新潟記念予想!データ分析から見るさんたろーの穴馬チョイス!

スポンサーリンク
今回は、新潟記念2018の予想に役立つデータについて書いていきたいと思います。
新潟記念と言えば、2017年は3着に12人気のカフジプリンスが突っ込んで来たり2015年にはロンギングダンサーが13人気で3着に入ったりと結構荒れるイメージが有ります。
それらの馬を見極める為に、データから何かヒントを得ることはできないでしょうか?使えそうなデータを集めたので、各項目を確認していきましょう!

目次の項目をクリック(タップ)して頂くと、その項目まで飛ぶことができます。

スポンサーリンク

データ分析で見つける穴馬! 新潟記念2018予想!

新潟記念血統データ! サンデー系に注目!

見出しにも書きましたが、サンデー系が絶好調ですね!!
というか、過去5年の馬券内に来た馬は全てサンデー系です!!
これは無視するわけにはいかないですよね!!
サンデー系といえば、ディープインパクト産駒、ハーツクライ産駒等が代表格としてあげられます。去年の3着馬カフジプリンスも、ハーツクライ産駒でした。
サンデー系の人気薄は買っておいてOKといいたいところですが、今年の出走馬では、ほとんどサンデー系の馬なんですよね….
サンデー系じゃない馬の方が少ないので、非サンデー馬を以下に記載しておきますね。
非サンデー系出走馬一覧
・エンジニア
・ストーンウェア
・ブラストワンピース
・メドウラーク
ブラストワンピースは人気になっていますが、血統分析からは好走馬に該当しません。強いのはよく分かりますが、今回はどうでしょうか?
続いて過去の配当を確認していきます。

新潟記念の過去配当は高配当寄り!どのゾーンまで狙える?

過去5年の高額配当は以下の通りとなっております。
(独自の感覚で配当を区分けしております。)
馬連
・20倍以上   2回
・50倍以上   1回
・80倍以上   1回
 馬連で20倍未満に収まったのは1回だけですね。
3連複
― 100倍以上 2回
― 300倍以上 0回
― 500倍以上 2回
これはすごい!!3連複が100倍未満で収まったのが1回だけということは、人気薄が2頭以上よく絡んでいるということですね。
3連単
― 200倍以上  1回
― 500倍以上  1回
― 1000倍以上  3回
馬連、3連複の過去データからも明らかですが、3連単が200倍未満で収まったことはありません。
3種の馬券オッズを見ていくと、中穴〜大穴馬が馬券内に2頭、しかも頭の時もあるといったイメージでしょうか。
今回は大万馬券を当てるチャンスですね!!
続いて人気別データも一気に確認してしまいましょう。

人気別の成績一覧!

1人気(1.2.0.7)
2人気(1.1.0.8)
3人気(0.0.2.8)
4人気(0.0.1.9)
5人気(3.1.0.6)
6人気(2.1.0.7)
7人気(1.0.1.0)
8人気(0.1.1.8)
9人気(0.3.1.7)
10人気以下(2.1.4.69)
1人気と6人気で連対率が同じ!ww
さらに、馬券内率で言えば9人気の方が実績的には良いというのはとんでもないですな。
はっきりいって、このデータからは軸は選びづらい!!!
ただ、これを見て人気馬を軸に取ったらもったいないと思う。
今年は人気で決着する可能性ももちろんあるが、データ上、下位人気馬と来る確率が一緒なのであれば、当然オッズがつく方から馬券を買う方が美味しい。
 穴党のあなたなら、軸にするのは5人気〜9人気あたりから選ぶといいかもしれないですね!
 人気データだけでいったら、人気馬を買うよりも5.6人気-7.8.9人気の馬連ワイド買いが期待値高い!!
 ハンデ戦って最高。笑
 当たればだけど…..笑

新潟記念の枠順別の成績データ!!偏りはあるの??

