然楽しみですね。エリ女の方が適性ありそうですが。

余談ですが、この馬DMMドリームクラブ(バヌーシー)の馬なんですよね。私は現2歳の馬に3頭ほど出資しているのでかなり希望が湧いてきました。今後の活躍にも期待したいですね。

2着カレンブーケドール

これは抑えられませんでした。正直に言ってノーマークです。

確かに、新馬戦ではダノンキングリーに迫る競馬を見せていましたし、その時のエンジンのかかり方も長い直線が向くタイプという認識はあったんですが、前走のスイートピーSをそこまで評価できず…比較的予想の序盤から切ってしまっていました。

この2着という結果をうけて、まず間違いなく高速馬場に高い適性を見せたということと、スピードの持続力では高いレベルにあるという認識を持たなきゃいけないなと反省しました。

今回のオークスは、ラップ構成的にも馬場状態的にもフロックでこれるようなレースじゃなかったはず。純粋にこの馬のポテンシャルを評価すべきだと思います。

秋華賞が向くタイプかと言われるとちょっと違いますね。この馬もラブズオンリーユー同様エリ女の方が向くタイプでしょう。

今回がフロックだとみなされ、次走人気を落とすようなら真顔で狙いたいですね。

3着クロノジェネシス

これ以上はないでしょう。人馬共にこよ大舞台で最高のパフォーマンスを出してくれた。これで負けたのなら仕方ないです。

スタートはすんなり出て両サイドの馬をいかせながら好位を確保。道中折り合いに苦労することはなく、いつでも勝負できるようにコントラチェックとの間隔もしっかり空けての追走が出来ていました。

直線もスムーズにさばいて、全く不利の無い状態での追い比べ。これでダメなら勝った馬を讃えるしか無いです。

僕はスピードの持続性という観点ではこの馬が最上位とみて本命を打ちました。ですが結果は3着。

この結果から言えることは、もう少しだけ瞬発力に寄ってくれた方がこの馬としては良かったのかもしれないということでしょう。

例えば7ハロン地点の12.3秒が12.6秒だっただけでかなり違ったかもしれない。

悪い意味で万能型というか、ギアチェンジもポテンシャル勝負もこなせるけど、どちらかに傾きすぎるとその道のトップホースに冠を攫われるようなイメージですね。

そんなにいい例えとは思いませんが、あえて言うならアルアインに近いのかな。

基礎スピード、ギアチェンジ、ポテンシャルとそれぞれの要素を複合的に求められた時に1番強い競馬をするタイプで、どれか1つが強く求められるレースになると頭までは届かない感じ。

そういう意味では、上位2頭に比べたらこの馬の方が秋華賞には向いているはず。

強敵は多いですが、最後の1冠を取れるように頑張って欲しいですね。

以上で回顧を終わりたいと思います。

ではまた今週も頑張っていきましょう!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!