日本ダービー2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

スポンサーリンク

今回は、日本ダービー2019の予想について書いていきたいと思います。

いよいよやってきましたね!!年に一度の祭典「日本ダービー」!!

似たような気持ちを持っている方は多いでしょうが、個人的には全レースの中で最も的中させたいレースです笑。

だからといっていつもよりも印や点数を多くするなんてことはしませんが、1つだけいつもと違うルールがあります。

それは、本命馬の単勝を必ず買うということ。

日本ダービーは夢の舞台ですからね!肩入れしないようにいつもの手順で本命馬は選びますが、気持ち的に自分の本命馬を単勝馬券握りしめて応援したいという気持ちがあるんですよね。

去年はエポカドーロ、一昨年はスワーブリチャードだったので2年連続で悶絶していますが、マカヒキの時のように今年は何とか的中させたいと思います!!

あ、本命馬はサートゥルナーリアじゃないですよ笑。

では、本題に入りたいと思います!

スポンサーリンク

日本ダービー2019予想!!

馬場状態に関する見解

この春の東京開催は一貫して高速馬場での開催となっています。先々週はBコース替わりということもありヴィクトリアマイルでレコード。先週は内目にやや痛みを伴い始めたBコース2週目の馬場でしたが、それでもオークスでレコードが飛び出しました。

もう高速馬場であることは疑いようがないですね。今週はCコース替わりですし、間違いなくこの状況が継続した状態でしょう。そして痛みが出始めた内ラチ沿いが仮柵によってカバーされるため、イメージとすればBコース替わりだった先々週の馬場です。

今週は火曜日以降雨も降っていませんし、この傾向がいきなり変わる要素もありません。高速馬場で内の方が有利という状態だと考えていて良いと思います。(※土曜日のレースを見て露骨に変化があれば、ツイッターで発信します。)

展開に関する見解

ハナを取りに行くのはロジャーバローズとリオンリオンでしょうか。リオンリオンについては、若手Jのテン乗りということもあり陣営から「とにかく何が何でも逃げろ」という指示が出ているかもしれませんね。そうでなくても、青葉賞での走りについては動画を見て何度も確認しているでしょうから、同じようなレースメイクを目指して騎乗するはずです。

そうすると、前半1000Mは1分を切るくらいのペースになるでしょうか。馬場が速い為、このペースでも後半大幅にラップが落ちるということはなく、後半も60秒を切ってのレコード決着というのも普通にありえると思います。

イメージはまさに先週のオークスですね。先週のオークスは、前後半で59.1-59.2という好時計での平均バランス。平均バランスとはいえ、これを普通の平均ペースと捉えるのは違うと思います。「前半が早かったものの、高速馬場の影響で後半もラップが落ちなかった」と考えるのが妥当だと思います。ただの平均ペースではなく、相当なポテンシャル勝負だったと僕は思います。

1.Cコース変わりですが先週と変わらず高速馬場想定である点
2.オークスと同じくの若手Jの積極逃げになる可能性

この2つの要素がオークスと被りますから、今回もポテンシャルが問われる平均バランスの競馬になると想定してみたいと思います。

では、今回もこのようなペースになるとして上がり3ハロンはどのくらいのラップになるでしょうか。オークスではレースの上がりが35.3、勝ち馬のラブズオンリーユーでも上がり34.5時計だった為、当然似たようなラップになるでしょうね。牡馬とはいえ、この展開になれば上がりは34秒以上かかるはずです。

ということは、速い上がりを求められる瞬発力勝負ではなく、11秒台半ばの脚をどれだけ続けられるかという持久力勝負。要するにポテンシャル戦。ダービーはこれで決め打っていきたいと思います。

では、これらの想定を軸に……

さんたろー
さんたろー

僕の決め打ち予想を発表します!スローだったら諦めます!!

本命!!

