エリザベス女王杯2018予想公開!!

今回は、エリザベス女王杯2018の予想について書いていきたいと思います。

ちょっとブログのリニューアルあるがあり更新をサボってしまいました汗

お金で得する為のお話を別のカテゴリで記事にしてますので、興味のあるカテゴリがあったら是非ご覧になってみてくださいね。まだ少ないですがこれから増やしていく予定です。

それと、週中たまに更新していたデータ分析や全馬診断は、できる限りツイッターでちょこちょこ発信していきますのでよろしければフォローお願いしますね。

それでは、宣伝はこのくらいにして予想に入りたいと思います。

エリザベス女王杯2018の予想を公開!

展開予想と馬場の確認

今週はBコース最終週、やや荒れ気味で時計もかかっている印象。

まぁ、秋の京都は去年も高速馬場にはらなかったですしこれが最近のトレンドと言えるのかもしれませんね。

展開ですが、おそらく逃げるのはクロコスミアかプリメラアスール。先行馬が比較的揃った印象ですがこの2頭のどちらかが逃げると思います。

プリメラアスールはとりあえず置いといて、クロコスミアは昨年逃げて2着に粘っていることから、今年も同様の競馬を狙ってくる確率は高いでしょう。

続く番手には今回1人気想定のノームコアあたりが積極的に前につけてくるか。

レッドジェノヴァやカンタービレも前走を度外視したら基本前につける競馬をする馬なんですが、今回はどちらになるかの判断が難しいところです。

有力馬のリスグラシューとモズカッチャンは前走後方からの追い込みになりましたが、今回はそこまで下げる事はないと思います。

まずリスグラシューに関してはモレイラJが鞍上なので後方でじっとしていることは考えずらい。早めの競馬が信条ですから、前走よりもポジションは上げてくると予想します。

モズカッチャンの方は、スタートでたらそこそこ良い位置につけるんじゃないでしょうか。

前年と同じ内目で良いポジションを取っておいて最後ロスなく伸びてくる競馬が理想だと思います。

その他ミスパンテールやアドマイヤリードは後方から進めて末脚を活かす競馬でしょうか。

まぁ、一応位置どり予想をしたもののミスパンテールは走ってみないとどこにいるかわかりませんけどね。鞍上次第でしょうし予想するだけ時間の無駄な気がします笑

ペースについてはスローでいいでしょう。

ペースを握るのがおそらくクロコスミアになるということは、早いペースで馬群を引っ張ることはないと思います。鞍上も逃げはスローのイメージですしね。

となるとここで気をつけたいことがひとつ。

「また距離適性関係ないレースになる可能性」

は考えておいた方がいいかもって事です。

時計勝負にもなりそうになく、ペースも楽だとするとやはり距離適性より重視するべきは、

 

「鞍上の実力」と「馬のキレ味」でしょう。

この2つを重視して予想を組みたいと思います。

それではさっそく本命から。

本命!!

◎モズカッチャン

昨年の覇者のこの馬からいきたいと思います。

熱発があり府中牝馬ステークスを回避した事実は重く受け止める必要がありますが、それ以上に買い要素があると考えます。

鞍上はスローならまず馬の実力を引き出してくれる騎手ですし、去年の秋の京都開催の成績を見ても、得意な舞台であることは間違いない。馬場についても去年同様高速では無いですし。

この馬にとっても得意な舞台で、しかも去年同様展開を握るのはクロコスミア。枠順も内目の枠におさまり、ロス無く回ってこれそうなのもプラスです。

ここは条件揃ったと見てミルコJの復活劇に◎を打ちたいと思います!!

対抗!!

○レッドジェノヴァ

前走初の重賞挑戦でサトノダイヤモンドの2着は正直びっくりしました。牡馬とあれだけできるのであれば、純粋に評価を上げるべきだと思います。

しかも、そのサトノダイヤモンドは復権をかけた1戦で、追い切りを見てもかなり仕上がっていた状態だったと私は見ています。

今回斤量が増えるのは不安がありますが、果たして今回のメンバーで十分仕上がったサトノダイヤモンドとあの勝負が出来る馬がいますかね?

