宝塚記念2019の予想公開!!さんたろーの深読み予想。

ご来訪ありがとうございます!さんたろーです。

今回は、宝塚記念2019の予想について書いていきたいと思います。

いよいよ上半期の総決算!宝塚記念がやってきましたね!!

このレースは非根幹距離の内回りコース、しかも開催最終週の梅雨真っ只中に行われるということで非常に難解なレースになりがち。競馬ブロガーとしては、こういうレースこそ当てたいところです。

このレースでプレゼント企画も開催しているわけですし、予想の方もばっちり頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

宝塚記念予想!!

馬場状態に関する見解

土曜日のレースを見る限りはかなり内先行も残せている感じですね。11Rは強烈な差し決着になりましたが、あれは馬場どうこうよりも川田Jが超ハイペースを作り出したからでしょう。

例年でいえば外差し馬場になりがちな阪神芝最終週ですが、これだけやれていれば外差し有利ということはないでしょう。

ただ、今日の開催で宝塚記念の前に芝レースが5回開催されますので、芝の痛みが進行する事も考えて内有利という見方はしません。あくまで内外フラットでいきたいと思います。

展開に関する見解

まぁまず行くのはキセキでしょう。あまりスタートの良い馬ではありませんが、ほかに行く馬も見当たりませんし。この馬をマークするのがスティッフェリオ。その後ろにアルアインが続く形でしょうか。

このキセキに続く2頭がおそらくキセキを潰しにいくはず。この2頭がどう動くかは展開を読む上でかなり重要です。

ちょっとここからノーザンF目線でいきますね。ノーザンF全体での勝利を考えた時に、最もマークすべき相手はもちろんキセキですよね。ただ、ノーザンFのメイン騎手であるルメールJとレーンJは末脚を活かしたい差し馬に騎乗しており、マークしにいける立場ではない。

ではこの2頭が勝つ為に差し有利な展開にするにはどうすれば良いか。
簡単です、ほかの馬がマークしにいけば良いんです。それが、アルアインとスティッフェリオです。

この2頭に乗っている騎手は北村友Jと丸山J。どちらもノーザンFお抱えの騎手ですよね。キセキを潰すように指示が出ていてもなんらおかしなことはありません。

スティッフェリオが超早仕掛けでキセキにプレッシャーをかけ、それにアルアインが続く形。さらにはスワーヴリチャードも早仕掛けを選択するでしょうから、この4頭はおそらくラスト5F地点から11秒台を続けるようなロンスパになるはず。

スワーヴリチャードはノーザンの作戦うんぬんではなく、そもそも右回りはもたれますからね。ミルコJは大阪杯を勝った時のようなイメージをもって騎乗するはず。

こうなれば、あとは2択です。このロンスパの中で適性の高い馬がそのまま勝ち切るのか、それともキツすぎてロンスパを選択した馬は垂れて、その後ろから差してくる馬が勝つのか。

今開催の阪神芝コースですでにサラスが似たような事してますが、僕は宝塚記念もそういったレースになると予想します。

つまり、本命はというと….

本命!!

◎リスグラシュー

ロンスパ組がバテたラスト1Fで突き抜けてくる馬はこの馬かと。

まず非根幹距離2200という同条件でエリザベス女王杯を勝ち切っていることは好印象。

非根幹距離というのは、たかだか200違うだけで適性が大きく異なってきますからね。内容はどうあれこの実績は重視すべきでしょう。

さらにリスグラシューは母系がタフな血統によっており、この馬自身もタフ馬場は問題ないタイプ。

阪神最終週のタフ馬場だからといって、この馬の末脚が削がれることは考えづらいです。

それと、これは補足的な事ですが土曜日の11Rで16番人気ながら4着に激走した馬はこの馬と同じハーツクライ産駒なんですよね。

タフな流れになった時に、トニービンの最後までじりじり伸び続ける末脚がハマってくるの馬場なのかなと。

レーンJが早仕掛けに付き合わず、レイデオロと共に末脚勝負に徹してくれれば結果はおのずとついてくるでしょう。

総合的に見てこの馬が1番展開、馬場状態の恩恵を受けると見て本命に推します。

対抗!!

○レイデオロ

もうほぼ上で書いた通りです。リスグラシューと共に差してくるイメージですね。

ただこちらを上位に取らなかったのは、タフ馬場適性の差。

有馬記念でも2着に好走していますからやれない事はないでしょうが、当時のルメールJのレース後コメントは「ハービンジャーに向く馬場になっちゃったね」と。要はもっと軽ければ勝てたのにという意味です。

今回差しに徹するというコメントが出ているようですし、タフ馬場での差し競馬なら再度差し損ねるという結果になりそう。

前走の海外レースも良くない内容てましたし、狙いたい展開にばっちりハマるとはいえここは半信半疑。リスグラシューを上に取りたいと思います。

▲エタリオウ

タフ馬場のバテ差し展開予想なんで、ステイゴールド産駒のこの馬を本命にしても良かったんですが、いかんせん横山典Jがどう騎乗するかが読みづらく単穴評価としておきました。

後ろから進めてくれれば、脚を溜めた時のこの馬の一撃は破壊力抜群。乗り難しい馬だけに2着が多いですが、ここもうまく乗りこなせれば圏内は十分走れる馬です。

この鞍上なんで、まさかの先行策とかも考えられますし、軸にはしづらいんですが評価はかなり高い1頭です。

特注!!

☆マカヒキ

欧州遠征後崩れた馬は基本買わないのですが、ここはその欧州に近いタフな競馬になりそうなので抑えておきます。

3歳の頃の適性と比べると現在は真逆。ズブズブの不良馬場だった天皇賞・秋で5着とそこそこやれていたり、稍重の洋芝札幌記念で2着に入ったりととにかくタフな馬場に適性が寄っている印象。

ここではその適性がマッチする可能性がある上に、岩田Jならロンスパに付き合わず最後の最後差すという競馬は狙っていそうなので抑えておきたいです。

また、近2走は良馬場でもやれてきており、復調気配があることも気になるポイント。ここでの完全復活というのもドラマがあって良いですよね。宝塚記念は割とそういう舞台でもありますし、普通に期待したいと思います。

以上の4頭で勝負したいと思います!連下も印は打っているのですが、今回馬券の買い目はこの4頭でいきますので割愛します。

買い目公開!!

単勝(メイン)

ワイド(メイン)
◎-○▲(強弱つけて)
馬単
◎→○▲☆
3連単
◎▲→◎○▲→◎○▲☆

以上です!最後までご愛読いただきありがとうございました!

さんたろー

最新情報をチェックしよう!