◎ヴェロックス

ポテンシャル戦では世代ハイのパフォーマンスを見せているこの馬から盛大にぶち抜きたいと思います。

皐月賞では完璧な騎乗で3.5ハロン勝負のややポテンシャル戦、上がりも34秒以上かかるというこの馬にとって強さを発揮できた条件だったと見ていますが、それでもサートゥルナーリアに負けてしまいました。

ですが今回は逆転の可能性が高いとみています。なぜなら、距離が2400に伸びるからです。

ヴェロックスは折り合いに不安は全く無く、2400への距離延長は問題ないタイプ。まだサンプルは少ないですが、ジャスタウェイ産駒は距離2000以上の成績が一番良いことからもそれは分かります。さらにはジャスタウェイの父であるハーツクライの血統は、距離延長のタイミングで強さを発揮することが多いのもプラス要素。当然ながらトニービン持ちですから東京の長い直線も間違いなく合います。

唯一の不安は、仕掛けが遅れてのラスト3ハロンの瞬発力勝負になることですが、皐月賞でもそうだったように川田Jはこの馬の仕掛けどころはしっかり把握している様子。

外枠発進でいつでも動けますし、川田Jが仕掛けタイミングを間違えるということはまずないでしょう。仮に前半がスローで流れたとしても、その分早めのロンスパでポテンシャル戦に寄せてくれるだろうという保険的な信頼もあります。

自ら動いて上がりが34秒以上かかるポテンシャル戦に持っていけるのはこの馬と川田Jの大きな強みです。他の有力馬が折り合いを欠きラスト苦しくなるところを、この馬だけが最後まで伸びきるというイメージですね。

ノーザンFがロードカナロア産駒の種付料を上げたいのは承知の上。主戦ジョッキーであるルメールJがそのカナロア産駒の馬に乗る予定だったことも承知の上です。

それらを踏まえてもここはヴェロックスの適性の高さに逆転の魅力ありと判断します。

春のG1戦線はこれまで全て外国人Jが勝利しています。せめてダービーは日本人Jの維持を見せて欲しい。それを僕は川田Jに託します!!

対抗!!

○サートゥルナーリア

この馬が対抗になるのは仕方なし。これ以上評価は落とせませんでした。これまでの走りと関係者のコメントを見る限り、世代最強馬に一番近い存在であることは間違いないでしょう。去年がシルクなら今年はキャロットというのもありますしね。

ただ距離延長については明確にマイナスでしょう。これまでのレース振りを見ても、高いスピード性能によるものなのか結構いきたがる感じがあり、鞍上が抑えながらコントロールをしている感じ。

それでもこれまでは突き抜けてきましたが、今回は単純に言えば前走より400Mも抑えながら走る距離が増えるということですからね。

ヴェロックスはほぼ間違いなくリラックスして走れそうなのに対して、サートゥルナーリアはおそらく抑えながらになるのは今回も変わらないはず。

この道中の400Mで皐月賞での差は逆転の目が生まれるはず。それに、メディアでは絶好枠と言われているようですが僕はそうは思いません。

高速馬場で内が良いという見方でいけばもちろん良い枠なのですが、それはもはや騎手も分かっていることです。つまり、裏返せば要所では馬が殺到しやすいエリアにいる可能性が高いという風にも考えられます。マークされる立場ということもあり、この枠は仕掛けどころで結構難しいでしょうね。逆にヴェロックスは距離ロスを被る代わりに直線はスムーズに勝負してくると思います。

スタート楽に出て、先行出来て折り合って、直線もスムーズとなれば圧勝してしまうかもしれませんが、仕掛けどころで先に動くのはヴェロックスです。そこでうまく蓋が出来れば、この高速馬場で前の馬がなかなか垂れなくて邪魔になり追い出しが遅れるはず。

半分くらいは願望が入っていますが、僕の想定する展開になればヴェロックスに軍配が上がると思っているのは本当のことです。強いのは承知でハマるのはヴェロックスとみてこの馬は対抗評価としたいと思います。

単穴!!