今回も時計は平凡の中での勝負になりそうですし、枠も良いところに入りましたから、この馬の末脚が炸裂して突き抜けるシーンがあっても不思議ないかと。

池添Jの勝負力にも期待してここは対抗評価でいきたいと思います。

単穴!!

▲ミスパンテール

ダイワメジャー産駒でこの距離は常識的に考えるとまずあり得ないでしょうね。

でも、菊花賞ってどうでしたっけ?

「ドスローで距離適性関係なし」

のレースでしたよね。

今回はラビット疑惑まで出るようなレースにはならないと思いますが、冒頭で話した通り距離適性が関係ないレースになる可能性が少なからずあります。

 

ただでさえ去年有馬のクイーンズリングみたいに、距離適性については超越してくることは良くある話ですし、競馬関係者より馬券購入者の方が距離適性を気にして馬券を購入しているイメージが強いです。それなら、こういう馬を買えたら間違いなく妙味はあるはずですよね?

 

実際、今回も距離不安で人気ないですし。

スローで予想するなら人気の逆手をとってこの馬の自在性とキレ味を評価して印を上げるのが大きい妙味を産む予想になるかと思い単穴評価としてます。

大外なので最後方ぽつんの可能性はありますが、それでもばらつきやすい京都外回りで内をロスなく貫けたら着内に飛び込んでくる可能性は十分にあると思っています。

あとは鞍上がやってくれるかどうか。技量は間違いないので、ここは僕の期待にこたえて馬券内に飛び込んできてください!(願望)

特注!!

☆アドマイヤリード

とにかく追い切りが今回凄まじい。

例えるならヴィクトリアマイルのジュールポレールにイメージが近いと思う。

この先の事は考えてないとも思えるほどにここをメイチで仕上げてきた。

ノーザンFの見解を代弁するならば、すでに旬は終わりお役御免という感じかもしれないけど、こんな追い切り消化してくるくらいだから少なくとも調教師は諦めてないはず。

藤岡康太Jも以前のイメージよりは上達した感じはあり、今年の秋はきっちりとワグネリアンを1着に持ってきていますし、この枠順なら変な競馬にはならないかと。

スローの瞬発力勝負で、時計も必要無さそうとなればレッドジェノヴァと一緒に突っ込んできてくれてもいいはずです。

自在性という点と、データ上マイナスである5歳馬という点でミスパンテールよりも下の評価にしましたが、ここはかなり期待はしています。

連下には以下の馬を抑えたいと思います。

連下

△ノームコア

ノーザンFxルメールで人気しすぎている感あり。

ノーザンFの見立て通り、僕もこの馬は強いと思いますが、初G1で古馬との対戦も初、初の長距離輸送、初の距離と乗り越えるべきハードルが高すぎる。

強さは分かるけど、本当にオッズほど信頼出来るか?と言われた時に信頼度はモズカッチャンの方が高いと感じた為強くは狙いません。それよりもモズからの3連複荒れ馬券に期待します。

△カンタービレ

CデムーロJ、去年より乗れてないですよね?折り合いが難しい当馬で、今年の鞍上がテン乗りで上手く捌けるか疑問です。

ペースも遅くて余計難しい印象。抑えますけどあんま期待してないです。

△フロンテアクイーン

内枠に入った時点で買わなきゃいけない馬。G1で足りるとは思っていませんが、小回りG3で活躍してきた馬が、直線長い前走のG2で3着に入ったのは大きな収穫かと。

相手に関係なく最後まで一生懸命走る馬ですし、枠順を活かして3着があっても。

以上の7頭までで勝負したいと思います!!

買い目公開!!

ここまで読んでもらったら分かるかと思いますが、今回はノーザンFの意向に逆らう形で印を回しています。

ノームコアxルメールJが決まってからラッキーライラックとリリーノーブルの回避が決まったことなんで気にしない。

 

ノームコア勝たせにきてるけど気にしない!!笑

今回はその思惑、阻止させてもらいます!!(阻止するの僕じゃないけど笑)

そんで、阻止するのはやっぱあんたしかいない。

ミルコJは今回で復活するんや!!(願望)

馬単 ◎-○▲☆△△△
3連複 ◎-○▲☆-○▲☆△△△

最後テンション壊れましたがこれで勝負します!!

ミルコJ、天皇賞・秋の分も頑張れー!!

最新情報をチェックしよう!