NO IMAGE

ローズステークス2018予想!!買い目を公開!!

今回は、ローズステークス2018の予想公開記事となります。

まずいっこ言いたいのですが、

予想オッズと現時点のオッズ違いすぎない??

(記事を書いているのはレース当日の朝8時頃。)

確か、想定ではカンタービレが3人気でフィニフティが4人気だったような、、、

それぞれ、5人気と9人気になっておる。代わりにセンテリュオとオールフォーラブが人気している様子。

個人的には、どっちも来ない確率の方が高いのではと思っているので人気してくれておいしいとは思うのですが、反面不安にもなりますね。

もしや、自分を信じていけばいい具合にあれた馬券が取れるかも、、、?

ということで、さんたろーの予想を発表していきます。

こんな考え方もあるんだな、程度に参考にしていただければ嬉しいです。

それでは、さんたろーの見解を述べていきたいと思います。

ローズステークス2018の見解!

さて、まず確認しておきたいのが、このレースは差しが効きやすいということ。そこをしっかり踏まえて展開を確認していきたいですね。

 

展開やペースはどうなる?

 

まず、メンバーを見渡してみると、どう考えても先行争いは激しくならないでしょうね

まず、先行馬が少ないということもあるけど、スタートが早い馬がそもそも少ない。

ラテュロスくらいしか行く馬はいなそうですし、単騎逃げは濃厚でしょうか。

ただ、この馬を逃がすと、ほぼスローが確定する。

この馬、過去に逃げたレースは全てドスローの競馬。鞍上の性格としても、早いペースで逃げるようには思えない。

続いて、ゴージャスランチ、オールフォーラブ、カンタービレがそれを見ていく感じでしょうかね。

オールフォーラブとカンタービレは秋華賞への賞金は持っているし、いくら遅いスタートになろうが逃げの手に出ることはないだろう。本番に影響でちゃまずいしね。

もしかしたらテン乗りのルメールは陣営の助言を無視して、自分が勝ちたいがためにハナにたっちゃうかもしれないが、警戒するべきなのはゴージャスランチの方かな?

鞍上は、遅けりゃいく。そして逃げさせるとほんと上手く残してしまう。

ミスパンテールやマイスタイル、アエロリットでそういうことがあった気がするね。まあ、この馬が逃げるのは確率の低い話だが、馬券を組む上では一応考えておいたほうがいいかもしれません。

馬場コンディションですが、雨の影響もあってか、前が結構残る。このレースの特徴とは真逆な状況ですね。明日になっても、その傾向が急に逆転することはないでしょう。回復しても、例年通り差しが絶対有利というよりは、前後フラットで考えておきたいところ。特に、追い込みに関してはかなり厳しいと思っていたほうがいいでしょうね。

 

予想印を公開!!

本命!!

◎サトノワルキューレ

 

この馬、賞金をもっている為、本番に向けてここで好走する必要はない馬です。ただ、気になっているのが、ミルコJがどう思っているか?

いつも通りのミルコなら、前哨戦は90%以上の確率で、本番に向けた余裕残しのレースをしてくる。

 

去年でいえば、G1のセット騎乗が決まっている馬の前哨戦で、1着にきたのはアルゼンチン共和国杯のスワーブリチャードだけ。

 

そのスワーブリチャードだって、勝とうとは思ってなかったでしょう。ノーステッキで軽く促したら勝っちゃっただけですよあれ。

 

そういう理論的な予想があるなか、なんでこの馬を本命にするのか?というと、、、

 

今回は特殊だからです。

 

何が特殊かというと、本番にどうあがいても勝てなそうな怪物がいるということ。

 

ミルコがどう考えているかにつきますが、本番でアーモンドアイに勝つのは難しいのと考えていれば、ここは前哨戦とはいえ1着取りに来ちゃってもおかしくないのでは?いくらG1ハンターのミルコとはいえ、そこはやはり商売ですから、稼げる方で頑張った方がいい気がしますよね。

 

さらに、保険としてですが、ここがいつものミルコJの通り、前哨戦としてのレース振りだったとしても、3着内には入ってきそうな要素もあるんです。

 

それは、このレースがドスローになる可能性があるということ。

 

 スローペースで、道中戦略の幅が広いときというのは、ミルコJは本当に上手い。道中緩んだと分かれば、前目まで押し上げていって、しかも勝負どころまでその位置でかからせることなくピタッと馬を制御できる。

これができる騎手は日本にはほとんどいないでしょう。

というか、そもそも陣営から騎乗内容をすべて任されていないと、道中そんな動かし方はできないから、必然的にドスローでも誰も動かずになることが多い。でも、ミルコJは騎乗内容の支持があっても自分の判断で騎乗しちゃうことが過去にも結構ありますし、今回についても自分の考える通りに動くでしょう。

その強みを活かして、ここは馬券から外すことはできないと判断し、本命にさせていただきました!そもそも馬の力自体は本物ですしね。ここは強い競馬を見せてくれるでしょう。

 

 

対抗!!

