fbpx

さんたろーの新潟記念2018回顧!各馬の評価は?

スポンサーリンク

今回の記事は新潟記念2018の回顧記事になります。

まずは結果確認からいきますね。

新潟記念2018 結果!!

 

1着ブラストワンピース
2着メートルダール
3着ショウナンバッハ

 

勝ち時計1:57.5
59.2-58.3 0.9秒のスローバランス

 

12.9-11.1-11.6-11.7-11.9-11.9-11.8-11.7-10.7-12.2

 

まず、今回の馬券の敗因として言いたいのは、狙った時計よりもかなり早い決着になった、というところ。

 

新潟の排水システムはすごいですね。正直もっと重たさが残ったままだと思っていましたが、こんなにも早いタイムが出るとは….

 

58〜58:5で考えていたのでこの時計での決着では僕が狙った馬が上位台頭することは難しいです….

 

一応、今年はバランス的にはスローではありましたが、やはり速い時計が要求された場合には差し馬が明確に台頭してくる。これは来年も覚えておいたほうがいいですね。さらに、今年はL2ハロン最速となり、スローの割に仕掛けを待つようなレース展開になりました。トップスピードの性能としてはダントツのブラストワンピースが、ギアを上げて一気に突き放したのも理解できる話ですね。

 

僕のおおまかな予想としてどうだったかの確認ですが、

 

ペースではややスロー
→△実際にはスローペース
重ためで力のいる外差し馬場
→△かなり回復した外差し馬場

 

やっぱり、若干ずれていたのかなと感じますね。
まぁ、合っていても配当妙味的にブラストワンピースを本命にすることはありませんでしたから、このレースはどうあっても当てられませんでした。僕の考えではショウナンバッハも買えませんでしたし。

 

でも、こういうところは僕の悪いところですね。1人気でも抜けて強い馬は、最低でも2列目までに入れておくべきところ、全然そんな気にはなりませんでした。狙いすぎるのは良くない。強さが本物の馬は素直に買おうと反省しました。

 

それでは各馬について見解を述べていきたいと思います。

1着「△」ブラストワンピース

古馬を相手に追って促すだけで完勝。映像を見る限りだとムチは入れていないように見えた。

 

はっきり言って、このメンバーでは10回って9回は勝ててしまうほどの力量の差があった。

 

ただ、ダービーの時もそうだったが、スタートは拙い部分がまだ残っていて、少し出負けした感じにはなってましたね。

 

この部分については、正直ダービーから成長していないと思う。どのレースでもこうなってしまうことは今後も頭に入れておく必要があります。

 

ただ、そこでどっしり構えてエスコートできたのは池添Jのメンタルの強さだったり、馬への信頼があってのことだと思いますが、とにかくいいレース運びだった。

 

最後外まで出せれば必ず勝てるという感じで、道中のポジションがとれなくてもまったく意に介さず、それよりも外に出してあげようという点をかなり意識して乗っていたと思う。

 

馬も期待に応えて、直線の伸びはかなりのものだった。

 

秋については、当然菊花賞も期待できる存在になると思う。

 

菊花賞でなら、スタートが拙くてもほとんど影響はないですし、折り合いは問題ない馬だから後方待機でじっくり構えて、自分のレースが出来ると思う。

 

あとは、今回トライアルを避けてまで新潟記念ん使った理由の1つ、右回りがどうかというくらいじゃないかな。

 

しかし今年のシルクの馬はいい馬が多すぎる….

 

最近G1勝ててなかったし、一口馬主が離れてしまうのを懸念したのかな。とにかく現3歳世代はシルクにいい馬が集まっている。

 

こういうファクターからも、秋は考えていった方がいいね。

 

アーモンドアイとこの馬で秋の3歳G1どっちも取っちゃうかも。

2着「無」メートルダール

ほんと1つ言わせてもらいたいのが、福永Jとは相性が悪い。笑

 

ただ、今回のでついに反省した。後方待機馬はお手本のような騎乗で最後にしっかりもってくると。

 

まぁ、それで外回しすぎて、上がり最速で4着とかやっちゃう時もあるから、いまいち確信を持ちづらいところはあるものの、先行馬や中団の馬で馬群に入れてるときよりははるかに馬の力を引き出せている。

 

前にいったビッグアーサーを内枠でどん詰まらせたのが未だに頭の中にあって印象としては良くないのだが、追い込みでペルシアンナイトを持ってきたり、サングレーザーでぶっさしてきたりと、後方からなら比較的強い馬をしっかり持ってきている。

 

だがいずれも私は馬券を取れていない!笑

 

この秋競馬から認識を改めます。

 

さて、当馬の見解ですが、溜めたときの足は持っているということでしょう。

 

この馬もやや出負けした感じで、無理せず後方からというスタート。

 

ブラストワンピースをマークしながら進めていき、最後までブラストワンピースにしっかりついていって追い出されたが、トップスピードが勝ち馬とは差がありすぎた。

 

この馬には比較的得意な展開になったと思うし、いい競馬をしましたがブラストワンピースを逆転するのは今後も不可能だと感じてしまいます。

 

それでも、勝ち馬が強すぎただけで重賞を勝つチャンスはある馬だと思います。

3着「無」ショウナンバッハ

この馬も後方からでしたね。ブラストワンピースを見ながら進めたというよりは、で負けした上に行き足がついてなかったので、自然にあのポジションしかなかったのでしょう。

 

結果的に後方1.2.3番手の馬で決着したので、かなり展開が向いての入線であることは間違いありません。

 

この馬自体は、どんなレースでも自分の足はしっかり使っていて頑張り屋さんなのは分かっていたのですが…逆に言えば毎回足を使っていて届かずなので馬券内までは来ないと判断してしまいました。

 

僕の中では、今回馬券内に入ったからといって、頑張るけど少し足りない馬という認識は特に変わりません。

 

ここで覚醒したとは言いづらいです。出負けして行き足もつかなかった中で、三浦Jのエスコートは確かにうまかったですが、いつも通り自分の足を使ったら今回は3着に入れたという感じで捉えています。

 

これで次走狙えるかというとそれはまたフラットで考えるべきだと思います。

 

次に私の本命馬の敗因を確認しておきます。

10着「◎」グリュイエール

道中かなり暴れていましたね。何度も頭をあげてかかっていたか、もしくは何かが気に入らなかったのか。

 

とにかく、全然落ち着いて走ることが出来ておらずレースになっていなかった。

 

これだけの仕草を出す馬なら、調教過程から分かってもいいくらいだけど、なぜ馬群の中で競馬したんだろう….

 

1番外を追走する形なら、もう少し落ち着いて走れた可能性はある。

 

今回は直線向く前にジ・エンドだったからとにかく残念でした泣

 

力はある馬だから、次走も期待したいけど、次は落ち着いて走れるかといったら分からない。

 

とりあえず、内枠なら次は様子見で馬券を買うことはしないかな。

 

以上、簡単ではありますが、新潟記念の回顧でした。

 

あなたの参考になれば嬉しいです!

 

さんたろー


コメント