枠順別の成績データは下記の通りとなっています。
1枠(2.2.0.16)
2枠(1.0.1.16)
3枠(2.3.3.11)
4枠(1.2.2.14)
5枠(1.0.2.16)
6枠(1.2.1.16)
7枠(1.2.1.22)
8枠(1.1.0.26)
ワンターンの2000m戦の為、内外の有利不利はあんまり考えなくてもいいかも。ただ、先週は外目を選択する騎手が多かった事から、内はかなり荒れている状況だとは思う。
このレースの枠順の特徴というよりは、今の馬場バイアスを察知してどこが有利かを判断する必要がありますね。
 一応、このデータだけで判断するのであれば3枠が良さそうです。

新潟記念では脚質はどれが一番有利なの?

 以下の2つの観点から、過去5年を振り返ってみますね。
前後半のペース
1着〜3着馬の4角通過順
  • 2017年  4角通過順
2 → 5 → 3
勝ち時計1:57:9
前半59.0 – 後半58.9
平均ペース
  • 2016年  4角通過順
17 → 15 → 16
1:57:5
前半58.5 – 後半59
ややハイペース
  • 2015年  4角通過順
3 → 2 → 6
1:58:2
前半58.8 – 後半59.4
ややハイペース
  • 2014年  4角通過順
11 → 7 → 15
1:58:3
前半59.0 – 後半59.3
平均ペース
  • 2013年  4角通過順
10 → 1 → 3
1:58:9
前半59.9 – 後半59.0
スローペース
こうして見ていくと、意外と流れるイメージでいいんじゃないでしょうか。
だいたいですが、1:58:0よりも時計がかかれば、ややハイペースで推移しても前が残りやすい。
全体時計が1:57:5くらいまで早くなり、ややハイペースだと明確に差し馬が台頭してくる感じ。
2013年のスローだった時は2.3着に前が残って、1着のコスモネモシンだけ後方からですね。2.3着の前目の馬でも上がり2位と3位だったのに、それよりも0.5早い上がり1位の脚を繰り出してきました。
スロー〜平均ペースまでと予想するなら、基本前を狙う感じでOKだと思いますが、軽ハンデの差し馬には注意した方がいいですね!
このコスモネモシンも斤量52kgでしたからね。
今年のメンバー構成の場合、ペースや隊列はどうなりますかねー。
さんたろーの個人的な展開予想については、予想公開記事の根拠の項目で述べていきますのでもう少々お待ちくださいませ。
最後に、今回はハンデ戦の為、斤量別の成績データも確認しておきましょう。

斤量別好走データ一覧!!

  • 51kg以下(0.0.0.8)
  • 51.5〜53kg(2.0.1.30)
  • 53.5〜55kg(3.3.6.48)
  • 55.5〜57kg(4.6.3.36)
  • 57.5kg以上(1.1.0.15)
55.5〜57kgの馬が一番馬券になってますね。
それよりも注目なのが57.5kg以上背負わされた馬の成績が悪い!ということ。
実績馬は斤量背負わされるけど、それでも人気になる。そんでもってぶっ飛ぶから高配当の決着が多いわけですね。
55.5〜57kgで軸を選ぶとして、相手探しは軽ハンデ馬をチョイスした方が美味しい馬券にありつけそうです。

新潟記念2018 データ分析まとめ!!

  • サンデー以外は割引
  • かなり荒れやすいレース
  • 一応3枠が成績良好
  • 脚質は基本前
  • ただし斤量軽い穴馬は脚質なんでもあり!
 という感じでしょうか。
これらを踏まえて、現時点でさんたろーが期待している穴馬はこちら!!
マイネルハニー
  • サンデー系
  • 斤量56kg
  • 前目(逃げになっちゃってもOK)
  • 左回り1800~2000は得意条件
  • ※いつ走る馬かわかりずらい笑
血統OK、脚質OK、斤量OKなのに予想オッズでは6人気。まぁ、いつ走るか分かんない感じの馬で、近走の惨敗っぷりで人気を落としてる感じですかね。6人気というのも、消去法というか、押し出された感じだと思います。
マイネルミラノもデータ的には有りですから、マイネルのワンツーを見れるかも??
他にもデータ以外のファクターから、今回狙いたい穴馬がいるのですが、それは予想を公開する記事で述べたいとおもいます。
【以上、あなたの参考にして頂けたら嬉しいです!】
最後までご覧頂きありがとうございました。
さんたろー

コメント

タイトルとURLをコピーしました