〇カンタービレ

なんでこんなに人気してないの??

・賞金持ってるから。

 

・このレースは差し有利だから。

ですかね?この2つについては確かにそうなんですが、どっちも疑問符がつく内容だと思う。

まず、賞金持ってるのにテン乗りになるルメールJを乗せるのはなんで?そしてルメールJも騎乗依頼を受諾していることも気になる。

テンのりになるのを分かっていて陣営は依頼し、どうせテン乗りになるルメールは当然ここは勝つことしか考えてない。その中で、この馬の騎乗依頼を受諾した。

ってことはさ、

勝てる可能性のある馬に勝ちに行く騎手が騎乗する

ってことでしょ?当たり前の話をしてるように聞こえるかもしれませんが、大前提としてこれはG1じゃないんです。こういう前哨戦に限っては、勝ちにきてる馬を見抜くことはすごく大事。

私の予想が当たるかは別として、私は上記の理由から、カンタービレに印を回さないわけにはいきません。馬場予想としても、今年は例年ほど差しだけで決まるとは思っていませんし、このレース相性のいい外枠。3歳牝馬の気難しい時期に外枠でスムーズにいけるのはやはり有利でしょう。

ここは、普通に好走してくる1頭だと思います。

単穴!!

▲ゴージャスランチ

この馬、好走が多いディープ産駒でじゃないですし、レース傾向とは違う前に行く馬。ただ、もう先に述べていますが今回は前の馬にもチャンスがあると思っています。

さらに、ドスローになるのはほぼ確定的となれば、鞍上は動くでしょう。こういうときの勝負勘はほんとに素晴らしいものがあると私は思っています。

動きやすい外枠ですし、ここは優先出走権獲得のため、勝負にでてくれるのではないでしょうか。

後ろがけん制しあっている間に、この馬がスムーズに抜け出して馬券内に残ることを期待します。

 

特注穴馬!!

☆ウラヌスチャーム

 

この馬、素質は絶対的にある。

 

新馬戦では上がり32.0を繰り出しており、末脚があるのは間違いない。

それ以降、なかなか活躍できていないのは、道中流れるレースが多く、自慢の末脚が発揮できていないから。

遅咲き血統で、追走に苦労して力を発揮できていないのは仕方のないことでしょう。好感を持てるのは、春のクラシックをあきらめてじっくり育ててきたということ。

遅咲き血統のこの馬にとってはいいローテなんだと思います。

また、このレースは何度も言わせていただきますがドスロー濃厚。

となれば、スローの新馬戦で見せてくれたあの末脚がここで発揮されるのでは?と期待せざるを得ません。

外枠でスムーズに脚を繰り出しやすいですし、ここは期待して特注穴馬に推させていただきました。

最後に、連下には以下の馬を抑えたいと思います。

△サラキア

資質は認めるものの、毎度出遅れる馬に2列目までの印は打てない。連下まで。
△トーセンダンス

素晴らしい末脚をもっていることは確かだか、気になるのは鞍上の今年の成績。ここは連下までの評価にしたいと思います。

 

予想印は以上になります!!!

 

今回の買い目!!!

 

3連複

◎ー〇▲☆ー〇▲☆△ 9点x2

馬連ーワイド

◎ー〇 1点x5 1点x15

馬連

◎〇ー▲☆ 4点x3

 

合計50点で勝負します!!

馬券選択の根拠は?

今回は、予想に忠実に無駄なく馬券を選択したつもりです。◎、〇が予想に反してこなかったときの抑え馬券はありません。

それを買うくらいなら、次の別のレースの資金に回したいと思っています。オールフォーラブやセンテリュオなどを切ってますから、ある程度外れは覚悟の上で、無駄な馬券をへらし、刺さった時の回収率を上げたいと思います。

以上、あなたの参考にしていただけたら嬉しいです!!

さんたろー
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!