▲タガノディアマンテ

長い脚を使えるタイプではなく、中山で上がりが35秒以上かかる展開で買いたい1頭ではありますが、それでも一発の能力を持つこの馬は怖い。

有力馬と同じようにレースするのはきついと思いますが、おそらくこの馬はそれらの馬よりも後方からの競馬。

我慢して我慢して、ラスト2.3ハロンだけで1発を狙う競馬をしてきた時、ポテンシャル戦で他馬が苦しくなってきたラスト1ハロンでギリギリ3着まで届いてしまってもおかしくないだけの脚はあります。

実際、ハイレベルだった皐月賞でも最後は良い脚を見せて6着まで伸びてきましたからね。要はハマれば1芸を披露できるだけの力はあるということです。こういう馬のポテンシャル戦での1撃は抑えておくべきだと思います。まあ、常識的には厳しいでしょうがこの人気なら1枚持っておきたい馬です。

特注!!

☆ロジャーバローズ

Twitterでも軽くつぶやきましたが、こんな大穴扱いならぜひ狙いたい1頭。

皐月賞組に比べて能力が足りるとは思いませんが、それらと同じように中団から競馬をする人気薄の馬に比べたら断然魅力があると思います。ディープ産駒で高速馬場への対応はおそらく問題ないでしょうし、騎手の意識が前目に集まるとはいえ最内から先手を取れれば、ごちゃつくことなく恵まれた競馬が出来る可能性があるはず。

リオンリオンとの折り合いをどうつけるかはレースメイクとして難しいでしょうが、穴をあける為のプラス要素は十分揃っているとみます。下手にペースを落とさず、リオンリオンと共にペースを引っ張る競馬が出来れば。

一応、リオンリオンよりこちらを狙う理由としては、横山典Jが前走走らせすぎていると思うからです。彼が前哨戦に乗って激走させた馬の次走G1成績は結構悪いので……。

連下

△ニシノデイジー

ここのところ全然レースになっていませんが、2歳戦で見せた能力の高さを信頼して抑えておく。

とにかくレースが下手な馬で、結果を出してきた2歳戦すら毎度掛かりながらの競馬。前走皐月賞では序盤に接触があったことで余計にコントロールが出来ておらず、とてもレースにはなっていませんでした。

今考えても2歳時点では東スポ杯2歳Sはハイレベルだったと思いますし、もともとのポテンシャルは高い馬。ここまで人気が落ちる馬ではないはず。ずっと追ってきた馬ですし、ここで激走されても苦い思い出になるので抑えておきます。

△アドマイヤジャスタ

上位とは1枚差がありそうな馬ですがここでは抑えておきます。ホープフルSの2着はそこまで評価していないのですが、ハーツクライ産駒(トニービン持ち)の馬は、ロンスパ気味にガシガシ乗ってくれる外国人Jと手が合う印象。今回はポテンシャル戦想定ですからそれがハマる可能性がありそう。

同じトニービン持ちでいえばシュヴァルグランが露骨にこのパターンに当てはまりますよね。福永Jの日本流優等生競馬ではNGで、外国人Jに変わって強みを発揮するという。アドマイヤジャスタも同様に激走する可能性まで考えて印を回しておきます。

どのみち本命馬券は単勝ですし、あまり手を広げず以上の6頭で勝負したいと思います!

消し馬考察

ダノンキングリー

まず折り合いに不安があるタイプで2400でどうかというところはありますし、この馬は瞬発力勝負の方が向くタイプなはず。皐月賞上位3頭が強いのは承知の上ですが、この予想でこの馬に印を打っていては一貫性がありません。よって、自分の予想を信じて切ります。前半スローの直線よーいドンの競馬になった場合は、あきらめてテレビを消します。

スポンサーリンク

買い目公開!!

基本的には単勝勝負で行きます。そもそもが展開決め打ちですし、余計な馬券は一切買わずヴェロックス頭で勝負!!!

単勝 ◎(ド本線)

3連単 ◎-〇⇔▲☆△△△

3連単 ◎-▲☆-▲☆△△△

馬単 ◎-▲☆△△△

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました